FC2ブログ

07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

かぎろひNOW

悠久の奈良大和路を一歩ずつ  風景、もの、人…との出会いを楽しみながら

戒壇院千手堂 

8月9日は二月堂功徳日「およく」。この日にお参りすると、4万6千日分の功徳が得られると言われています。
日頃、ご無沙汰しているので、厚かましくこの日だけは…^^;

最近、あまり歩いていないので体力の低下を実感することも多く、JR奈良駅前に自転車を預けて、歩いて二月堂へ向かいました。

所用を終えて近鉄奈良駅から東へ。

200809若草山


ここまできたら千手堂を拝観してからにしよ。と二月堂を後回しにすることに。


東大寺戒壇堂は耐震化工事(3年間の予定)のため現在、拝観できません。

あ、四天王さんは東大寺ミュージアムで拝観できますのでご安心を。

200809東大寺ミュージアム


ありがたいことには、戒壇堂にかわり、通常非公開の千手堂が特別に公開されているのです。

200809千手堂


水門町を抜け、つきあたりの石段を上り(好きな道の一つ)

200809戒壇堂へ


この方に挨拶して

200809戒壇堂


千手堂へ

200809千手堂2


お堂に入ると目の前、華麗なお厨子のなかに、きらびやかな仏様がいらっしゃいました。
ご本尊の木造千手観音菩薩と、その脇に木造四天王像。

お寺でいただいたしおりから、そのまま説明をお借りします。
ご本尊は木造千手観音菩薩像で、木造四天王像とともに黒漆塗厨子に納められ、中央の須弥壇上に安置されている。檜の寄木造で全身に金泥を塗り、華麗な装飾を施している。その像容から鎌倉時代後期の作と認められる。江戸時代の縁起には、後嵯峨院が圓照上人に宮中の二間ふたま観音を下賜したとあり(『東大寺諸伽藍略録』・『南都東大寺戒壇院縁起』)、千手堂の創建事情や仏像の年代観にほぼ一致する点は注目される。


堂内には、鑑真和上像も。

200809鑑真和上像
↑しおりから


享保18年(1733)、唐招提寺の和上像を模刻したものだそうです。
唐招提寺の和上さんより、ちょっと若い感じがしました。

このとき、拝観者は2人だけ。堂内は開け放たれ、ゆっくり拝観させていただくことができました。

それから、二月堂へ。

200809二月堂へ

200809東大寺


ある程度の縮小は想像していましたが、ひっそり。

200809二月堂

200809二月堂から


例年のくじ引きもなくて残念^^; 「およく餅」もすでに売り切れ~

4年前のおよく⇒


二月堂からの帰り、母仔鹿のむつまじい光景を目にし、しばし暑さを忘れたのでした。

200809母仔鹿


関連記事
スポンサーサイト



Posted on 2020/08/10 Mon. 10:30 [edit]

category: 大和の寺社

TB: 0    CM: 2

10

コメント

ご無沙汰です 


まつよいぐささん おはようございます。コメントありがとうございます。
ほんとうにお久しぶりです。柳生以来?

千手堂は、戒壇堂工事中は公開されていると思います(たぶん)。

暑さとコロナでなかなか遠出できにくい状況が続きますが、こちらへ来られるようなことがありましたら、ぜひ。
どうぞご自愛くださいますように。

URL | かぎろひ #QyAQ.u3g | 2020/08/11 06:32 | edit

お久し振りです(*^^*) 

知りませんでした! 昨日行けばよかったe-330
毎年15日に万灯供養会や中元万燈籠に参拝していたので
直前の行事に目がいきませんでした。
五劫院の五劫思惟阿弥陀仏坐像も拝観したかったです。
来年の楽しみにしたいと思います♪



URL | まつよいぐさ #- | 2020/08/10 19:20 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://kagiroi3.blog.fc2.com/tb.php/2240-05ba3385
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list