FC2ブログ

07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

かぎろひNOW

悠久の奈良大和路を一歩ずつ  風景、もの、人…との出会いを楽しみながら

令和2年7月 京都 醍醐寺へ 

「かぎろひ歴史探訪」がお休みの時期、恒例の番外編。

200730資料

実施日:2020.7.30(木)
企画・案内:Yさん
参加者:9人(主に反省会メンバー)

コース
JR奈良線六地蔵駅⇒(地下鉄東西線)⇒醍醐駅⇒醍醐寺⇒朱雀天皇陵⇒醍醐天皇陵⇒隨心院⇒地下鉄小野駅⇒(東西線)⇒山科駅⇒山科地蔵堂⇒旧東海道⇒天智天皇陵⇒琵琶湖疎水⇒反省会


時々豪雨に見舞われる不安定なお天気で、汗もどっさりかいたのですが、とても素敵なコースでした。
本日7月31日、近畿地方に梅雨明け宣言が出ましたので、長い梅雨の最後の日。これも思い出になりそう。


一度にアップするとなが~くなりそうなので、分割してのご報告にさせてください。

まずは醍醐寺。

コロナ禍の影響でしょうね。暑い時期とはいえ閑散。
広い境内の、したたる緑の中にたたずむ堂塔と静かに向き合うひとときになりました。

200730五重塔
↑五重塔(国宝)は京都府下最古の木造建築とか。
醍醐天皇の菩提を弔うために朱雀天皇が起工、村上天皇の天暦5年(951)に完成(お寺のしおりより)


日月門の向こうはひたすら静かな緑の世界

200730日月門

200730醍醐寺境内


200730弁天堂をのぞむ

200730池


もうひとつの世界、水たまり

200730水たまり



祈りのとき(金堂で)

200730金堂



現在の三宝院は、豊臣秀吉さんが「醍醐の花見」を契機に整備されたとか。


華やかな唐門(国宝)

200730唐門


この6月、境内にオープンしたばかりのレストランでランチしました。北欧家具のIKEAプロデュースだそうですよ。⇒

200730レストラン


仏像館もよかった。

そうそう、醍醐寺は奈良とも密接な関係がありますね。
まず、醍醐寺さんのHPを見てみましょう。
平安時代の初期、聖宝理源大師は、自刻の准胝・如意輪両観世音菩薩を開眼供養し、醍醐寺開創の第一歩を上醍醐に標し、以来、醍醐天皇、穏子皇后の帰依のもと、上醍醐に薬師堂を建立、薬師三尊を奉安、鎮護国家のために五大堂を建て、五大明王を奉られました。(歴史/縁起の項より抜粋)


開創と伝えられる聖宝理源大師については
醍醐寺の開山・聖宝は、天長9年(832)讃岐の塩飽諸島の本島(現在の香川県丸亀市本島正覚院)に御誕生、承和14年(847)16歳の時、真雅僧正の室に入り得度・出家されました。以来、東大寺の東僧坊南第2室に住し、元興寺の願暁阿闍梨・円宗阿闍梨に師事し、三論を学び、東大寺平仁阿闍梨のもとで法相を修学されました。さらに東大寺玄永阿闍梨に華厳を、真蔵阿闍梨のもと律を学ばれました。この間、金峯山をはじめ霊山に抖櫢し峰中修行を実修し大きな祈りの世界を感得されました。

またまた聖宝は、醍醐寺を開創されて間もなく、東大寺に真言院を建立されました。そして、「真言密教の教法」と「無量壽法」を東大寺へ伝えられました。(「祖師 聖宝・理源大師」の項より抜粋)

身近では「もちいどのセンター街」⇒


それから、あの偉大な叡尊さん

この日参加されたHさんが、西山先生の講演を聞いてきたところだとおっしゃって、教えてくれたところによると、
西大寺を復興された叡尊さんは、大和郡山白土生まれなのですが、7歳の時にお母さんが亡くなり、醍醐寺近くで育てられたとのことです。そして、17歳の時、醍醐寺で出家、西大寺へ入ったのは35歳。

醍醐寺さんに、急速に親近感をもつことになったのでした。


不動堂の裏でお会いした役行者さん

200730石仏
↑上醍醐へも行きなはれ

そばで

200730石仏2
↑山歩きだから、1人ではだめよ

200730上醍醐へ

はーい、Fさんを誘っておまいりしますね。
春か秋にしたいなあ。

巨木のシダレ桜、見たいし、紅葉もさぞすばらしいのでしょうね。

醍醐寺⇒

関連記事
スポンサーサイト



Posted on 2020/07/31 Fri. 14:15 [edit]

category: かぎろひ歴史探訪

TB: 0    CM: 0

31

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://kagiroi3.blog.fc2.com/tb.php/2230-1a92f1dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list