FC2ブログ

07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

かぎろひNOW

悠久の奈良大和路を一歩ずつ  風景、もの、人…との出会いを楽しみながら

北海道からのおたより 

これまで何度か「かぎろひ歴史探訪」にご参加くださっている北海道のHさんからお便りが届いた。

超! お久しぶりでございます。
私ときたら、去年の暮れにメールで、続きは手紙で…なんて調子いいことを書いて、その後ナシのつぶて…お恥ずかしい限りです。
さて、当地札幌は、首都圏の次に新型コロナウィルス感染率上位のあぶない都市となってしまいましたが、私をふくめ無感染と思われる人たちはのんびり暮らしておりました。
もちろん、スポーツクラブも趣味の集まりもすべて休止…
春の奈良旅も水戸の梅祭りもすべてキャンセル。


丁寧な自筆のお手紙と一緒に贈り物も。

200705北海道から


1.北海道新聞の「道新こども新聞」とくにアイヌの❝ネウサラ❞ なっちゃんと一緒に読んでいただけたらと思い同封しました。
2.我家の庭のラベンダーの押し花
3.道民の酒のつまみといえば❝鮭とば❞ほんの少々雀の涙ほど
4.六花亭のウイスキーボンボン(直行さんのデザイン)
なので、ついでに坂本直行と神田日勝のご紹介記事をおまけに。



いずれも、憧れの北海道の香りが色濃く感じられてテンション上がったのだったよ。
「道新こども新聞」は、私自身も興味深く読んだ。今度はなっちゃんと一緒に読もうっと。

200705北海道から2



六花亭のお菓子はお土産によくいただくし、包装紙もおなじみ。

200705六花亭

画家、坂本直行(1906-1982⇒★wik)を、北海道の方は親しみをこめて「ちょっこうさん」と呼ぶのね。Hさんのお手紙で知った。
入れてくださっていた特集「北海道」の冊子をむさぼり読んだ。

200705坂本直行

旅情がつのる。山歩きしたい。


Hさんのお手紙は秋の歴史探訪でお会いしたい、と結ばれていた。

メールでお礼を言うのは失礼な気がして、ワタクシも自筆でお返事を書いた。まだ投函していないけれど。

Hさん、ありがとうございました。
関連記事
スポンサーサイト



Posted on 2020/07/06 Mon. 10:57 [edit]

category: こんな品

TB: 0    CM: 0

06

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://kagiroi3.blog.fc2.com/tb.php/2211-4d3c0729
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list