FC2ブログ

06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

かぎろひNOW

悠久の奈良大和路を一歩ずつ  風景、もの、人…との出会いを楽しみながら

アウル古楽アンサンブル演奏会2019 

昨日(12月5日)、「かぎろひ歴史探訪」第13期は終了しました。皆様、ありがとうございました。
追って、ご報告する予定ですが、しばらくお待ちくださいね。
FBページには一部写真をアップしていますので、よろしければそちらを。⇒


明日(7日)は郷里へ。そして、10日締切の頼まれ仕事が半分もできておらず、アセアセ^^;

と、大事なご案内を忘れていたことに気づきました。
毎年12月恒例、アウル古楽アンサンブル演奏会が今年も開かれます。

191214パンフ

12月14日(土)午後1時30分開場 2時開演
奈良ホテル 聖ラファエル教会
チケット 3,000円


このブログに何度も登場していると思うのですが、ピアニスト池口由紀子さん。「アウル古楽アンサンブル」は彼女のご主人を中心としたメンバーで構成されています。由紀子さんはパイプオルガンをはじめ、リコーダー、打楽器とさまざまにご活躍です。

ワタクシは池口さんファンであるとと同時に、バロック音楽も好きなので、毎年のように聴きに行っています。もちろん、今年もその予定です。「かぎろひ歴史探訪」が終わってホッとしている時期というのもタイムリー♪

遅くなりましたが、たぶん残席ありと思いご案内します。

今回は、これまでとちょっと趣向がかわり、ケルトの音楽だそうです。

ひと口でケルトと言われると、ピンとこないかもしれませんが、アイルランド、スコットランド、ウェールズ、ブルターニュ、ガリシアの地域。

191214ケルト
↑ネットから拝借


中学や高校の音楽の授業で、アイルランド民謡やスコットランド民謡は親しんできましたよね。
アニーローリー、ダニーボーイ(ロンドンデリーの歌)をはじめ、卒業式の定番「蛍の光」がスコットランド民謡だと知ったときはビックリしました。今は歌わないのかな? でも、閉店メロディーとして脳にインプットされてしまっています(笑)。

メロディに日本的抒情があふれ、何だか胸にしみます。
ずいぶん前に日本に入ってきたのでしょうね。「庭の千草」なんて、ワタクシが幼稚園のとき、一緒に寝ていた祖母に教えてもらったんですもの^^;


「アウル古楽アンサンブル」はおそらく、こういった音楽も演奏されるのでしょうね。

今回のために、バグパイプも入手されたとか。

とても楽しみです。

舞台が教会というのも魅力のひとつ。

1712奈良ホテル教会

お問い合わせ、お申し込みは池口さん0742-24-5781

ワタクシのほうにご連絡いただいてもOKです。
ブログ右のメールフォームからどうぞ。メールアドレスをご存じの方は直接でも(^_-)-☆


関連記事
スポンサーサイト



Posted on 2019/12/07 Sat. 07:06 [edit]

category: 催し物案内

TB: 0    CM: 0

07

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://kagiroi3.blog.fc2.com/tb.php/2102-c44057d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list