fc2ブログ

04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

かぎろひNOW

悠久の奈良大和路を一歩ずつ  風景、もの、人…との出会いを楽しみながら

秋の朝顔 

朝に夕に、秋めいて。

にぎやかだった蝉の声も、いつのまにかどこかさみしいツクツクボウシ。夜には虫の声も。

そうして、わが家の朝顔も、急ぎ足のように毎朝、3つ4つと花を開いている。

これは8月29日。

190829朝顔


今日9月1日は

190901朝顔

↑曇り空でも、けなげに大輪を開かせた。昨日の雨滴が! これぞ水玉模様やね。


 朝ごとに花は小さく
 朝ごとにいっそう高い空に咲く
 秋の朝顔


三好達治(だよね)の詩がふと口をついて出る
が…

先が続かない。

ああ その花の海の色

だったかなあ。

久しぶりに詩集を取り出してみる。

190901三好達治詩集

↑ン十年前、学生の頃に、父の書棚から黙って持ちだしたもの。
咎められることもなく、返すこともなく自分の物のようになってしまった。
今、確認すると、昭和42年12月の初版本である。全30巻は今も実家にあるだろうが、1冊欠けているのはワタクシのせい^^;


しかーし、あれれ、この詩集には、秋の朝顔の詩は収録されていないやん^^;
ネット検索しても出てこない。

ああ、続きが気になる。
関連記事
スポンサーサイト



Posted on 2019/09/01 Sun. 12:41 [edit]

category: 日記

TB: 0    CM: 0

01

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://kagiroi3.blog.fc2.com/tb.php/2044-3fc1871a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list