FC2ブログ

08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

かぎろひNOW

悠久の奈良大和路を一歩ずつ  風景、もの、人…との出会いを楽しみながら

立山へ③ 雷鳥沢から室堂 

立山へ①⇒
立山へ②⇒

つづき

雷鳥沢キャンプ場の朝、陽光はまず浄土山を照らした。

190811朝日


朝食をとり

190811朝食


さあ、室堂ターミナルをめざして出発。
今日も晴天だ。

190811晴天


↓周辺地図。クリックで拡大

190811室堂平周辺地図


雷鳥沢キャンプ場から室堂までは、急な階段続き。ほぼ登り。

190811雷鳥沢から室堂


190811雷鳥沢から室堂2


190811雷鳥沢から室堂3


190811雷鳥沢から室堂5


190811雷鳥沢から室堂6


階段は苦手なんだけれど、雄大な風景を見ながらだと平気(笑)。
キャンプ場を振り返る。

190811キャンプ場を見下ろす


変化に富んだコースだった。立山連峰とは違う一面を見た感じ。
西側は活火山なのだ。

今もガスが吹き、計測ポイントも何か所かあった。

190811ガス

190811ガス計測ポイント


火山活動が活発になっているため、数年前から地獄谷遊歩道へは立入禁止。過去には事故もあったようだ。

190811地獄谷


火山性ガスの影響で植物が枯れている所は痛々しい風景だが

190811硫化水素の影響


観光ポイントになっている、りんどう池、血の池、みくりが池なども、立山火山の爆裂によってできた火口に水が溜まったものだというから、いやはや複雑。

特に、立山連峰を映す、みくりが池は圧巻だ。

190811みくりが池


どう撮っても絵になる。

190811みくりが池2


地獄谷の源泉を利用した温泉

190811みくりが池温泉
↑日帰り入浴OK。アイスクリームがおいしかった。

190811アイスクリーム


そうそう、海も見えたのよ。

190811海2


室堂ターミナルに戻り解散。
関東組と関西組はあっさり別れ、それぞれ帰途に。
バスの中から雲海がー。

190811雲海


つづく
関連記事
スポンサーサイト



Posted on 2019/08/15 Thu. 15:50 [edit]

category:

TB: 0    CM: 2

15

コメント

晴天 


PANDORAさん

おはようございます。コメントありがとうございます。
ハレオンナ、どうや(笑)、と言いたいところですが、3度目の正直ですからねぇ。
雨だったら、私ではあの道は歩けなかったと思います。景色も見られないとなると凹みますし。
ああ、また行きたくなってきました。やっぱり雄山からの稜線歩きしてみたいです。次を楽しみに、仕事もがんばらなくてはというこの頃です(笑)

URL | かぎろひ #QyAQ.u3g | 2019/08/16 07:07 | edit

 

お早うございます!

 二日間とも晴天というのは完全に「雨女」返上ですね。これからは「晴れ
女」と呼びましょうか?我々は初日に雄山が微かに見えた程度でした。

 初日は「浄土山」経由で「一の越山荘」へ行く予定でした。
 登山口に出ると雨が降り出して地元のガイドに聞くと今日は直接「一の
越山荘」へ登った方が安全ですと言われ「浄土山」は断念しました。

 我々も 「みくりが池温泉」に入浴して、登山の汗を流しました。日本で
一番高い処にある天然温泉と言う触れ込みでした。

 

URL | PANDORA #- | 2019/08/16 06:47 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://kagiroi3.blog.fc2.com/tb.php/2034-387d55cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list