FC2ブログ

02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 04

かぎろひNOW

悠久の奈良大和路を一歩ずつ  風景、もの、人…との出会いを楽しみながら

「お水取り展鑑賞とお松明」2019 

奈良国立博物館特別支援会員「結の会」(片桐弘枝会長)が毎年、主催している「お水取り展鑑賞とお松明」(第13回)の概要が整いましたのでご案内いたします。

●と き:平成31年3月1日(金)午後1時30分開会(受付=午後0時45分~)
      ※奈良国立博物館新館正面入り口前にご集合ください。
      ※午後7時30分に二月堂前にて現地解散いたします。

●ところ:①奈良国立博物館講堂・特別陳列会場・なら仏像館
     ②東大寺本坊大広間
     ③東大寺二月堂

●内 容:①「神と仏」 講演:岡本彰夫氏(奈良県立大学客員教授)  
               映像上映:保山耕一氏(映像作家)
     ②特別陳列「お水取り展」及び「なら仏像館」鑑賞
     ③上野道善東大寺長老の講話とお食事
     ④お水取り行事(お松明)観賞

●会 費:6,000円(当日、受付でお支払いください)
     
※前年のお松明で使用した竹で製作した箸をお持ち帰りください。お楽しみ抽選会も予定。
キャンセルされる場合は2月28日までにご連絡下さい。それ以降のキャンセルは3,000円を申し受けます。

●定 員:100人(先着順)
●主 催:奈良国立博物館特別支援会員「結の会」
●後 援:奈良国立博物館
●締 切:平成31年2月15日(金)



昨年、とても好評だったので、今年も映像作家の保山耕一氏にご登場いただきます。
さらに、岡本彰夫先生のご講演「神と仏」。
開会時間が昨年より30分早くなっていますので、ご注意ください。

岡本先生と保山氏

お2人のプロフィール
岡本彰夫
1954年奈良県生まれ。神主。
1977年國學院大學卒業後、春日大社に奉職。2001年より2015年まで春日大社権宮司。同年退任。
ことに祭儀の旧儀復興に尽力した。式年造替においては、明治維新に失われた儀式を平成7年の第59次式年造替でほぼ完全な形に復興させた。
現在、奈良県立大学客員教授。誇り塾塾頭。
著書に『道歌入門 悲しいときに口ずさめ 嬉しいときに胸に聞け』(幻冬舎)など多数。

保山耕一
1963年生まれ。奈良在住。
フリーランスカメラマン、映像作家。
2017年、ムジークフェストならにて「千住真理子&保山耕一、音楽と映像で巡る奈良の四季」を開催。2018年、なら国際映画祭にて「映像詩、春日大社」を奉納上映。
2018年11月、資料収集などで社会に貢献した人を表彰する、第7回水木十五堂賞の受賞が発表された。



まもなく、奈良国立博物館のHP(⇒)にもアップされ、受付窓口も設けられます。
ワタクシ(「結の会」事務局担当)のほうでも、受け付けたいと思います。右のメールフォームからお申し込みくださいませ。
ご住所、お名前、お電話番号(できましたら携帯も)をお知らせいただきますと、追って「参加証」はがきを郵送させていただきます。
どうぞよろしくお願いいたします。

昨年の「お水取り展鑑賞とお松明」⇒
関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2019/01/07 Mon. 20:27 [edit]

category: 奈良国立博物館

TB: 0    CM: 0

07

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://kagiroi3.blog.fc2.com/tb.php/1916-57ce5fb6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list