fc2ブログ

02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 04

かぎろひNOW

悠久の奈良大和路を一歩ずつ  風景、もの、人…との出会いを楽しみながら

宝珠山ハイキング 

1月3日、青春18きっぷを利用して、坂越(兵庫県赤穂市)へ。
坂越へは過去3回訪問。ひなびた駅、ゆったり流れる千種川を渡ると、端正なまちなみとなり、海へと導かれる。ぷっくりおいしい牡蠣の味わいも忘れがたい…。

今回は念願の山歩きをしよう! 応じてくれそうなFukさんに声をかけて楽しみにでかけた。

7年ぶりの坂越。駅舎も周りの風景もそのまま~♪

190103坂越駅


今回はまちに入ってすぐの地蔵堂の所から山に向かう。

美しい瓦屋根の向こうに浮かぶ生島(いきしま)。秦河勝のお墓があると伝えられ、禁足地。原始林は国の特別天然記念物の指定を受けている。

190103生島


中腹にある妙見寺観音堂から見ると

190103生島2


宝珠山の山頂で休憩

190103宝珠山山頂


まあ、ここまでの道のりは大したことはなかったのだけれど、そこからいくつかの山の尾根を縦走することになり、これが思いがけずハードだった。
山と言っても標高200m足らずなので、軽い散策になるものと思い込み、下調べもせず、なめきっていた、と反省。

しばらくは平坦な道。山茶花が人知れず花開く、ささやきの小径みたい♪

190103平坦道


ところが! そこからは、急勾配のアップダウンが続く、続く、続く。まだあるの!? という感じで。

登り

190103登り

↑全部じゃないですよ。5~6回あったんじゃないかな。


下り

190103下り2


しかーし、登りつめるたびに現れる、ご褒美のような絶景。わー、おお、うわ、すごー、出てくるのは感嘆詞ばかり(笑)

190103眺め

190103眺め2

190103眺め3

190103眺め4


風景に見とれていると足を滑らせそうでこわいのだが

190103下り


最後は落葉が積もりすぎて、道の状況がわからない…

190103落葉


荒れた感じの竹藪となり、道がなくなって、一瞬、迷ったかと思ったのだが

190103終盤


無事に下山。脱出成功~

190103小島登山口

↑遊歩道って書いてあるけど、そんななまやさしいものではなかったぞ(笑)
行かれる方は、じゅうぶんに覚悟をして挑戦してくださいね。

行きは気づかなかったけれど、駅の中に貼ってある地図を発見

190103健脚コース

↑健脚コース、って書いてあったよ(笑)。
山歩きに慣れていない方は引き返す勇気も必要です。って(クリックで拡大)


下から見る山なみ

190103宝珠山2

↑なるほど、アップダウン(笑)

11時頃から歩き始めたのに、下山したら13時半だった^^;
それから1時間半待って、やっとありついた焼き牡蠣とビール。歩いた甲斐があった、待ってよかった、おいしさ!

190103焼き牡蠣

坂越の夕景にも出あえた~

190103坂越夕景1

190103坂越夕景


帰路、どこかで接触事故があったとかで、姫路駅で約1時間30分ほどの足止め。
なら、姫路で飲もう、ということになり下車。
正月3日とのことでお休みも多く、お店を訪ねれば「予約様だけです」と断られたあげく、たまたまOKだった居酒屋には地酒が多くてラッキー。かなり飲んだぞ。

190103地酒

奈良駅に着いたのは深夜0時30分だった。


以前の坂越訪問⇒ 
関連記事
スポンサーサイト



Posted on 2019/01/05 Sat. 20:03 [edit]

category:

TB: 0    CM: 0

05

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://kagiroi3.blog.fc2.com/tb.php/1915-204c99a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list