FC2ブログ

06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

かぎろひNOW

悠久の奈良大和路を一歩ずつ  風景、もの、人…との出会いを楽しみながら

ご縁に感謝 

平成最後の大晦日に、『かぎろひの大和路』の創刊号って、いつだったのだろうとふと思う。
確認してみると、昭和57年(1987)5月! 

10年間のブランクはあったけれど、そのまま継続してお読みくださる方も多く、そのうちの何人かとは読者であることを忘れるほどの交流を続けている。バロックおじさん、円亀山人さん、yoshyさん、Mさん、Kさん、たきさん…とは実際にお会いしたことも。
そのほとんどは、お手元に直送している、県外の方。書店で購入してくださっている地元の方のほうがたぶん多いのに、直接お礼を言うことができなくて申しわけありません。ほんとうにありがとうございます。

「かぎろひ歴史探訪」を始めてから、そういう方にご参加いただけるようになり、思いがけない出会いが続いています。
ブログを見てくださっている方も、ちょくちょく参加してくれたり。
いやぁ、ブログって、コメントをいただかない限りは、読者って全くわからないんですよね。それが実際に、「ブログファンです」とおっしゃって参加してくださる方がいると、うれしさでドキドキしてしまいます。

えっ、見てくれてる!? と驚くこともあって、アホなこと書いたりしているのでお恥ずかしい限り。
更新もマメにしなくちゃと思っている次第です。

年末にいただいたおたよりを一部、ご紹介します(承諾をいただかずすいません)

181231ハガキ

「かぎろひ歴史探訪」たった一度しか参加がかなわなかったのですが、その1回が私にはたいへんおもしろかったのです。病気のほうも完治し、体調も快調です。来年は可能な限り歴史探訪に参加したいと意欲満々です。(京都市 Tさん)


秋からの歴史探訪を楽しみに夏の終わりにスクワット、ラジオ体操、毎日40分以上のウォークにと、急に足を鍛えたら、悪いほうの足が悲鳴をあげダウンとなりました。今年1回も歴史探訪に行けないなんて残念無念。なさけなくて涙が出てまいります。
 ようやく足も治り、来年こそはと毎日ウォーキングです。今度は無理をしないよう頑張ります。
(北葛城郡 Tさん)


来年の歴史探訪のコースを、夫と顔を寄せ合い、どれどれと興味深く拝見しました。私としては、暗峠を越えて奈良入りしてみたかったので「榁木峠コース」がいいなあ(たとえ“越え”でなくても)と思っているのですが…何とか万障繰り合わせてどれかひとつでも参加できたらと思っています。ついでといっては何ですが「奈良八重桜」も見られると良いのですが。(札幌市 Hさん)


「かぎろひ歴史探訪」行った事のないコースばかりなので、毎回感動しています。…次は、春までお会い出来ないと…残念です。物理的距離は、遠いですが、精神的距離は近いです。いつも気持ちだけ走って いて、身体は後からついてくる感じです。(福岡市 Mさん)


「かぎろひの大和路」35号では、「廃寺跡を歩く」特集とか。
すばらしい視点ですね。「明日香の旅は幻を視る旅」と述べた女流作家、
そして岡部伊都子さんの「観光バスの行かない・・・埋もれた寺」など、
若い私を奈良・京都の古寺廃寺へと目を開かせてくれた本のことを思い
出してしまいます。
(香川県 оさん)


ご縁をいただいている皆様、ほんとうにありがとうございます。
来年もどうぞよろしくお願い申しあげます。


関連記事
スポンサーサイト



Posted on 2018/12/31 Mon. 20:07 [edit]

category: かぎろひの大和路

TB: 0    CM: 0

31

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://kagiroi3.blog.fc2.com/tb.php/1912-7e32c2e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list