fc2ブログ

02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 04

かぎろひNOW

悠久の奈良大和路を一歩ずつ  風景、もの、人…との出会いを楽しみながら

25日、古市古墳群を探訪します 

10月25日(木)は、「かぎろひ歴史探訪」第11期の3回目。古市古墳群を訪ねます。
10月16日、下見歩きをしてまいりました。
あっ、はじめに、集合場所を近鉄南大阪線古市駅の西口としておりましたが、東口に変更させていただきます。
改札前にスタッフが待機して、旗を持ってご案内しております。

とにかく、巨大な古墳に圧倒されました。
地図を見ても一目瞭然。




6月に明神山(奈良県王寺町)に登ったとき、古市古墳群が見えたのを思い出して、写真を引っ張り出してみました。

1810明神山から

↑緑の島々が前方後円墳ですね。


地図で確認してみると

1810地図



なんといっても、いちばん大きいのが応神天皇陵

181016応神天皇陵

墳丘の長さ425m、後円部直径250m、前方部幅300m、高さ36m.。仁徳天皇陵に次いで、全国2番目の規模だとか(古墳の盛土や体積では全国一)。
まるで、お山でした。

その北方にある、応神天皇の皇后、仲姫命(なかつひめのみこと)陵も立派!

181016仲姫命陵


白鳥陵の向こうに見える二上山

181016白鳥陵


古市古墳群では5番目の大きさだという墓山古墳

181016墓


説明板をご覧ください(クリックで拡大します)。

181016墓山古墳説明

周辺に四角い陪塚(ばいちょう)が4基ほどあるらしい。

そのひとつ、向墓山古墳

181016向墓山古墳

↑センセとYさん。このあたりに詳しいYさんが同行してくださいました。Yさん、ありがとうございます。

181016向墓山古墳説明

181016向墓山古墳と墓山古墳説明


↓墓山古墳内の石碑。宮内庁は墓山古墳を応神天皇の培塚としているもよう。

181016応神天皇培塚


大きな古墳を巡って、ワーとかスゴイ! とか驚いていても、ん、何だか物足りない。よね。
墳丘に登ることができる古墳にも立ち寄らなくては!

大鳥塚古墳

181016大鳥塚墳丘

181016大鳥塚古墳


古室山古墳頂からの見晴らしがなかなか。

金剛、葛城、二上の山なみ

181016山なみ


ん、二上山が

181016二上山


西名阪

181016西名阪

181016古室山古墳説明


展示品も見せていただきます。

181016羽曳野市文化財展示室


道明寺天満宮の宝物館にも。国宝が6点とか。

181016道明寺天満宮2


それから、ビックリしたのが、かつての五重塔跡の心礎の大きさ!

181016心礎

以上、コース順の案内にはなっていませんが、ざっと紹介してみました。

※かぎろひ歴史探訪第11期③ 古市古墳群
2018年10月25日(木)10時、近鉄南大阪線古市駅東口を出発します。
事前申し込みなしでのご参加OK。お弁当などをご持参ください。
参加費1500円(資料、保険代込み)
かぎろひ歴史探訪⇒

※最初に配布している「交通アクセス」には書かず失礼しましたが、奈良方面から古市へは近鉄道明寺線を使うと便利です。
JR奈良⇒王寺⇒(各駅停車で)⇒三郷⇒河内堅上⇒高井田⇒柏原(近鉄道明寺線に乗り換え)⇒柏原南口⇒道明寺(近鉄南大阪線乗り換え)⇒古市

王寺駅9:18⇒柏原乗り換え9:32⇒道明寺乗り換え9:42⇒9:44古市着
乗り換えが多いのですが、ホームはそのまま。

ICカードを使う場合は柏原駅で要タッチ。
関連記事
スポンサーサイト



Posted on 2018/10/19 Fri. 10:31 [edit]

category: かぎろひ歴史探訪

TB: 0    CM: 2

19

コメント

違う視点 


大和の和尚さん

おはようございます。コメントありがとうございます。
大和の和尚さんならではの視点、興味深く拝読しました。
昔の大阪鉄道にはそんな駅があったのですね。昭和20年ぐらいまでの話だと、よくご存じの方もまだまだいらっしゃりそうですね。
機会がありましたら、聞いてみたいと思います。

URL | かぎろひ #QyAQ.u3g | 2018/10/20 07:15 | edit

大阪鉄道(大鉄)沿線 

大和の和尚です。

今回のコースを見て思うこと。

今の近鉄南大阪線の古市から藤井寺間で昔の大鉄時代(手元にある大鉄沿線案内図を見ると)、古市-道明寺間に「誉田駅」、土師ノ里-藤井寺間に「御陵前駅」がある。昭和20年まで使われその後廃駅になったようだが、当時であれば誉田八幡宮や応神天皇陵への最寄り駅であって、賑わっていたのであろうか。

現地で長老に会ったら聞いてみるもの良いかも・・・。

URL | 大和の和尚 #1B17l5wo | 2018/10/19 21:51 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://kagiroi3.blog.fc2.com/tb.php/1869-21d88ec5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list