FC2ブログ

07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

かぎろひNOW

悠久の奈良大和路を一歩ずつ  風景、もの、人…との出会いを楽しみながら

壷坂道・畑屋越え 

9月23日、大淀町主催(高取町協賛)のフリーハイキング(8km)に参加しました。
題して「国学者 本居宣長の足跡をたどって~幻の古道❝壷坂道・畑屋越え❞~」

最初、このイベントを「県民だより奈良」で見つけて興味をそそられまして。
それから、高取町在住の大和の和尚さんからも案内をいただき、コースの設定や道の整備に関わられたことをお聞きしました。

友人たちにも声をかけようと思っていたのですが…
立山へ行くことになり、帰るのが前夜(22日)。絶対に参加できるという自信がありません。自分が行かないかもしれないのに誘うわけにはいきませんよね。
もうひとつ、この日23日の夕方から、家族がワタクシの誕生日会を開いてくれることになりまして。そうなると、ハイキングの後、打ち上げ反省会でけへんやん(笑)。

などなどありまして、結局、立山行きは雨で流れ、1人で参加することになったのでした。

コース
壺阪山駅⇒土佐街道⇒壷阪寺⇒壷坂道・畑屋越え⇒畑屋老人憩いの家⇒天水分神社⇒道の駅吉野路大淀iセンター⇒(バス)⇒壺阪山駅


江戸時代の明和9年(1772)3月5日から14日までの10日間、本居宣長は吉野山~飛鳥を旅したことが『菅笠すががさ日記』(⇒ 本居宣長記念館のサイトより)に書かれています。このとき、宣長さんは43歳。
その行程中の、壷坂道・畑屋越えを歩こうという企画なのでした。
宣長さんは6日目にこのあたりを歩いています。⇒


土佐街道のしっとりした風情を楽しみ

180923土佐街道


旧道へ入る手前の「鷹鞭橋(たかむちばし)」からの景色。わー、二上山~

180923二上山



壷阪寺へ

180923壷阪寺へ


せせらぎに沿う、ひんやりとした気持ちのいい道でした。

180923壺阪へ3

180923壺阪へ


壷阪寺に着いてきゅうけーい。またこの景色を見られたことがうれしくて。

180923壺阪から


いよいよ、畑屋越えの道に入ります。
結構勾配のある細い山道でした。

180923畑屋越え

180923古道

台風や長雨の影響もあったと思われます。足元に注意をはらいながらの山歩きでしたが、なんだか、わくわく! 
宣長さんと一緒に歩いているのを夢想しながら(逆行ですけどね)、むふふ。楽しい山歩きでした。


古道が尽きて

180923古道終了

世界は一転、明るい陽ざしの現実に舞い戻ると


彼岸花が迎えてくれました。

180923彼岸花2

180923彼岸花


受付でいただいたルートマップ(クリックで拡大)

180923ルートマップ
180923ルートマップ2


コース中のポイント

お里沢市さんのお墓のある信楽寺(しんぎょうじ)

180923お里沢市の墓


宮本延寿堂の工場。木造のエレベーターがあるとか(非公開)。

180923近代化遺産宮本延寿堂


畑屋老人憩の家では、お茶のサービスやお土産など、厚いおもてなしを受けましたm(__)m

180923畑屋老人憩いの家


天水分神社へ続くなが~い石段

180923天水分神社


ゴールの「道の駅吉野路大淀iセンター」に着いたのは12時半頃だったでしょうか。
踏破証

180923踏破証

お昼を食べ、娘らにお土産を求めて、1時間ほどをゆっくり過ごし、シャトルバスで壷坂山駅へ。

180923よどりバス

↑20分ごとにピストン運転してくださり、それも無料。
至れり尽くせりのイベントでした。

夕方からの誕生日会までに「帰ってこられるのか」と家族はやきもき。
「3時頃には戻れるカナ」とテキトーに答えて家を出たのですが、帰宅して時計を見たら、3時5分!
急いだわけでもなかったので、ちょっとうれしかったなー。やるやん、かぎろひ(笑)

大和の和尚さんからいろいろ情報をゲットしました。
参加者は430人。

山越えの古道については、数年前から踏査、整備を続けてこられたそうです。
近隣の地権者への整備の了解を得たり、国有林については入林許可を得ての草刈り・倒木撤去・路面の改修・土嚢積み・仮設安全ロープの設置などなど。
大淀町の職員さんや、大和の和尚さんたちボランティアの皆さんのおかげで、今回のハイキングが実現したのですね!

大事にしたい道だと思います。
が、今のところはどうやら、許可を得ないで勝手にこの道を通るのはいかんようで。
来年もまた歩きたいなあ。

ほんとうにありがとうございました。

180923空

関連記事
スポンサーサイト



Posted on 2018/09/25 Tue. 13:11 [edit]

category: ハイキング

TB: 0    CM: 2

25

コメント

お世話になりました 


大和の和尚さん

こんばんは。
お疲れさまでした。
おかげさまで、ハイキングを楽しむことができました。
補足説明ありがとうございます。橋の名前を修正しました。

また、来年も歩きたいものです。もうちょっと距離が長くてもいいかなあ。コースを選べたらいいかも。なーんて勝手なことを言っていますが、主催者は大変ですよね。

URL | かぎろひ #QyAQ.u3g | 2018/09/25 22:38 | edit

参加ありがとうございました 

大和の和尚です。

かぎろひさん、遠方よりの参加ありがとうございました。

当日は天候にも恵まれ、多くの方に参加いただきました。
電車が到着する毎に改札口が混雑し、私は駅前の国道を渡る方の
誘導に追われました。ここでかぎろひさんに遭遇しましたね。

少し補足説明しますね。

・旧道へ入る手前の舟戸橋からの景色
写真はたぶんセンターラインのある車道の橋の上からだと思いますが、
この橋は「鷹鞭橋(たかむちばし)」と言います。

・宮本延寿堂の工場の木造のエレベーター
写真の左門柱の奥に避雷針が立っている三角屋根がありますが、
これが木造のエレベーター棟です。近代化遺産です。

・通行許可が必要な道
古道の山頂から大淀側(南側)は国有林になっています。
高取城も同様の国有林の中ですが、高取城はレクリエーションの森に
選定されており、誰でも自由に歩道をハイキングができますが、
今回の古道はこの区域に該当しませんので、現時点では入林許可が
必要となります。

URL | 大和の和尚 #1B17l5wo | 2018/09/25 20:26 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://kagiroi3.blog.fc2.com/tb.php/1858-cbf8b93d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list