FC2ブログ

07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

かぎろひNOW

悠久の奈良大和路を一歩ずつ  風景、もの、人…との出会いを楽しみながら

北のまほろば 

本州最北端の地、青森県は憧れながら未踏の地。
司馬遼太郎は「北のまほろば」だと言いましたね。

51opNIUHSqL.jpg

個人的には、三内丸山古墳、遮光器土器の亀ヶ岡遺跡、垂柳遺跡などが魅力。
岩木山(津軽富士)にも登ってみたいなあと思いながらも、まだまだ遠くにありて思う「北のまほろば」。


先日、青森県に住まわれている弘前りんごさんが奈良へ出張され、ちょっとお近づきになりました!
その名も「弘前りんごの北のまほろば」というブログの管理人でもあります。⇒


弘前りんごさんとは初対面だったのですが、共通のお友達に、我太呂さんがいたというわけで。
弘前りんごさんと我太呂さんは古くからのお友達。ワタクシと我太呂さんはまだ数年のおつきあい(⇒)なのですが、今や、「かぎろひ歴史探訪」の常連さんで、飲み友的な存在^^;
人の縁とは不思議なもので♪ 

この日、弘前りんごさんと我太呂さんとは久しぶりの再会のようだし、ワタクシがお邪魔していいのかなあと思いつつも、のこのこ出かけて行った次第。初対面ということで、ちょっと緊張していたのですが、あらら、違和感なく、いつしか昔からの仲間だったような気になったのでした。

お2人はかつて万葉故地を回られ、奈良好きということも関係しているでしょうね。
弘前りんごさんは、奈良へ着くなり、入江泰吉奈良写真美術館、新薬師寺、白毫寺まで歩かれたとか。
翌日からも、学会の合間を縫って、興福寺や奈良国立博物館などへも。

奈良入りされた日にお会いしました。
約束の場所は「じゅん平」。これは、我太呂さんのリクエスト。
大和肉鶏を中心にあれこれいただき

180801肉鶏

お酒も、何種類か飲んだはずなのに、写真はこれだけ

180801儀助


この後、「のより」さんで「風の森」をいただいて、お開きとなりました。

180801風の森

弘前りんごさんは、奈良の全蔵元のお酒がそろう「うまっしゅ」へも行かれたとか。
すっかり奈良のお酒を気に入ってくださったようで、うれしい限りです。


弘前のお土産をいただきました。

180801らぷる

箱にはおせんべいって書いてあったような気がして思い込んでいたのですが、開けてみると、ふんわりした生地にりんごの小さな片がいくつも入っていて、りんごの風味がいっぱい。自然な甘みと香りがやさしくて、いっぺんに気に入りました。「しかない」という会社の名前も、なんだか親近感。こちらは「しかあり」だけど(笑)

楽しいひとときでした。
弘前りんごさん、我太呂さん、ありがとうございました。
関連記事
スポンサーサイト



Posted on 2018/08/11 Sat. 10:39 [edit]

category: かぎろひ歴史探訪

TB: 0    CM: 0

11

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://kagiroi3.blog.fc2.com/tb.php/1835-6be307fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list