FC2ブログ

07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

かぎろひNOW

悠久の奈良大和路を一歩ずつ  風景、もの、人…との出会いを楽しみながら

西方院の快慶仏 

長雨がようやく終止符をうちかけた3月22日に、「かぎろひ歴史探訪」第10期がスタートしました。
冬に逆戻りしたかのような肌寒さで、参加者は少ないかなあと思っていたのですが、38人の方が元気なお顔を見せてくださいました。

近鉄橿原線尼ヶ辻駅を10時に出発、垂仁天皇陵へ

180322垂仁陵

↑ワタクシはひと足お先に、次の目的地、西方院さんへ向かう途中から

180322垂仁陵2


唐招提寺の奥の院、西方院さんで快慶作阿弥陀如来立像を拝観させていただくのをとても楽しみにしていました。

180322西方院2

像高約1m、桧材寄木造、玉眼、来迎印を結んでいらっしゃます。左足に「巧匠法眼快慶」の墨書銘があり、快慶の晩年の作とみられています。


順番に拝観させていただきました。
その間、石田太一師(唐招提寺副執事長)が興味深いお話をしてくださって。よく通る優しいお声、わかりやすい語り口に聞きほれました。

180322太一師

ご本尊阿弥陀如来さん、明治の廃仏毀釈で盗難にあったり、その後昭和初期には、東京国立博物館に委託されていたそうで、何度も「旅に出ている」とおっしゃっていました。災難に遭いながら無事に戻られる! 旅好きには特にご利益あり?


境内に、唐招提寺中興二世證玄師の五輪塔。約2メートル!

180322五輪塔


あの隆光さんは江戸時代、西方院で得度しているということも教えていただきました。

清楚、静謐の気にあふれた西方院さん、控えめな風情の椿の花も素敵でした。

180322椿


1803西方院土塀


太一師にも入っていただき記念撮影

180322記念写真

ほんとうにありがとうございました。

その後、唐招提寺拝観

180322唐招提寺

180322唐招提寺2


秋篠川沿いを歩き

180322秋篠川


大池へ

180322大池


最終ポイントの三松禅寺さんでもお世話になりました。

180322三松寺


本堂や道場にも入らせていただき、ありがとうございました。

180322三松寺2

※参加者の方のブログもご参照ください。
鉄道の旅、音楽の旅⇒


※次回の「かぎろひ歴史探訪」は4月5日(木)午前9時30分集合
バスの都合で、集合時間が早くなっていますのでご注意ください。
近鉄御所駅9時47分発新宮駅行きバスに乗車、「風の森」バス停で下車。

詳しいコースは、来週下見に行きますので、ご報告します。
関連記事
スポンサーサイト



Posted on 2018/03/24 Sat. 06:53 [edit]

category: かぎろひ歴史探訪

TB: 0    CM: 0

24

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://kagiroi3.blog.fc2.com/tb.php/1765-5c9f2820
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list