FC2ブログ

06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

かぎろひNOW

悠久の奈良大和路を一歩ずつ  風景、もの、人…との出会いを楽しみながら

お水取り展鑑賞とお松明 2018 

奈良国立博物館特別支援会員「結の会」が主催する恒例の「お水取り展鑑賞とお松明」の概要が整いましたので、ご案内します。
博物館のHPにも近々アップされ、申込窓口も設けられますが、ひと足お先に。

●とき:
 平成30年3月6日(火)午後2時開会(受付は午後1時15分から)
 *奈良国立博物館新館正面入口前にご集合ください。
 *午後7時30分に現地解散となります。

●ところ:
 1.奈良国立博物館
 2.東大寺本坊大広間
 3.東大寺二月堂
 

●内容:
 1.映像作家=保山耕一氏の講演と作品上映「映像詩・東大寺」
「テレビカメラマンから見たお水取り」(奈良国立博物館講堂)
 2.特別陳列「お水取り」(奈良国立博物館新館)及び「なら仏像館」鑑賞
 3.上野道善東大寺長老の講話(東大寺本坊大広間)
 4.お食事(東大寺本坊大広間)
 5.お松明観賞(東大寺二月堂)

●会費:6,000円(食事、松明箸、御香水、入場料等の費用)
*前年のお松明に使用した竹で作った箸、御香水をお持ち帰りください。お楽しみ抽選会も予定。
*会費は当日頂戴いたします。
 
●定員:100人(先着)
●主催:奈良国立博物館特別支援会員「結の会」
●後援:奈良国立博物館

 キャンセルされる場合は、3月2日までにご連絡ください。
 それ以降のキャンセルは3,000円を申し受けます。

↓昨年の様子

170303お水取りイベント





「お水取り展鑑賞とお松明」イベントは今年12回目になります。
博物館⇒東大寺本坊⇒二月堂、という流れは同じですが、今年大きく変わった内容が!

映像作家の保山耕一さんをお迎えしての、お話と作品上映。

You Tube「奈良、時の雫」を観て⇒
東大寺周辺の、たとえば二月堂の夕景、戒壇堂から二月堂、不動堂の木蓮などなど、いくつかを紹介していただくだけで、たいへん魅力的に思えました。
「映像詩・東大寺」ということでタイトルも決まったとき、保山さんが、実はテレビカメラマンとして「お水取り」を撮られていることを知り、驚くばかり。で、それらも上映していただけることになったのです。

※保山耕一さんプロフィール
1963年生まれ。奈良県生駒市在住。フリーランステレビカメラマン、映像作家。テレビカメラマンとして「THE世界遺産」「情熱大陸」などを担当。2013年に直腸癌で余命宣告を受け、現在も治療中。闘病中に「奈良には365の季節がある」をテーマに撮影を始める。 現在、映像作家として活動。2016年、春日大社にて「映像詩・かすがの煌めき」を奉納上映。 同年、虎ノ門ヒルズメインホール及び奈良春日野フォーラム甍能楽ホールにて「映像詩・桜とともに生きる」を上映。 2017年、奈良県文化会館国際ホールにて「千住真理子&保山耕一、音楽と映像で巡る奈良の四季」を開催。 同年10月、有楽町よみうりホールで開催の奈良県シンポジウム「奥大和に咲いた維新の桜、志に散った天忠組」を演出、映像作品「天忠組」を上映。

保山耕一氏


博物館HPにも申込フォームが設けられますが、ワタクシのほうでも受け付けいたします。
右のメールフォームからご一報くださいませ。


関連記事
スポンサーサイト



Posted on 2018/01/19 Fri. 21:45 [edit]

category: 奈良国立博物館

TB: 0    CM: 0

19

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://kagiroi3.blog.fc2.com/tb.php/1733-bedf314a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list