FC2ブログ

09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

かぎろひNOW

悠久の奈良大和路を一歩ずつ  風景、もの、人…との出会いを楽しみながら

大洞山へ登ったこと 

三重県津市にある大洞山(おおぼらやま)へ登ってから2週間も経ってしまいました。

直登のような勾配のきついルート、帰りはなだらかで風情ある苔の石畳を。
石段の続く登りはしんどかったけれど、変化に富んだ素敵な山だったなあと思い返しています。

171127大洞山道の駅から

↑「道の駅伊勢本街道 御杖」から仰ぐ大洞山


大洞山 : 雌岳985m、雄岳1013m
山行日 : 11月27日
メンバー: 4人(リンネさん、Fujさん、Fukさん、かぎろひ)

最近、奈良県東部から三重県あたりの風土にひかれています。
「かぎろひ歴史探訪」で名張を訪ね(⇒)、三重県にもほど近い三本松を歩き(⇒)、もっと知りたい、歩きたいと思っていたら、山歩きにリンネリーダーが選んでくれたのが、大洞山でした。

初耳の山だったのですが、行ってみると、桜の写真でよく目にしていた三多気(みたけ)は、その麓だったんですね。
真福院までの参道は山桜の並木(国の名勝)が続き、さくら名所百選にも選ばれているのだとか。
春には多くの観光客で賑わうようですが、この日は誰1人にも会いませんでした。秋もそれは素敵で、静かな山里の風情を独り占め(あっ4人や)。

171127三多気の里2

171127三多気の里


参道から見る大洞山

171127参道


真福院に到着

171127真福院鳥居


紅葉まっさかり。
真福院も⇒

藤堂池も

171127藤堂池2


登山口に至るまで

171127紅葉5

171127紅葉登山


しかーし、登山道は想像を絶するきつさ^^;

171127石段2

えんえんと続く石段は、だんだんと急勾配になり

171127勾配

上を向いても、下を向いてもコワイほど

171127石段

ただ、黙々と足元を見つめて歩き続けたのでした。
余裕もなかったとみえて、写真は最初のほうに撮った2枚だけ^^;

けれども、こんな山中に石を運び、丁寧に積み上げた人のことを考えているうちに、何だかとても敬虔な、ありがたい気持ちになったのでした。古くから山岳信仰の霊場だったのでしょう。

一段一段踏みしめてようやく山頂に着くと、登山のしんどさを一気に忘れさせてくれる展望が待っていました!

曽爾方面。倶留尊山(くろそやま)が目の前に。

171127倶留尊山2


高見山

171127高見山2

今年、登ったので(⇒)、憧れから親近感あるお山に。

反対方向のこの山は? 

171127局ヶ岳

局ヶ岳。
松阪市にあり、「南伊勢の槍ヶ岳」って呼ばれているんですって。


そうそう、大洞山には雌岳と雄岳があって、と聞くだけで、何だかちょっと親近感がわいてきません?
まず着いたのが雌岳。

171127大洞山頂上

↑方位盤が設けられていましたよ。

ここでお弁当タイム。その後、雄岳へ(↓向こうに見えている)。

171127雄岳へ


いったん下って、雄岳(1013m)へ。「伊賀富士」とも呼ばれる尼が岳(957m)が美しい。

171127尼ヶ岳


倶留尊山

171127倶留尊山


その絶景にしばし立ち止まり

171127絶景


帰路はなだらかな東海自然歩道へ。
苔の石畳が美しくて独特の雰囲気!

171127石畳2

171127苔


下山後はおきまりの温泉。みつえ温泉姫石(ひめし)の湯(御杖村)へ。

171127姫石の湯

こんなにゆっくりできるのは、リンネさんが車で運んでくれるおかげです。ありがとうございました。

一緒に登った仲間から届いた後日のメールが同感同感なので、紹介します。ご参考に。

Fujさん

真福寺、藤堂池の紅葉素晴らしく美しく心に染み入りました。
黄葉と言うのでしょうか、あまり見られない色の組み合わせ素晴らしいですね。
鎌倉期の美杉式板碑、永遠に続くかと思われる石の階段、帰りの石畳と苔の美しいこと、
山頂からの倶留尊山、古光山の展望、素晴らしいでした。
朝と夕方の2度、無人の境内で、紅葉の美しさを堪能。
贅沢な時間でした。

熊野古道はすべて歩きましたが、あのような石畳と苔の美しい景色は
見られませんでした。もっともっと注目されていいと思う美しい津市の景観です。

石の階段も、ほとんど直登ですので厳しかったですが、
これを作った人々の信仰心、ご苦労を思うと、逆にありがたい思いになりました。
感謝感謝です。


Fukさん
丸一日どっぷりと最後の秋を楽しみました!
究極の日本の天然美!朝の陽と、夕陽の光に輝く黄、紅葉は言葉を失うほど。
苦労して登ったご褒美は飛び切りのパノラマビュー!
歴史を物語る苔の石畳は、時空を超えて神秘的な空気が漂ってました!
本当に筆舌に尽くし難いとはこのような情景を言うのでしょう!温泉も貸し切りでラッキー!打ち上げも大満足!


↑注 打ち上げは女子2人。最後に写真をアップしまーす。


リンネさん
先日は、天候に恵まれ素晴らしい山行となりありがとうございました。
紅葉、展望、原風景、歴史を感じる苔道どれも思い出になりました。
三多気周辺は、大洞山を信仰の山としていたので、御岳(みたけ)かな?と思いながら歩いていました。

かぎろひさん
今回の山行の目的の一つ、ストックをお返し出来て良かったです。
階段の激登りは、驚きましたね。
残りのダイトレには、あんなに長い階段はありませんので、また、いつかダイトレを歩きましょう。
それに、下りの歩行技術が向上したと思います。
歩き方で体力の消耗が違いますので、これからも仰せのように意識しながら歩いたらもっと楽に歩けると思います。
では、皆様、また山行のご案内させて頂きますので、宜しくお願い致します。


リンネさん、長らくストックをお預かりいただきありがとうございました。
ストックを忘れた顛末⇒

歩行技術の進歩をリーダーにほめられて、ヤッタ!
苦しいダイトレ歩き(⇒)から1年半経過。
いやぁ、実は今回の大洞山はダイトレほどきつく感じなかったんですよ。
えへへ、ちょっと体力ついたか? 
と、調子にのるかぎろひでしたー(笑)





最後に、打ち上げの女子会で。

171227橿原神宮前

↑全部撮れていませんが、奈良酒を飲んだのはFukさん。県外のお酒に挑戦したのはかぎろひ
関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2017/12/11 Mon. 20:35 [edit]

category:

TB: 0    CM: 2

11

コメント

山歩き 


PANDORAさん

こんばんは!
先日はありがとうございました。

三重県の山は私には初めてでしたが、お山も、麓のたたずまいも、魅力を感じました。大洞山から見えた美しい山容の尼が岳にも登ってみたいなあと思ったことでした。

はい、この次の機会にはお誘いしますね。リンネさんも、Fuさんもすでにご存じですので、話は早い(笑)

URL | かぎろひ #QyAQ.u3g | 2017/12/12 20:40 | edit

 

こんばんは!

 三重県の山は大台ケ原の日出ヶ岳から大杉谷へ
降りたことと御在所山に登ったくらいです。

 天気も良くて最高の登山日和だったようですね。

 登山の話で空きがある時は誘って下さい。
 よろしくお願い致します。

URL | PANDORA #- | 2017/12/12 19:25 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://kagiroi3.blog.fc2.com/tb.php/1712-5799152f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list