FC2ブログ

07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

かぎろひNOW

悠久の奈良大和路を一歩ずつ  風景、もの、人…との出会いを楽しみながら

安産寺の子安地蔵菩薩 

「かぎろひ歴史探訪」第9期の5回目は11月16日、宇陀市室生三本松あたりを歩きました。

コース
近鉄大阪線三本松駅⇒道の駅「宇陀路室生」⇒海神社⇒安産寺⇒白鳥神社⇒長命寺・琴引峠⇒伊勢街道宿場町跡→三代目の三本松⇒大野寺対岸の大磨崖仏⇒近鉄室生口大野駅(解散)


圧巻はなんといっても、安産寺の子安地蔵菩薩さん!
お昼前には安産寺に着いていたのですが、拝観を終えて外へ出ると、もう1日の予定が終わったような、満足感に満ちていたのでした。

国の重要文化財に指定されている子安地蔵さんは、三本松中村地区の自治会でお守りされています。
たいへんに手厚いおもてなしを受けて、恐縮感謝するばかり。

集会所を兼ねる本堂で、まずはビデオ観賞や説明を受けまして

171116安産寺


参加者はちょうど40人だったのですが、三班に分かれてゆっくり拝観させていただきました。お地蔵様のおはします収蔵庫でも、エピソードなどを交え興味深いお話を聞くことができました。

拝観以外の人は昼食タイム。
「外は寒いでしょう」とご厚意にあずかり、お茶まで出していただき、ほんとうにありがとうございました。

お地蔵様は、像高177.5cm、榧(かや)の一木づくり。
第一印象は、なにひとつ尖ったところのない、おおらかで、ぬくもりのある存在感。何も言わんでええ、よしよしと、身も心も包み込んでくれるような、ありがたさをひしと感じました。

我にかえって、じっくりと拝すると、揺れているような衣文の軽やかさ、美しさ! あ、靴をはかれて、わずかに腰をひねり、今にも動き出されそう。

なっちゃんに見せてやりたい、と思わず写真を購入(3枚1000円)

171116地蔵菩薩


安産のお守りも。えへへ。

171116お守り


境内の説明板から
本尊 地蔵菩薩立像
榧(かや)材 一木造 像高177.5センチメートル
昭和15年10月 国宝に指定され、昭和25年8月 国指定重要文化財となる

安産寺(真堂)の本尊は、木造 地蔵菩薩立像で、作者は不明であるが、今から千百余年前の平安時代初期の作といわれている。また、沓(くつ)を履く地蔵菩薩としても珍しい。

尊顔は細く切れた目が優しさと慈悲に溢れ、
身体(からだつき)は肩が張って十分な厚みがあり、重量感に富み、威容と風格をそなえている。

当初は彩色されていたが、現在では殆ど剥落し、また衣文線に沿って切金を施した痕跡も認められる。衣文は漣波式(れんぱしき)といわれるもので、幾重にも重なり、肩から腹部を経て股間に流れ落ち、裾に至って大きく反転している。その彫り口は繊細かつ大胆で鋭い。

これらの表現は、室生寺金堂の釈迦如来立像(国宝)と共通するところが多く、本像は「貞観(じょうがん)彫刻」の代表作の一つに数えられている。

当地ではこの地蔵菩薩を「子安地蔵」と呼び、子授け、安産の地蔵さんとして信仰が篤い。
平成四年三月



この日、「夏に西山先生が来はってね」「撮影は別に5時間もかけられました」とお聞きしました。
「ならナビ」の「仏教よもやま話」やね、とピンときたのですが、観そびれていました。残念。検索してみると、出てきましたので、まだの方はどうぞ。⇒


テレビ画像を見て感じたのですが、最初は同じ目線で撮られていますよね。見上げたときと印象が違ってビックリ。
そういえば、先日は灯りを消しての拝観体験もさせていただいたのですが、ドキリとするほどの違いがあって、これにも衝撃を受けたのでした。

地元の方にもお聞きし、西山先生もおっしゃっていますが、室生寺金堂に、このお地蔵様のものだと思われる光背が存在していること。そして、平成5年(1993)、東京国立博物館で開かれた特別展「大和古寺の仏たち」で、初めて、お地蔵様と光背を合わせて展示されたのだとか。「それはもうドンピシャ」だったと、地元の方が感無量におっしゃっていました。

その時の図録を入手された方のブログで、ちょっと写真を見ることができます。⇒

そしてまた別々に離されてしまった…、残念ですね。

※安産寺 子安地蔵菩薩拝観は
●初地蔵法要 一月第三日曜日 10:00~15:00
●ご縁日御開帳法要 八月第四日曜日 13:00~15:00
●月縁日法要 毎月九日 10:00~正午
上記以外の拝観・祈祷は要事前連絡
安産寺 
宇陀市室生三本松中村2932
電話 090-3268-5859


おっと、歴史探訪報告のつもりが、子安地蔵さんだけで長くなってしまいました。タイトルも変更^^;

後半はざっとご紹介。風景も人情もほんとうにええとこでした。

海(かい)神社で

171116海神社


白鳥神社の大銀杏はまだ緑

171116白鳥神社


白鳥神社から長命寺へ

171116白鳥神社から長命寺へ


長命寺でも本堂を開けてくださり、薬師如来様や色鮮やかな十二神将像を拝観させていただきました。説明もしていただき、ありがとうございました。

171116長命寺


宿場町の趣を感じ

171116宿場町


地名の由来になった三本松へ

171116三本松あたり


最終ポイントは大野寺磨崖仏

171116大野寺


皆様ありがとうございました。恒例の記念撮影は長命寺で。

171116記念撮影

※参加された方のブログなど
鉄道の旅、音楽の旅⇒
できさんの奈良と出雲と⇒
河内太古さんのアルバム⇒


※次回は12月7日(木)五條市を訪ねます。
JR和歌山線大和二見駅10時30分集合
橿原神宮前で乗り換えの方は9時31分発吉野行きにご乗車ください(6月に配布した交通アクセスの発車時刻を間違えていましたm(__)m)。吉野口でJR和歌山線に乗り換え。10時6分発。
事前申し込みなしの飛入り参加OKです。

詳しいコースなどは、来週下見に行きますので、その後、ご報告します。


関連記事
スポンサーサイト



Posted on 2017/11/20 Mon. 14:20 [edit]

category: かぎろひ歴史探訪

TB: 0    CM: 2

20

コメント

ハイキング 


なむ隊長ゞ

こんにちは。コメントありがとうございます。
すばらしいお地蔵様でした。

実は歴史探訪本番ではカットしましたが、下見の時、青葉の滝へ行ってみたところ、そこから深野までの道標があるのを確認。深野は「にほんの里100選」にも選ばれている土地だそうで美しい棚田や集落があるとか。
が、かなりの山道そうで1人ではコワイ^^; かぎろひ歴史探訪向きでもないんですよね。
興味のありそうな人を誘おうかと思っているのですが、新緑の頃、ハイキングはいかが? もちろん安産寺拝観と合わせて。その場合は拝観願い、こちらでやります(笑)

URL | かぎろひ #QyAQ.u3g | 2017/11/22 12:50 | edit

安産寺 

こんばんは!

あ~、今回は行きたかった。残念でした。
以前からお参りに行きたいと思っていた安産寺ですが、
いつお参りができるのかよく分からなかったので、
とてもありがたい情報をいただきました。
ありがとうございます。

URL | なむさいじょう #SBJMOG62 | 2017/11/22 00:13 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://kagiroi3.blog.fc2.com/tb.php/1703-0a336a8f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list