FC2ブログ

06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

かぎろひNOW

悠久の奈良大和路を一歩ずつ  風景、もの、人…との出会いを楽しみながら

亀の瀬地すべり現場見学のち龍田越え 

9月28日、「かぎろひ歴史探訪」第9期の2回目。
早朝はどしゃぶり。
天気図では雨雲がだんだん東へ移動していく感じだったので、午後にはやむだろうとは思っていましたが、雨の日って参加者が少ないんですよね。

まさかの30人もの参加者があったのは、亀の瀬地すべり現場見学の魅力にひかれたせい?
見学には事前申し込みが必要で、かつ10人以上でなければいけませんので。

ワタクシ自身も以前から興味をもっていたのですが、急を要するわけでもなく、延び延びに。こんな機会に実現してうれしい限り。


まずはビデオと展示と専門官Yさんの解説を聞いて、お勉強

170928学習


それから、現場見学。
排水トンネルへ

170928排水トンネル


集水井をのぞき

170928集水井


旧国鉄亀の瀬トンネル内へ。地すべりで崩壊したと思われていた明治時代のトンネルが、奇跡的に見つかったのは平成20年のことでした。

最後の排水トンネル工事中に偶然に発見されたたのだそうです。
↓左が排水トンネル、右が旧亀の瀬トンネル

170928トンネル


170928旧トンネル


側壁がイギリス積み、天井のアーチ部分は長手積み

170928旧トンネル内



半世紀にわたる対策工事の結果、地すべりは縮小され、大きな成果をもたらしました。
しかし、地上部を一見しただけではなにもわかりません。丁寧な説明と、地中の現場見学を体験して初めて、そのメカニズムの一端に触れた気がしました。


※「亀の瀬地すべり見学」は申し込みすればだれでも見学することができます。
詳しくは、国土交通省 近畿整備局 大和川河川事務所⇒
亀の瀬について⇒


午後のスタート時には雨もすっかりやみ、龍田越え道を歩きました。
改めて、今回のコースを。
JR河内堅上駅⇒亀の瀬地すべり歴史資料室⇒亀瀬(峠)八幡神社⇒関地蔵⇒磐瀬の杜⇒神奈備神社⇒龍田大社⇒多聞地蔵⇒久度神社⇒王寺駅

亀瀬八幡神社へ

170928峠


関の地蔵

170928関地蔵


磐瀬の杜

170928磐瀬の杜


龍田大社で記念撮影

170928龍田大社


風情ある坂道には石の道標がいくつか

170928旧道


久度神社へ。あっ、電車きた~

170928生駒線


皆様、お疲れさまです。ありがとうございました。
次回は、10月12日(木)、名張の夏見廃寺を訪ねます。
来週、下見に行きますので、改めてご案内しますね。

参加者のブログ
鉄道の旅、音楽の旅⇒
団塊世代プラスONE⇒
できさんの奈良と出雲と⇒

※かぎろひ歴史探訪⇒
関連記事
スポンサーサイト



Posted on 2017/09/29 Fri. 22:15 [edit]

category: かぎろひ歴史探訪

TB: 0    CM: 4

29

コメント

ありがとうございました 


大和の和尚さん

おはようございます。
いろいろと教えていただき、探訪ウォークがふくらみました。
石の道標もブログで紹介できたらいいなと思っているのですが・・・

街道歩きは楽しいですね。
特に今回は龍田大社からの坂道の風情が素敵でした。一本南の新道とはえらい違い。こちらの道を歩くことができてほんとうによかったです。
ありがとうございました。

URL | かぎろひ #QyAQ.u3g | 2017/10/01 06:33 | edit

鉄道・道標・石灯籠 

大和の和尚です。

今回の亀の瀬の「大人の社会見学」よかったですね。
特に、煉瓦トンネル(旧大阪鉄道亀瀬隧道、土木構造物有形文化財)、すばらしかったです。

「河内堅上駅」ホームにあった「154」と書かれたキロポストに皆さん気がつきましたか?これは関西本線(名古屋~亀山~奈良~湊町(JR難波))の名古屋からの距離です。154キロ、歩けば何日かかるかな??

街道脇にあった石の道標は今回8本ありました。
「すぐ さかい」、堺が近くではないですよ、まっすぐ行けば堺です。

龍田大社の鳥居脇の石灯籠、彫り込まれた文字、
 江戸廻、酒諸荷物、積問屋仲間、
 海上安全 大阪、海上安全 西宮。
龍田大社は「風の神」、帆掛け船の安全祈願?

また、別の街道を歩きたいですね。



URL | 大和の和尚 #1B17l5wo | 2017/09/30 22:01 | edit

お疲れさまです 


白雪さん

おはようございます。
いつもありがとうございます。またまたおいしいものもm(__)m
ほんまに雨に守られているのを実感します(笑)
皆様のおかげで、午後の部は晴れて感謝感激です。

えへへ、アップ早いでしょ。むしろ連日ハードなので、だだっと遅れそうというか、ネタが満載というか、やっぱり時期がずれると新鮮味と感動がちょっと薄れますよね。これからも頑張ります。

次回、てるてる坊主、要りますか?

URL | かぎろひ #QyAQ.u3g | 2017/09/30 06:54 | edit

 

おはようございます。
あくる日からは「秋」の青空なぜでしょうか?それにしても早いリポート、以前は考えられないことでした。それはともかく「亀の瀬」名前も???ですが表面から見る工事も???でしたが現地に地中にもぐりこむと(少し古くなりましたが)ビックリポン!!でしたね。現代の工事もそうですが、まだ技術も機械もないころに掘られた煉瓦造りのトンネル。
龍田越えのころには雨も上がりこれもすべて「かぎろひ媛皇子」のおかげと感謝していました。しかし面白いですねすぐ近くの町にも同じ龍田とそれをとりまく神社や杜、山などがあること。こんなことがわかるのも歴史探訪奈良ですね。
次回名張楽しみですがどうぞそこそこのお天気になりますように。

URL | 白雪 #- | 2017/09/30 05:39 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://kagiroi3.blog.fc2.com/tb.php/1675-28ec8c4f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list