FC2ブログ

07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

かぎろひNOW

悠久の奈良大和路を一歩ずつ  風景、もの、人…との出会いを楽しみながら

亀の瀬越え龍田道 

「かぎろひ歴史探訪」第9期の2回は9月28日(木)、亀の瀬越えで龍田道を歩きます。
19日、下見歩きをしてまいりましたので、ざっとご報告します。

今回歩くのは、JR大和路線河内堅上駅から王寺駅までのコース

170919地図


ちょっと異例ですが、午前中は、亀の瀬地すべり現場見学会。
国土交通省近畿地方整備局 大和川河川事務所の建設専門官の方に、説明を受け、現場を案内していただきます。


奈良の雑誌社に勤め始めた頃、約35年ほど前になるでしょうか、なんのテーマだったかは思い出せないのですが、県庁へ取材に行ったとき、「亀の瀬」が引き起こす水害について聞いた深刻なお話が忘れられません。


激しい地すべりと水害の対策工事が50年をかけて続けられた結果、平成11年に完成、ようやく安全な環境になりました。

まずは資料室で、地すべりの状況や歴史、メカニズムなどの解説を聞き

170919資料室

現場へ。
排水トンネルや

170919排水トンネルはい2

旧国鉄時代の亀の瀬トンネルの見学もあるようで、ちょっとワクワク。
昭和6年の激しい地すべりで崩壊したとみられていたこのトンネル、なんと平成20年、80年ぶりに発見されたのです。

約1時間半、たっぷり見学させていただき、午前の部はこちらでお世話になります。

午後からは峠八幡神社

170919峠八幡神社touge

↑左のお堂のなかには、笑みをたたえたお地蔵さん

170919峠の地蔵さん

鎌倉~室町期のもののようですが、彫りもくっきり見事に残っていて、大切にされてきたことがわかりますね。

ここまでは大阪府柏原市でしたが、いよいよ奈良県へと入っていきます。


三郷町では、関の地蔵さん

170919龍田関2

↑右手のお堂。龍田の関跡とも言われています。

170919龍田関



磐瀬の杜

170919磐瀬の杜



神奈備神社を経て

170917神奈備神社


龍田大社へ

170919龍田大社


多聞地蔵さんの前から

170919多聞地蔵


大和川にかかる橋を渡って久度神社へ

170919久度神社をのぞむ

↑右手のこんもりしたのが、久度神社の森。最終ポイントです。

王寺駅はすぐそこ。

今回の歴史探訪には、古道や道標に詳しい「大和の和尚さん」がご参加の予定です。
斉明天皇ウォークのとき、たいへんお世話になった、あの方です。
お楽しみに!


※「かぎろひ歴史探訪」第9期②
2017年9月28日(木)10時 JR大和路線河内堅上駅を出発します。
事前申し込みなしの飛び入り参加OKです(1500円)。お弁当などをお持ちください。
※あっ、亀の瀬地すべり見学会のこともありますので、初参加の方はご一報ください。右のメールフォームからよろしくお願いします。
詳しくは⇒


関連記事
スポンサーサイト



Posted on 2017/09/20 Wed. 21:13 [edit]

category: かぎろひ歴史探訪

TB: 0    CM: 0

20

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://kagiroi3.blog.fc2.com/tb.php/1670-afa8aebc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list