09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

かぎろひNOW

悠久の奈良大和路を一歩ずつ  風景、もの、人…との出会いを楽しみながら

辻邦生への旅③ 武蔵国分寺跡 

多磨霊園あたりの地図を眺めていると、わー、武蔵国分寺跡が近い! 歩いて行けそうやん! ということに気づいた。



↑実際は、途中で北へ、東八道路を歩いた。約1時間のハイキング。昼下がりだったので暑かったけれど、知らない土地を歩くのはやっぱり楽しい。
とはいえ、多磨霊園からだいたい西へいけばいいのよね、というおおざっぱな地図しか頭に入っていなかったので、途中ちょっと不安になる所もあり、大いに役立ったのがコンパスだった。

170804コンパス


という話を、その夜合流した娘夫婦に話すと笑われた。
「スマホがあれば簡単なんだけどね」

「旅の魅力は時刻表と地図とコンパス」(byかぎろひ)


辻邦生夫妻は、結婚後国分寺市に住んだ。昭和28年(1953)~昭和46年(1971)
住み始めた頃の、自然いっぱいの土地の風情は、エッセーのいくつかで読むことができる。

東京郊外に、国分寺の遺跡につづく丘がある。かつてこの辺りは櫟林に覆われた美しい丘陵地帯であり、小金井や貫井にまで連なっていた。こうした名前の由来にたがわず、豊かな水源に恵まれた土地であった。
太陽が昇ると東向きのこの丘に真っ先に光線があたる。櫟林の中を散歩するときの静かな気配は、国分寺の建立に選ばれた土地だけあって、どこか神聖な雰囲気に満ちていた。
・・・
ある朝、私は東の地平線に太陽が昇るのを見た。そのとたん、私はこの土地が古代から約束された土地の一つに違いないと信じた。もしリスちゃんと住むことができるならば、こうした無垢で純粋な土地以外にはないと考えた。櫟林は静かで、朝の散歩を邪魔するものは何一つなかった。朝、日が昇るという自然の営みは、荘厳であると同時に、どこか軽やかな純粋さに輝いていた。

                                                        (『のちの思いに』より)
※↑リスちゃんというのは奥様のこと


ワタクシは、辻夫妻が住んだ家(のあった場所)を確認したいとは思わなかったが、武蔵国分寺跡に興味をひかれた。
多磨霊園から歩ける範囲にその史跡があるというのはラッキーとしか言いようがない。


やっとたどり着いた~

170804国分寺跡


武蔵国分寺跡は、昭和31年から発掘調査が行われ、その成果をもとに、整備されていた(↓クリックで拡大)。

170804国分寺跡説明


七重塔跡

170804七重塔跡2


心礎を含め7個の礎石が残る。

170804七重塔跡礎石


中央に立つ銀杏の木の根っこが礎石と妙に調和して存在感を示していた。

170804礎石と根


七重塔跡について(クリックで拡大)

170804七重塔跡説明



金堂は全国の国分寺のなかでも最大規模であったという。

170804金堂跡


講堂跡

170804講堂跡2


説明(クリックで拡大)

170804講堂跡


鐘楼跡

170804鐘楼跡



国分寺も立派

170804国分寺



楼門

170804国分寺楼門

↑2階には十六羅漢像(現在13体)が安置されているんですって!


国分寺楼門について(クリックで拡大)

170804国分寺楼門について


境内の万葉植物園にも心ひかれた。

170804万葉植物園







「真姿の池湧水群・お鷹の道」を通り

170804お鷹の道


説明(クリックで拡大)

170804真姿の池湧水群説明


武蔵国分寺公園を抜けて西国分寺駅へ。

170804武蔵国分寺公園


夕方に娘夫婦と合流する約束があったので、早めにきりあげたのだけれど、機会があればもう一度ゆっくり歩きまわりたいと思う。


※国分寺跡周辺(クリックで拡大)

170804周辺地図


奈良に帰ってから、辻邦生第三エッセイ集『霧の廃墟から』を何気なく読んでいると、次の一文が目にとまった。

私が万葉東歌の旅情を求めてささやかな旅に出ようとするその起点に、武蔵国府(府中市)を選んだのは、二十年前、この武蔵国分寺跡に惹かれて、寺のつづきの丘陵の東斜面に、はじめて家を持ったからであった。
当時、あのあたりは松の美しい丘陵で、恋ヶ窪から流れる野川は、水田のなかを流れ、武蔵野の空をうつす水面には、水草がゆらゆらと揺れていた。銀鼠の幹を光らせる櫟林の奥では、小鳥たちが終日鳴きあかした。林がつきると、麦畑がひろがり、遠くに多磨連丘と丹沢の山々が青く見えていた。晴れた日、富士は、そうした風景に欠かすことのできぬシルエットとなって、山々の上に端正に浮んでいた。長い散歩を終えて、切通しの坂にかかると、夕焼け空がひろがり、岸田劉生の絵のような不思議な孤独感を漂わせていた。

(「東国の歌」より)

関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2017/08/13 Sun. 22:19 [edit]

category: 辻邦生

TB: 0    CM: 0

13

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://kagiroi3.blog.fc2.com/tb.php/1647-d4799094
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list