03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

かぎろひNOW

悠久の奈良大和路を一歩ずつ  風景、もの、人…との出会いを楽しみながら

3.11 神戸にて 

Tさんの年賀状に、お母さんを自宅介護しているとあったのがとても気になっていたので、思い切って神戸市鈴蘭台にあるお宅を訪ねました。

170311鈴蘭台駅


若い頃、気まぐれに3年間ほどこの地に住んだことがあります。
Tさんのお母様には、とてもお世話になりました。困ったことがあると、明るく大輪の花のような笑顔で「まかしとき」と何でも聞いてくれるような人でした。

母が闘病中、我々が医師に不信感をもち、セカンドオピニオンの選択も考えたとき、医療関係の仕事をしていたTさんのお母様は、優れた医師を知っているから神戸へ来ないかと誘ってくれたこともありました。
ワタクシも母も真剣に考えたのでしたが…、母は慣れない土地へ行くのがいちばん不安だったようで、結局実現しませんでした。でも、心から親身になってくれたことはほんとうにありがたく、今も感謝の念でいっぱいです。


奇しくも3月11日、神戸。
お母様はもう声を出すことをやめたようでしたが、あの大震災を、阪神も東日本も、忘れるなと言われたような気がしました。


Tさんが誘ってくれたお店で、すばらしい夕日に出あいました。

170311夕日


170311夕日2

170311夕日4


祈るような、敬虔な気持ちになったのはほんとうですが、おいしいものもしっかりいただきました。
お寿司、おいしかった~

170311寿司2

関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2017/03/12 Sun. 21:03 [edit]

category: 県外

TB: 0    CM: 0

12

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://kagiroi3.blog.fc2.com/tb.php/1568-b6e48450
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list