07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

かぎろひNOW

悠久の奈良大和路を一歩ずつ  風景、もの、人…との出会いを楽しみながら

早春の三輪山麓 

ぶらっと三輪~巻向あたりを歩いてきました。

まさに、記紀万葉のなかにいるという感じがあって、大好きなコースです。
そして、空気はひんやりとしているものの、陽ざしはもうかなり暖かくて、早春そのものでした。
風景もくっきり!

大美和の杜展望台から(クリックで大きくなります)

170225大美和の杜から


山の辺の道

170217山の辺の道



桧原神社から二上山

170225桧原神社


井寺池から(クリックで拡大)

170225井寺池


ホケノ山古墳から三輪山

170225ホケノ山古墳から


民家越しにのぞむ三輪山

170225三輪山



三輪山と箸墓

170225三輪山と箸墓


お昼は桧原御休処でにゅうめんセット

170225にゅうめんセット


気持ちも身体もリフレッシュ!

関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2017/02/25 Sat. 17:36 [edit]

category: 桜井市

TB: 0    CM: 2

25

コメント

井寺池 


円亀山人さん

こんばんは! コメントありがとうございます。

私も、このあたりへ行くと必ず、井寺池畔の川端康成と東山魁夷の歌碑を見に行きます。
そして、眼前に広がる光景に見入りながら、歌碑が建立されるまでのドラマに思いをはせてしまいまいます。

URL | かぎろひ #QyAQ.u3g | 2017/02/27 21:54 | edit

 

「大和は 国のまほろば たたなづく 青垣山ごもれる 大和し 
美し」(倭建命)

井寺池には、この記紀歌謡碑(川端康成筆)があり、まさに春の光景に
びったりですね。

 「たたなづく」は一般に三輪山とその背景をなす山々の重なり合うさま
を指すといいますが、昔は平野部もあちこちが樹木に覆われ、その重畳
とした有様を形容したという説も。女性の柔らかな肌の連なりにも使われ
た枕詞だとも・・・。春は色っぽ~い。もう関係のない昔のお話でした。

URL | 円亀山人 #- | 2017/02/27 15:34 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://kagiroi3.blog.fc2.com/tb.php/1561-a40211f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list