03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

かぎろひNOW

悠久の奈良大和路を一歩ずつ  風景、もの、人…との出会いを楽しみながら

東弓削遺跡(由義寺跡) 

遅くなりましたが、2月11日に行われた現地説明会のご報告です。

前日、新聞の朝刊一面に、道鏡の寺、由義寺、七重塔・・の文字が踊りましたね!

170210新聞

↑これは産経新聞


「かぎろひの大和路」誌の最終段階を迎えているときでもあり、誌上の発掘情報「地中からの声」もすでに出来上がっているし、場所も大阪やし(八尾市)、やめとこ。
と思ったんですけどね、翌日やっぱり、行きたくなりまして。記事は差し替え~。

もうひとつ、ワタクシを現地説明会へ向かわせた理由があります。
「道鏡を守る会」を主宰されている宮城県のHさんがかぎろひ誌の読者で、道鏡について熱心に調べ発信されているのを知っているせい。宮城県からすぐにかけつけるのは無理だろうから、代わりに行かねば、という責任感みたいなものも。


ではまず、『続日本紀』を確認してみましょう。
称徳天皇の、天平神護、宝亀年間に、「由義寺」という名前が何回か(4回?)出てきます。

あ、わかりやすい関連年表が、当日の資料に付けてくれていました。

170210年表

↑クリックで少し大きくなりますが、見にくかったらごめんなさい。


由義寺の塔とあるのはたった1か所なのですが、この塔の基壇が見つかった、というのですね。

昨年9月、奈良時代後期の瓦がたくさん出土したことを受けて、調査が続けられていました。


現地へ。
久しぶりの、県外、現地説明会。担当は八尾市教育委員会。

場所は↓




現場

170210現場


上空からの写真が現地に掲示されていました。

170210上空から


見つかった塔の基壇は正方形で一辺約20m。
東大寺東塔の24m(→)に次ぐ大きさで、大安寺の21mに匹敵。七重塔の可能性が高いとみられています。


基壇は、粘質土と砂質土を交互に突き固めた「版築」工法によって築かれています(以下、写真はクリックで大きくなります)。

170210版築



では角度を変えて。これは基壇東端。

170210基壇東端


基壇西端

170210基壇西端


基壇南端

170219基壇南端


基壇北端

170210基壇北端


塔心礎などの礎石は失われていましたが、大きい石も

170210礎石

大きさ1.3×1.0、暑さ0.5m、四天柱か側柱の礎石のようです。


基壇を強固にするために石を入れた「掘込地業」も確認

170210版築内の石


出土コーナーが大人気でした。

興福寺式の瓦

170211興福寺式瓦


東大寺式軒平瓦

170211東大寺式軒平瓦


和同開珎、萬年通寶、神功開寶なども出土、地鎮のための鎮壇具の一部とみられています。


現地説明会を終えてから、志紀駅近くのこんもりを見つけて行ってみたら、やっぱり!

170211弓削神社


このあたりは道鏡さんの出身地。地名にも残ります。

170211八尾市弓削


※現地説明会の資料が公開されています。→
関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2017/02/24 Fri. 10:12 [edit]

category: 発掘情報・古墳

TB: 0    CM: 0

24

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://kagiroi3.blog.fc2.com/tb.php/1560-68e5cc27
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list