08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

かぎろひNOW

悠久の奈良大和路を一歩ずつ  風景、もの、人…との出会いを楽しみながら

万華鏡 

脳科学者の茂木健一郎さんが、こんなことを書かれているのを、さっき、ネットで見かけた。

子供の脳は、新しい刺激に敏感です。 今までに経験したことがないものに出会うと、目を見開き、耳をそばだてて、その場のさまざまなものを吸収しようとします。 たとえ、時間的には短い出来事だったとしても、その印象は脳裏に鮮明に刻まれます。・・・

先日、まさにその瞬間に出あってしまったばーさんがここに。

ママの帰りがちょっと遅くなりそうなとき、孫を保育園まで迎えに行くことがある。
ママが帰ってくるまで、我が家で過ごすのだけれど、ワタクシは全身全霊を彼女に捧げる(笑)。
自分の子どものときは放ったらかしだったのに。

彼女の目下のお気に入りは、ブロック、『ウォーリーをさがせ』(笑)。すべては昔、子どもらが遊んだものばかり。
断捨離とは逆のタイプ。いろいろしまってある。
長い間忘れていたような物たちを眺めては、彼女にこれはどうかな、と考えてしまう。

この日、ふと取り出したのが万華鏡。
何かの景品で貰ったような安物だけど、万華鏡の魅力は深いよね。

170121万華鏡2本


彼女に、覗いてごらんと渡し、くるくる回すように教えると、ものも言わず夢中で覗き続けるのだった。

170121万華鏡


初めて見た万華鏡の世界に驚き引き込まれているのがよくわかった。


ワタクシ自身も子どもの頃、初めて万華鏡を覗いたときの不思議な驚きは今も覚えている。その場所まで蘇ってくるほどだ。


この日、ママが帰ってきても、食事中も、万華鏡を手放さなかった。

万華鏡



関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2017/02/14 Tue. 22:21 [edit]

category: 日記

TB: 0    CM: 0

14

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://kagiroi3.blog.fc2.com/tb.php/1556-f080ea6c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list