05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

かぎろひNOW

悠久の奈良大和路を一歩ずつ  風景、もの、人…との出会いを楽しみながら

亀の瀬から龍田大社 

あけましておめでとうございます。
年末から本日(3日)まで、SNSとはほぼ無縁の生活。ようやく一段落、パソコンを開けています。

恒例の元日ハイキングは今年も実施しました。ハイキングの後おせちという我が家のかたちがスタートして10年目! すっかり定着した感があります。
毎年、歩くメンバーは微妙に変わり、今年は過去最少の3人。10回全てに参加しているのはワタクシと長女だけ。彼女のおかげで10年も続いてきたんやなあとしみじみ思う、記念ハイキングになりました。

170101生駒線
(↑ハイキング終着、王寺駅の手前で)

コース(大阪府柏原市から奈良県生駒郡三郷町~王寺町へ)
JR関西線河内堅上駅~亀の瀬~峠八幡神社~関地蔵~龍田大社~神奈備神社~三郷駅~岩瀬の杜~王寺駅


河内堅上(かわちかたかみ)駅

160101河内堅上駅


JR関西線と大和川、国道25号線が並行

170101大和川、国道、電車


地形が複雑で、線路も国道も大和川と同様に蛇行。
河内堅上駅近くですれ違う電車

160101河内堅上駅あたり電車


そのちょっと前は大和川を渡って、大きなカーブを描きながら進みます。

170101河内堅上駅あたり電車2


電車に乗っていても目が離せない風景が続きますよね。
参考までに地図をどうぞ。




このあたり、「亀の瀬」という地域は古来、激しい地すべりで悩まされてきました。
地すべりが大和川をせきとめ大洪水を起こしたことは何度もあったと、奈良へ来てからよく聞きました。
どうやら、数百万年前の火山(ドロコロ火山)活動によってできた地質が大きな原因だとか。溶岩でできているんですって。

加えてその地形。生駒山地と金剛山地にはさまれた谷あいであるうえ、奈良側からたくさんの支流(156本!)が集まって、1本の大和川に流れ込んでいくのも要因なんですね。

しかし、50年(平成11年に完成)をかけた対策工事が功を奏し、地すべりがくいとめられているようで、ほんとうによかった!


不思議な風景が展開していました。
亀の瀬地域を走る広い道路は、工事関係車と地元民のためだけのものとか。

170101道路について


丸いタンクのようなものは集水井。中から地中へ細い管が何本も伸びていて、これで地下水を集めるのだそうです。

170101集水井


のどかな風景の中に、集水井が点在

170101集水井風景


申し込めば見学できるようです。→

170101亀の瀬資料室2

170101亀の瀬資料室


地すべりの跡?

170101地滑り跡?


峠八幡神社で初詣

170101峠八幡神社2

↑お堂におはす地蔵菩薩さんは鎌倉時代末期~室町期の造立(案内看板から)。


清らかな境内

170101峠八幡神社


狛犬さん、かわい~

170101狛犬


峠を下って、奈良県入り。生駒郡三郷町。

170101奈良県へ



およそ古道らしくない風景の中に現れる「龍田古道」の道しるべを見ながら

170101龍田古道


龍田大社へ。すごい人です! 

170101龍田大社


大麻(おおぬさ)で頭をなでてお祓いして

170101龍田大社3


神前へ。

170101龍田大社4


お神酒は「出世男」(今井町、河合酒造)。ことのほか、おいしかったのでゴザイマス。

170101出世男


この後、神奈備神社へおまいりして

170101神奈備神社


岩瀬の杜に立ち寄り

170101岩瀬の杜2


一路、王寺駅へ。

170101王寺へ


※「大和川河川事務所」のサイトを参考にしました。記事はだいぶ端折っていますので、詳しくは、亀の瀬→

※そのうち「かぎろひ歴史探訪」でも歩いてみたいと思っています。

※昨年の元日ハイキング→

今年もどうぞよろしくお願いします。

ハイキングから帰ってから、バタバタと準備して、おせち。天使の家族が合流。

170101おせち2

↑差し入れのお刺身がメインになってしまいました。夫の力作おせちがお酒の後ろに隠れてしまってごめんなさい。


天使は4回目のお正月。
今年はちゃんと大人にまじり、お行儀よくなじんでいました。

170101おせち



関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2017/01/03 Tue. 17:24 [edit]

category: ハイキング

TB: 0    CM: 0

03

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://kagiroi3.blog.fc2.com/tb.php/1540-87c18092
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list