07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

かぎろひNOW

悠久の奈良大和路を一歩ずつ  風景、もの、人…との出会いを楽しみながら

30年前の「かぎろいの大和路」 

豊住書店さんから「バックナンバーがなくなりそうやから、持ってきて」という電話。
ええーっ、11月中旬に納品したばかりなのに!?

発行元がこんなことを言っていてはいかんのですが、そう売れる本ではないはず(笑)。
いや、時間をかけて一生懸命に作り、大事に考えてはいるんですけどね。

お買い求めいただいた皆様、ほんとうにありがとうございます。励みになります。

雨が降る前に納品してきました。

161222豊住書店

161222豊住

↑残っている状態を撮ったもので、これに追加してきました。


私どもが在庫しているバックナンバーはすべて豊住さんでお求めいただけます。

7号 唐招提寺
9号 東大寺 その1 創建前後と大仏造立
10号 秋篠、押熊の里(秋篠寺、神功皇后陵、蛙股池)
11号 女人高野室生寺
14号 西大寺から菅原の里
15号 大神神社と山の辺の道
16号 東大寺転害門から般若寺
17号 天武の皇子たち(2) 忍壁皇子とその弟妹
18号 郡山城跡と城下町 弥生時代から近世まで
19号 平群 古代豪族の跡を辿る
21号 元興寺界隈 ならまち①
22号 唐古・鍵遺跡と三古社(田原本①)
23号 飛鳥めぐり② 桧隈の里
24号 山の辺の道② 柳本古墳支群
25号 五條① 歴史の交差点
26号 秋篠川 西岸に甍連ねる巨刹
27号 葛城の道② 伝承と史実のはざま
28号 三輪山と纏向遺跡 卑弥呼をたずねて
29号 太子道がつなぐ磯城の里(川西、三宅、田原本)
30号 行基と忍性が眠る里 生駒大社、竹林寺から暗峠(南生駒)
31号 影姫が行く山の辺の道 大和王権発祥と和爾氏
32号 忍海、新庄(葛城市) 古代葛城氏の余燼と漂う近世城下町風情7号


豊住さんでバックナンバーを確認していたら、ずーっと昔の、旧「かぎろいの大和路」が混ざっていてビックリ。
ど、どうしたんですか、これ。

整理をしていたら出てきたんですって。
保存状態も良くて、驚くばかり。
なにしろ、もう、発行元にもないものですから^^;

他にもあったらしいのですが、買ってくださった人がいるそうで。
2冊残っていました。

161222旧刊


ちょうど30年前の発行です。1冊250円。

懐かしすぎて、その頃のことをつらつら思い出しながら帰途についたのでした。
帰ってから、あ、買ってきたらよかった(笑)




関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2016/12/22 Thu. 21:41 [edit]

category: かぎろひの大和路

TB: 0    CM: 2

22

コメント

お久しぶりです 


メグさん

こんばんは! コメントありがとうございます。

もう、昔のものは見たくないという思いのほうが強いですね(笑)

URL | かぎろひ #QyAQ.u3g | 2016/12/24 22:49 | edit

 

ええ~ 買って来なかったんですか!?
かぎろひさんらしい
(^_^ゞ

URL | メグ #- | 2016/12/24 14:22 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://kagiroi3.blog.fc2.com/tb.php/1535-4fece0b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list