05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

かぎろひNOW

悠久の奈良大和路を一歩ずつ  風景、もの、人…との出会いを楽しみながら

大宿所詣2016 

ああ、「春日若宮おん祭」も終わってしまいましたね。
「遷幸の儀」の、ゾクゾクする厳粛な雰囲気にまた浸ってみたいと思うのですが、最近は、15日の「大宿所詣」が終わるや、機関紙の編集作業にかかるものですから、なかなか行けずにおります。何しろ「大宿所詣」が紙面の最後のネタで、お正月号なものですから、あまり時間がないのです。

紙面がほぼカタチになってきましたので、このあたりでちょっとブログを更新しておきたいと思います。だいぶご無沙汰してしまいました。

機関紙の1面はこの写真で。

161215表紙

ミス奈良の3人と奈良観光大使で歌手の川井聖子さんがお正月号にふさわしい華やかさを添えてくれました。あくまでも、主役は、会長のM氏と鹿鳴人さんですが・・。
中央の青年は、チェコスロバキアからの留学生。一般公募で参加されました。
16歳の高校生。来日して8か月だそうですが、茶道など日本文化に興味をもたれているとか。


恒例の記念写真

161215記念撮影


いよいよ出発するという段になって、近鉄奈良駅あたりで爆発物騒ぎがあるということで、道路規制がかかり、お渡りのコースを大幅に縮小せざるをえないことに。何事もなくよかったのですが、とんだトバッチリでした。

いつもなら、東向商店街→東向北商店街→花芝商店街→鍋屋町でUターンして、小西通り→三条通り→もちいどの通りと歩くのですが、三条通りからすぐにもちいどのへ。


三条通りで

161215お渡り


というわけで、大宿所に到着しても、御湯立の神事が始まるまで、1時間ほどもあるという状況。
そんななか、春日大社のF禰宜さんがとっておきの話を始めてくださって。
大和士(さむらい)さんも神子(みこ)さんも表情がゆるんだのでした。

161215大宿所で

臨機応変な対応、さすがでございます!
神様に近い所にいらっしゃる方ならではのお話で、興味深く拝聴させていただきました。


御湯立の神事

161215御湯立


もちいどのセンター街さんのいつものふるまい「のっぺ汁」をいただいて

161215のっぺ


機関紙は明日、予定どおり納品できそう。もうひとがんばり。

1612新年号2


※鹿鳴人さんのブログ→

関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2016/12/18 Sun. 13:19 [edit]

category: 仕事

TB: 0    CM: 2

18

コメント

こちらこそ 

鹿鳴人さん

おん祭が終わると一気に師走感が増しますね。
コメントありがとうございます。
今回はアクシデントもあり、いろいろお疲れさまでした。

赤衣が実にお似合いで、やっぱり目立っていましたよ。
たくさんの方が撮られると、また表情や背景が違っていて、楽しいですね。

URL | かぎろひ #QyAQ.u3g | 2016/12/18 17:01 | edit

ありがとうございました 

かぎろひさん。
お世話になりました。拝読しました。
写真もたくさんお送りいただきありがとうございました。
ブログも紹介していただきありがとうございました。
かぎろひさんはじめ、知り合いからいただいた写真ばかりです。
またよろしくお願いしま~す。

URL | 鹿鳴人 #/p1nTf8Q | 2016/12/18 14:38 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://kagiroi3.blog.fc2.com/tb.php/1533-3efa50ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list