05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

かぎろひNOW

悠久の奈良大和路を一歩ずつ  風景、もの、人…との出会いを楽しみながら

季刊誌 やまとびと 

おもに中南和(奈良県)の情報を発信されているフリーペーパー『やまとびと』が届きました。

160911やまとびと

ご縁があって、『かぎろひの大和路』と相互寄贈というかたちでお世話になっています。うちのほうが発行頻度が低いのですけどね、毎号送っていただいています。

今号が届いて、あれ、これまでとなんか違う!
紙質や手触り、デザインなども、以前とはちょっと趣を異にしていて、新たな意気込みが感じられます。

同封されていたのが

160911やまとびと大学


どうやら、これまでの設置型フリーペーパーから、会員制に移行されたようですね。

新しいシリーズも始まって、内容も充実。
「古事記・いにしえの言葉の響きを体に感じて」(大小田さくら子さん)
「風景の声に耳を澄ませる」(増田隆さん)

あら、増田隆さん!

1609風景の声に

増田さんは最近、フェイスブックのお友達でもあり、1度お目にかかったこともあるのですが、それよりもずうっと以前、『かぎろひの大和路』のバックナンバー全冊のご注文をいただき、ご住所を見ると近くなので、自転車で届けに行ったことがあるのです。

普通なら忘れてしまいそうなのですが、たしか、三十八神社(京都府加茂町)の「猫の耳」という行事を検索されていて、かぎろひ誌(復刊5号「生活と風習と」)がヒットしたということ、それならその号1冊を求められたらいいのに、バックナンバー全部ください、というようなことで、とても印象に残ったのでした。ありがとうございます。

今度は逆にワタクシが検索をかけてみると、増田さんのブログを発見。「久延毘古 独言」でしたか、ね。神さびた神社や鬱蒼とした杜などが大きな写真で載せられていて、ゾクゾクするような臨場感がありました。
お礼のコメントも書いたと思うのですが、いつのまにか、ブログをやめられてしまったのですね。残念。

『やまとびと』の連載ではまたそんな雰囲気が味わえそうで、とても楽しみにしています。
初回は、廃集落の奥深い山に分け入って大塔神社の旧社地を訪ねていらっしゃいます。詳しくは『やまとびと』で。

風景の声に2


長期連載の「やまとのこころ」(岡本彰夫奈良県立大学客員教授・宇賀志屋文庫庫長)も『やまとびと』の目玉のひとつでしょう。
本当の鹿が間違えたという話があるほど巧みに鹿を描いた近世の絵師、内藤其淵(ないとうきえん)について書かれています。

旧字体を駆使しての流暢な文語体はさすが。
文語体も旧字体も好きなのですが、これってかなり編集者泣かせよね、と『やまとびと』編集部につい同情したりして^^;
ああ、致命的な校正ミスを発見するや、我がことのようにドキリとしてしまうのでした。

フリーペーパー『やまとびと』→
ウェブで読めるのですね→

関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2016/09/12 Mon. 15:33 [edit]

category: 読書

TB: 0    CM: 0

12

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://kagiroi3.blog.fc2.com/tb.php/1495-96c5fdc2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list