05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

かぎろひNOW

悠久の奈良大和路を一歩ずつ  風景、もの、人…との出会いを楽しみながら

奈良の「隠れ名所」 

先頃、『意外な歴史の謎を発見! 奈良の「隠れ名所」』(実業之日本社)という本が発行されました。

奈良の隠れ名所


2012年10月から2015年3月まで、毎週土曜日、産経新聞に連載された「なら再発見」の中から選ばれた72編が収録されています。
著者は、奈良検定(→)の最上級「奈良まほろばソムリエ」資格をもつ12人。


産経新聞で連載中、楽しみに読んでいました。終了したときは、残念に思ったので、こんな形で手元に置いておけるのはうれしい限り。そのうちに入手しようと思っていたところ、オトモダチのソムリエさんから贈られてしまいました。ありがとうございます。


本のカバーや帯で謳っているフレーズから、この本の趣旨が一目瞭然。
いわく、
ガイドブックには絶対のらないネタが満載! 
観光客は知らない隠れた名所
地元の人も知らない意外な真実
“まほろば”奈良の歴史と文化を再発見!



どの記事も現地で丁寧に取材調査されていて、臨場感と説得力があります。読みやすくまとめられ、また新書版(じっぴコンパクト新書)という手軽さがいいですね。
ワタクシ、先日の実家日帰りの行き帰り、電車の中で読みました。


では、目次をご紹介しますね。奈良県を五つの地域に分けて

第一章

第二章

第三章

第四章

第五章


読めば、現地へ行きたくなり、奈良好き度がアップすること、うけあい。
第2弾も、期待しています。


30数年前、ワタクシの関わる『かぎろひの大和路』がスタートしたのは、書店に並ぶいわゆる観光ガイド本にもの足りなさを感じたのが原点。ならば、自分たちで見つけて、書いて、発信しよう、てなわけでした。若かった~(笑)

あの頃、こんな本があったら、『かぎろひの大和路』は出ていなかったかも。


※意外な歴史の謎を発見! 奈良の「隠れ名所」
実業の日本社 発行
奈良まほろばソムリエの会 著
執筆者(敬称略)
石田一雄、大山恵功、小北博孝、雑賀耕三郎、鈴木浩、辰馬真知子、田原敏明、露木基勝、鉄田憲男、西川誠、藤村清彦、安井永
900円+税

この本に関わられた方のブログをご参照ください。
tetsudaブログ「どっぷり!奈良漬」→
鹿鳴人のつぶやき→

関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2016/08/23 Tue. 06:20 [edit]

category: 読書

TB: 0    CM: 0

23

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://kagiroi3.blog.fc2.com/tb.php/1483-3d5364b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list