03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

かぎろひNOW

悠久の奈良大和路を一歩ずつ  風景、もの、人…との出会いを楽しみながら

「かぎろひの大和路」バックナンバー 

豊住書店さんから、「バックナンバーもうないで。持ってきて」という電話が入り、7月1日補充してきました。
お求めいただきました皆様、どうもありがとうございます。

160701豊住書店


豊住書店さんには、バックナンバーを全冊置いていただいています。

もちろん私どもで在庫切れしているのも多いのですが、豊住さんでは現在、下記の号をお求めいただけます。
 7号 唐招提寺
 9号 東大寺 その1 創建前後と大仏造立
10号 秋篠、押熊の里(秋篠寺、神功皇后陵、蛙股池)
11号 女人高野室生寺
14号 西大寺から菅原の里
15号 大神神社と山の辺の道
16号 東大寺転害門から般若寺
17号 天武の皇子たち(2) 忍壁皇子とその弟妹
18号 郡山城跡と城下町 弥生時代から近世まで
19号 平群 古代豪族の跡を辿る
21号 元興寺界隈 ならまち①
22号 唐古・鍵遺跡と三古社(田原本①)
23号 飛鳥めぐり② 桧隈の里
24号 山の辺の道② 柳本古墳支群
25号 五條① 歴史の交差点
26号 秋篠川 西岸に甍連ねる巨刹
27号 葛城の道② 伝承と史実のはざま
28号 三輪山と纏向遺跡 卑弥呼をたずねて
29号 太子道がつなぐ磯城の里(川西、三宅、田原本)
30号 行基と忍性が眠る里 生駒大社、竹林寺から暗峠(南生駒)
31号 影姫が行く山の辺の道 大和王権発祥と和爾氏
32号 忍海、新庄(葛城市) 古代葛城氏の余燼と漂う近世城下町風情


バックナンバーといえば、奈良市観光センターにも置いていただいているのですが。。。
最近、買おうとしたらなかったという電話がよくかかるのです。そのうちの1人は「また入りますか?」と聞いたら「予定はありません」という応対だったんですって!

まあ、放ったらかしにしているこちらもこちらですが、書店だったら注文してこられるんですけどね。

というわけで、豊住さんから奈良市観光センターへ。
す、すいません、奈良市観光センターにバックナンバーありますと謳っているのに、ほとんどなくなっていました^^;  業務怠慢やねm(_ _)m
とりあえず、用意していった29号と30号は補充してきました。
近々、他の号も入れてきますね。

どうぞよろしくお願いします。

関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2016/07/02 Sat. 16:03 [edit]

category: かぎろひの大和路

TB: 0    CM: 0

02

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://kagiroi3.blog.fc2.com/tb.php/1458-95f4ae0b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list