07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

かぎろひNOW

悠久の奈良大和路を一歩ずつ  風景、もの、人…との出会いを楽しみながら

首都圏シンポジウム「桜とともに生きる~吉野・生命と再生の聖地~」 

昨日(16日)、鹿鳴人さん(→)とお話する機会に恵まれまして、この話題になりました。
鹿鳴人さんはいいタイミングで出張があるとのことで、上京されるそうですよ。いいなあ。あっ、お忍びだったらごめんなさーい。


遅れましたが、ワタクシもご紹介しなければ。残念ながら、ワタクシは叶いませんが、首都圏の皆様に。そして、娘よ、ハハは行ってほしいぞ~

首都圏シンポジウム「桜とともに生きる~吉野・生命と再生の聖地~」

首都圏シンポジウム
(写真は奈良県のHPからお借りしました)

○内 容
[第1部] オープニング 法螺貝演奏と朗読
     映像「吉野への誘い」/岡本彰夫作『奥大和は日本の「床の間」』
[第2部] 講 話
  ・「過去、現在、未来、祈りの道」 櫻本坊 住職 巽 良仁
     ・「桜色に染まる想い」 如意輪寺 副住職 加島 裕和
[第3部] 映像上映 「映像詩・桜とともに生きる」
[第4部] 座談会 「吉野・生命と再生の聖地」
    ・岡本 彰夫(奈良県立大学客員教授)
     ・巽 良仁(大峯山護持院 櫻本坊 住職)
    ・加島 裕和(浄土宗如意輪寺 副住職)
    ・保山 耕一(映像作家)

開催日時: 2016年6月17日
(開場17時30分 / 開演18時 (終演21時頃予定)

場所:虎ノ門ヒルズ 5F メインホール (東京都港区虎ノ門1-23-3 虎ノ門ヒルズ森タワー5階)

参加費:無料(申し込みが必要)

定員720名(先着順)
E-mail・はがき・FAXにて、郵便番号・住所・氏名・電話番号・申込人数(ご自身含む、最大3名まで)を明記の上、下記事務局へお申し込み下さい。

申 込 先:  奈良県首都圏シンポジウム運営事務局 宛
         〒150-0011 東京都渋谷区東3-15-6 百百代ビル2F
          E-mail: sympo@welcome-nara.jp
          F A X: 03-6418-4735
         
※申込代表者の郵便番号・住所・氏名・電話番号、申込人数(ご自身含む、最大3名まで)を明記のこと


詳しいことは奈良県のHPで→


※映像作家、保山耕一さんの「時の雫」より「吉野山の桜」

関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2016/05/17 Tue. 14:56 [edit]

category: 催し物案内

TB: 0    CM: 2

17

コメント

楽しみにしております 

鹿鳴人さん

こんにちは! コメントありがとうございます。
昨日はこちらこそお世話になりました。

東京行きのスケジュールが合って、ほんとうによかったですね。うらやまし~
ご報告を楽しみにしております。

URL | かぎろひ #QyAQ.u3g | 2016/05/17 16:44 | edit

こんにちは 

昨日はお世話になりました。
東京行きは、スケジュールがうまく都合がついて楽しみにしてます。また報告します。

URL | 鹿鳴人 #/p1nTf8Q | 2016/05/17 16:02 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://kagiroi3.blog.fc2.com/tb.php/1436-05b513e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list