03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

かぎろひNOW

悠久の奈良大和路を一歩ずつ  風景、もの、人…との出会いを楽しみながら

特別展 信貴山縁起絵巻 

奈良国立博物館で、特別展「国宝 信貴山縁起絵巻―朝護孫子寺と毘沙門天王信仰の至宝―」が4月9日から始まりました(5月22日まで)。

160412奈良博


4月12日に行ってまいりました。

その前に、「信貴山縁起絵巻」で、思い出すことが2つ。私事ですが、喋りたい(笑)

その1
信貴山の縁起絵巻を観て二日(Kさんの句集『まゆごもり』から)

その2
はちでたぶ


その1は、それぞれで味わっていただくとしまして、その2は、数か月前の天使(孫)の言葉。
「はちでたぶ」(と聞こえる)を何度も楽しそうに、歌うように繰り返す天使。
な、なんと? うーむ、なんやろ。楽しさを分かち合いたい~。言葉の謎を解くまで、10分ほど悩みましたよ。

「はちがとぶ」だったのです。ぶんぶんぶん、はちがとぶ。

というわけで、↓をこれを見るたびに、頬がゆるむというわけでして。「はち」違いですが(笑)

160412鉢が飛ぶ


あ、すみません、話がずいぶんそれてしまいました。

とにかく楽しい絵巻です。動きがあって、人々の表情がいきいきとしていて、吸い込まれます。
アニメーションのようなおもしろさがふんだん。

奈良の鹿も登場していますよ。
犬や猫もね。

絵巻のストーリーや出陳品などは奈良国立博物館のサイトでどうぞ→


信貴山縁起絵巻全三巻が全場面全期間公開というのは史上初だそうですが、粉河寺縁起絵巻(国宝)の全巻出陳も初めてとか。
これは半期で巻き替えがありますのでご注意ください。


今回は、解説を聞きながらのぜいたくな鑑賞会に参加したのですが、じっくりは見ていないので、もう一度行きたいと思います。
図録もほしい。


ご参照ください。
奈良倶楽部通信PART:Ⅱ→


関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2016/04/13 Wed. 23:44 [edit]

category: 奈良国立博物館

TB: 0    CM: 0

13

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://kagiroi3.blog.fc2.com/tb.php/1418-16d84a4c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list