05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

かぎろひNOW

悠久の奈良大和路を一歩ずつ  風景、もの、人…との出会いを楽しみながら

船倉弁天神社のおんだ祭 

高取町丹生谷、弁天山(310m)の山頂に鎮座する船倉弁天神社では毎年4月の第一日曜日に春の大祭「おんだ祭」が行われています。
今年は4月3日。昨年お知り合いになった、地元の、大和の和尚さんからご案内をいただき行ってまいりました(↓クリックで大きくなります)。



船倉弁天神社地図


こんな山中に鎮座




1人でも行くぞ、と思っていたのですが、いやはや初めての山中とあっては、やはり心細いではありませんか。
結構ふられたのですが、ふたを開けてみるとなんと、ワタクシにとって山歩きのリーダー・リンネさん、隊長・なむさいじょうさん(略して、なむ隊長)、と同行できるという、願ってもないぜいたくさ、なのでした。そして、学生時代の友人Fさんが神戸から。

仲間を得て不安なし。雨の予報もくつがえって♪


近鉄吉野線葛駅から歩き始めました。

160403弁天山へ


下界では、ほんまにお祭りがあるの? という感じでしたが、山に入ると

160403弁天山へ3


みずみずしい新緑に浄化される気分

160403新緑


鳥居を過ぎる頃から、山道は細く、勾配はきつく

160403神社へ

かなり息が上がりました。もうちょっと続いていたら、へばっていたかも。


拝殿

160403拝殿


今年はことに参拝者が多かったのだそうです。

160403拝殿前2


神事が始まりました。

160403神事2


代表者の玉串奉奠が続いた後

160403玉串奉奠

それでは、女性の方お一人代表でどうぞ。前にいらっしゃる方、どうぞ。

えっ、わ、わたくし!?

ありがたくお参りさせていただきたかったのですが、なにしろ、く、靴が…。お気に入りの快適シューズ(モンベルでゲットしたASOLO)なのですが、ひもをしっかり締めあげてきたこともあり、簡単には、ぬ、脱げない^^;

160403くつ

指名されてお断りするのも、ほんとうに失礼だったのですが、近くのご婦人に代わっていただきました。
こんな機会はまたとありませんのでね、かえすがえすも残念。


それから、いよいよおんだ祭。

牛男さんのかぶるお面と服装

160403牛男


田を耕し

160403おんだまつり


早苗を植え

160403早乙女


女性の方どうぞ~。
写真を撮っていると、「カメラお預かりしますので、どうぞ」と声をかけていただき、えへ、ワタクシも参加。


神様に見守られ、氏子さんも、よそ者も、そこにいる人はみんな一緒に参加しているような、素朴なお祭りでした。

それから、護摩木を焚いて祈願

160403護摩木


般若心経を全員で唱和し

160403般若心経


お神酒もいただき

160403お神酒

お祭りは終了しました。

大和の和尚さん、リンネさん、なむ隊長、Fさん、地元の皆様、お世話になりました。
ありがとうございました。


樹木越しに金剛・葛城のお山が見えました。

160403金剛葛城


下山は市尾駅方面へ

0403道標

1604003下山


弁天山に名残をおしみながら

160403弁天山



里の入口で迎えてくれた桜の木と、撮影されるなむ隊長

160403なむさん


お弁当は山中で済ませていたのですが、この時点でまだ13時前。
これで帰るわけにはいきませーん。
とはいえ、まさか、それから高取山(584m)へ登ることになろうとは想定外でした。
続きは改めまして。

リンネさんのブログ「~なら探訪~」→
なむさいじょうさんの「ちょっと奈良まで行ってきます2」→

関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2016/04/05 Tue. 22:52 [edit]

category:

TB: 0    CM: 8

05

コメント

お疲れさまでした 

なむ隊長ゞ

こんばんは!
先日はお越しくださり、ありがとうございました。観音様に感謝です(笑)
今日は、雨中の歴史探訪で、白雪さんと、なむさんの話をしましたよ。風邪ではありませんので(笑)

「新日本紀行」のテーマ曲を思い出すだけで、山里ののどかな風景が広がります。

>看板が珍しくて撮ってますね。
あら、そうでしたか。確かに珍しい看板ですね。

URL | かぎろひ #QyAQ.u3g | 2016/04/07 21:12 | edit

 

楽しく、貴重な体験をさせていただきました。
行くことができて、本当に良かったです。
ありがとうございました。

「新日本紀行」のテーマ曲をBGMに、お祭りを回想しています。(笑)

最後の写真に写っているおっさんは、鉄砲の絵といっしょに「発砲に注意」と書かれた看板が珍しくて撮ってますね。

URL | なむさいじょう #ooZtpPpw | 2016/04/06 22:51 | edit

想定外、楽しからずや 

リンネさん

こんばんは! お世話になりました。
いやいや、今回は彼女が行きたいって言い出したからのハシゴですよね。おつきあいいただき、こちらこそありがとうございました。

結構ペースが速くて、私は必死についていきました。
でも翌日、筋肉痛は起こりませんでしたよ。彼女は足が痛くなったそうで、ちょっと安心しました(笑)

これからもよろしくお願いします。

URL | かぎろひ #QyAQ.u3g | 2016/04/06 22:09 | edit

お疲れ様でした 

こんばんは
まさか まさかの山歩きになり申し訳ありませんでした。
桜もたくさん見れたしご勘弁を (笑)

また、宜しくお願い致します。

URL | リンネ #- | 2016/04/06 21:38 | edit

お世話になりました 

大和の和尚さん

こんばんは!
貴重なお祭りに立ち合うことができ、今も清々しい余韻を味わっております。
大和の和尚さんは、氏子総代でいらしたんですね。
お疲れさまでした。

市尾へ至る道も、きれいに整えてくださっていてありがとうございました。
丹生谷から登るときに、ご婦人方が準備されているところを通りました。
はい、この次はこちらへ下山しまーす(笑)

『かぎろひの大和路』誌上での高取特集は未定ですが、そのときはぜひともよろしくお願いします。また、お訪ねさせてください。

URL | かぎろひ #QyAQ.u3g | 2016/04/06 21:24 | edit

参拝ありがとうございました 

こんばんは。大和の和尚です。
遠方より船倉弁天神社に参拝頂きありがとうございました。
無事、市尾方面へ下山されたようで・・・。

次回は逆コースで丹生谷方面へ下山下さい。
こちらに降りて頂くと奥山で豚汁やおにぎり等のお接待があります。
(お酒もありますよ~)

また、この奥山から大淀へ抜ける道があり、全国的に有名な「大和の清九郎」の墓があります。このコースも森林浴が楽しめる山道です。

今後「かぎろひの大和路」に高取の特集が掲載される事に期待しております。
また、高取にお越し下さい。隅々までご案内させて頂きます。

URL | 大和の和尚 #1B17l5wo | 2016/04/06 20:07 | edit

またの機会にぜひ 

らんちゃん

こんにちは。コメントありがとうございます。
久しぶりに、なむ隊長様の登場で、以前のハイキングを思い出しましたよ。
二月堂の観音様のおかげです(笑)
やっぱり仲間がいると楽しいですね!

また、ぜひご一緒しましょう~

魚ん棚で「風の森」ですか。
こちらも久々に行ってみたいなあ。18きっぷの旅もご無沙汰しています。今春も無理やった~

URL | かぎろひ #QyAQ.u3g | 2016/04/06 13:41 | edit

楽しそう~ 

返す返すも。。残念。
みなさんでの登山とおんだ祭が
楽しそうすぎます。
しかも靴・・・・で笑ってしまいました(笑)

報告です。
明石の魚ん棚市場で「風の森」を飲めることに\(^o^)/
とっても美味しかったです♪
ありがとうございます。
おんだ祭と風の森、比べようがない4月3日でした^^;

URL | らん #qKuIJ8qA | 2016/04/06 11:56 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://kagiroi3.blog.fc2.com/tb.php/1413-68566424
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list