03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

かぎろひNOW

悠久の奈良大和路を一歩ずつ  風景、もの、人…との出会いを楽しみながら

鎧岳~曽爾高原ハイキング 

東京在勤の娘は登山にはまっている。
週末ともなると、関東圏の山々に登っている様子。先日などはついに北アルプスデビューしたとかで、親としては少々心配なくらい。

先日の連休に奈良へ帰ったとき(あ、ワタクシの誕生日会のため)、「鎧岳(よろいだけ)登りたいなー。いい形なんだよ」。
もちろん、ワタクシはふたつ返事でOK。
娘はたぶん、鎧岳~兜岳(かぶとだけ)を縦走したかったと思うのだけれど「お母さん、曽爾(そに)高原行きたいやろ。鎧岳に登ってから曽爾高原へ行こう」


近鉄電車の「曽爾高原すすき散策きっぷ」(9月1日~11月30日)を使うことに。
かなりオトクのうえに、わーい、ビール付き(曽爾高原ファーム)や!
ハイキングの後のビールはおいしかろうね~♪

15.9.22すすききっぷ


9月22日朝7時55分、名張(なばり)駅発「太良路(たろうじ)経由 山粕(やまかす)西」行きバスに乗車。
曽爾高原行きの始発は9時35分だけれど、我々の目的はまず鎧岳なのでね。

バスに揺られて約40分、太良路下車。
目の前にそびえる鎧岳。

15.9.22鎧岳


頂上まで、つづら折りの山道だった。

15.9.22登山


暗くはないが、ひたすら樹林。見晴らしがきかない。
名も知らぬ小さな花や、こんな丸太↓に癒されながら。

15.9.22丸太


ついに頂上~
15.9.22山頂


ずっと向こうに見えるのが曽爾高原らしい。

15.9.22山頂2


らしい、というのも、なにせ曽爾高原って初めてなものだから^^;
曽爾村へ着いたら、高原が広がっているのだと想像していたのに、ずいぶん山の上にあるのね。
なぬ、これは下山してからまた登山って感じやん。予定より時間かかりそう。ここでちょっと不安がよぎる・・。

鎧岳の頂上でお昼にしようと思っていたのだが、まだ11時だったのと展望がいまいちなので、下山する。
こちらの道のほうが変化に富んでいた。

15.9.22下山

金強(きんつわ)神社、露出する岩肌、ヒダリマキガヤ群生地というのもあったな(よくわからなかったけど^^;)。

山道をぬけた後、目の前に広がる風景がすばらしくて。
「日本で最も美しい村」宣言も納得。心も美しくなりそう。

お寺(豊寿山 長性寺)の境内をお借りしてお弁当を開く。
ここからの風景がまた素敵~

15.9.22お寺

向かい合う山の、目の高さに曽爾高原。美しい村の風景が一望。
目の前におはしますのは、おお、十一面観音さま!

15.9.22十一面観音


今来た道を振り返ると

15.9.22鎧岳2


うわ、あの山に登ったんだと思うと、感激ひとしお。
でも、そうゆっくりしていられない、曽爾高原へ行かなければ、ビールを飲まなくては(笑)

15.9.22曽爾高原へ


吊り橋(かずらはし)を渡る頃にはもうこんな時間!

15.9.22時計

↑後ろは、ヤッホ、我らが鎧岳~

曽爾高原へはひたすら上り、上り。まさかの思い違いやわ。
途中で振り返っては、「兜岳も見えてきたよ!」と大はしゃぎ^^;

15.9.22兜岳2


歩く人は誰もいなかったのに、曽爾高原ファームガーデンに着くと、大賑わいでビックリ。
車、車、人、人。

15.9.22曽爾ファームガーデン

しかーし、まだビールはお預け。ともかく、曽爾高原、曽爾高原。
ファームから高原までも30分以上はかかったかな。
車と同じ道だったら歩く気力をなくしていたかもだけれど、ちゃんとハイキング道が。

15.9.22曽爾高原へ2



ようやく曽爾高原!

15.9.22曽爾高原


しかし、もう上のほうまでハイキングしている時間があろうはずもなく、ちょっとだけぐるっと散策して
やっぱり山並みに感動している母娘(笑)

15.9.22山並み


高原も人がいっぱい。
なんとここで、娘は学生時代の友人と鉢合わせの奇跡。
東京在住の娘と、友人は和歌山市内からだと言う。娘は彼女のことを考えていたらしくて、大感激。こんなこともあるんやね。そばでハハも目を丸くしたのだった。
赤目四十八滝にある「日本サンショウウオセンター」へ行ったついでに曽爾高原へ立ち寄ったというのが、何だかおかしくて、娘の友人らしいと思ったことだった。


ついに、ファームガーデンまで下る時間がなくなり、曽爾高原からバスに乗車するはめに。
ああ、ワタクシのビールが~(^^)/~~~


曽爾村、素敵です。
この次、また曽爾の山に登ろうねと約束して、娘は夜行バスで帰っていった。
まっすく帰京したのではなく、翌日は1人で信州の山に登ったもよう。おいおい、1人はやめてくれ。


鎧岳の位置




曽爾村→
曽爾村観光協会→
曽爾高原すすき散策きっぷ→


関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2015/09/28 Mon. 19:14 [edit]

category:

TB: 0    CM: 6

28

コメント

 

なむ隊長ゞ

曽爾の山々は火山のなせるワザ? 奇峰が多くて目を奪われます。
ビールジョッキに見えるとは、なむさん、最近は(酒蔵カフェの後?)お酒に親しまれているのでは(笑)
曽爾高原も初めてだったのですが、これまで見てきた写真は高原そのものだけだったので、鎧岳から見た景観にビックリしました。山の上にぽっかり口をあけた、まるで火口のような形でした。

また曽爾村へ行きたくてたまりません。十一面さんにも再会したい。やさしい表情でした。

URL | かぎろひ #QyAQ.u3g | 2015/09/30 11:48 | edit

一度登ってみたい! 

インパクトのある山の形ですよね。
喉が渇いていたら、ビールジョッキに見えるかも。(笑)

十一面観音さん、錫杖を持ってはるようですから、長谷寺式ですね。
偶然の再会は観音さんのお導きがあったのかも。

それにしても、娘さんの体力はスゴイ!
うらやましいです。

URL | なむさいじょう #ooZtpPpw | 2015/09/29 23:18 | edit

 

マーキーさん

おはようございます。
榛原駅からもバスはあるようですが、今回は名張駅から乗りました。
お得切符のはずだったんですが、特急を利用したので、榛原からのほうがよかったかも。ビールも飲めなかったし(笑)

曽爾高原は私も初めてでしたが、堪能できなかったので、今度は第一目的で行こうと思っています。

URL | かぎろひ #QyAQ.u3g | 2015/09/29 07:56 | edit

 

リンネさん

おはようございます。
あの鎧岳に登ったというのはとても嬉しいのですが、頂上からの展望がいまいちでちょっと残念でした。といっても、わざわざ木を伐採するのもいけませんし。兜岳もよく似た感じなのでしょうか。

曽爾高原は心残りがいっぱいなので、また行ってみたいと思っています。

URL | かぎろひ #QyAQ.u3g | 2015/09/29 07:50 | edit

お疲れさまでした 

親子でハイキングお疲れさまでした。

榛原駅から違うルートでハイキングできちゃうんですね(^^)

曽禰のすすき見たことないんですよ。
なんか行ってみたくなりました(^^)

URL | マーキー #9enIUaYc | 2015/09/29 07:21 | edit

 

こんばんは
山歩きお疲れ様です。

これからの季節、曽爾高原のすすきが綺麗ですね。
夕日に輝く曽爾高原のすすきが素晴らしいです。

兜岳と鎧岳は、何度か登りましたが記事を読んでまた、登りたくなりました。

URL | リンネ #- | 2015/09/28 21:28 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://kagiroi3.blog.fc2.com/tb.php/1334-f03b5d2b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list