03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

かぎろひNOW

悠久の奈良大和路を一歩ずつ  風景、もの、人…との出会いを楽しみながら

白鳳展 

奈良国立博物館で、開館120年記念特別展「白鳳ー花ひらく仏教美術」が開催中です(9月23日まで)

15.7白鳳展2


7月下旬に鑑賞。図録もゲット

白鳳展図録


白鳳時代の代表作が、よくぞここまでというほどに集められていて驚き、堪能したのに、ブログアップが遅くなりました。



高校時代に使った「日本史」の教科書が手元にあります。何度かの引っ越しをもかいくぐり、ン十年(笑)

日本史教科書

↑中央がそれで、おなじみ、山川出版社のもの。後ろは、娘らが中学や高校のときに使った副教本。もう要らない、と処分に出していた本の中からハハがすくい上げ~


「図説日本史」を開いてみると

白鳳文化


このなかで、白鳳文化の代表として載せられている、ほとんどが、現在、奈良国立博物館に結集しているといっても過言ではありません。

薬師寺東塔の水煙。
図録表紙にも使われていますが、以前、薬師寺で開催された「水煙降臨展」で拝観、写真もOKでしたのでこちらをどうぞ。→


薬師寺の金堂から月光菩薩さん、東院堂から聖観音さん、がそろってお出まし(以下の写真は全て今回の図録から)。
後背がはずされた状態で展示室の中央部にお立ちなのです。横から、後ろから、360度ぐるりと目の前で拝観可能のというのがスゴイ。お寺ではゼッタイ無理ですからね。

白鳳展 月光


白鳳展聖観音


法隆寺の阿弥陀三尊像(伝橘夫人念持仏)にいたっては、厨子、三尊像、台座の蓮池、後屏などをバラバラにして展示。
ばちが当たらないか、と思わず心配になるくらい。
目の前でじ~っ・・・・、ため息・・・

白鳳展 法隆寺


白鳳時代の代表作が今後、これほどまでに揃うことってあり得ないのではないか、とさえ思われる展覧会。
空前絶後と言っても大袈裟ではないでしょう。

個人的には、地光寺出土の鬼面文軒丸瓦に出合えたのが思いがけないできごとでした。→

もう一度、行くぞ!

開館120年記念特別展「白鳳ー花ひらく仏教美術」は9月23日まで。
本日8月18日から、興福寺のあの「仏頭」がお目見えです(8月27日まで)。

詳細は奈良国立博物館のサイトで→

ブログ友達の報告もご参考に
ちょっと奈良まで行ってきます→
鹿鳴人のつぶやき→
関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2015/08/18 Tue. 07:58 [edit]

category: 奈良国立博物館

TB: 0    CM: 4

18

コメント

白鳳展 

鹿鳴人さん

おはようございます。
コメントありがとうございます。

白鳳展、ほんとうにすばらしいですね。
昨日は御所の現地説明会へ行ったのですが、そこでもそんな話になりました。東京にいる娘も白鳳展を見るために(ついでかも)帰ってくるとか。そのときまた一緒に行こうかなと思っています。

URL | かぎろひ #QyAQ.u3g | 2015/08/24 06:18 | edit

ありがとうございます 

鹿鳴人のつぶやき、ご紹介ありがとうございます。おかげでたくさんの方のアクセスが増えています。山川出版社の教科書なつかしいですね。
わたしも白鳳展もういちど行きたいと思っています。ではまた。

URL | 鹿鳴人 #/p1nTf8Q | 2015/08/24 00:39 | edit

すばらしい~ 

なむ隊長ゞ

おはようございます。
コメントありがとうございます。

小中高生向けチラシ、拝見しました。
はい、同感です。よくできていますよねぇ。娘が小学生の頃、奈良博主催の「親と子の文化財教室」に通っていた時期があるのですが、とてもわかりやすくて、親のほうが熱心だったのを思い出しました。
子ども向け、実は大人向け(笑)

白鳳展、タイトルそのものがわかりやすくてすばらしいですよね。開館100年記念のときは「日本仏教美術名宝展」で、やや抽象的だったのと比べても、これからもっと人気が出そうです。

URL | かぎろひ #QyAQ.u3g | 2015/08/19 08:14 | edit

リンクありがとうございます 

小中高校生向け(?)のチラシがとても分かりやすくて素晴らしいです。
奈良博のHPからD/Lできます。
  http://www.narahaku.go.jp/exhibition/2015toku/hakuhou/hakuhou_manga.pdf

山陰地方など地方の廃寺からの出土品や仏像も、ワタクシ、かなり注目しました。
韓国からも仏像がお出ましになっているのも。

とにかく、見どころ満載ですね。
たしかに一度だけの観覧では不十分かも知れませんね。

URL | なむさいじょう #ooZtpPpw | 2015/08/18 21:56 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://kagiroi3.blog.fc2.com/tb.php/1316-2e77f64e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list