03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

かぎろひNOW

悠久の奈良大和路を一歩ずつ  風景、もの、人…との出会いを楽しみながら

残暑お見舞い申し上げます 

皆様、お盆をいかがお過ごしですか。

ワタクシはちょこっと高野山麓の実家へ墓参りに帰郷しましたが、両親がいなくなると何ともさみしくていけませんな。
子どもたちが小さい頃は、集合する人数もかなり膨れ上がり、ご先祖様とともに賑やかに過ごしたものですが・・・
時の流れをまざまざと実感。
ご先祖様には、お盆行事の怠慢を詫びて、1泊で引き揚げてきたのでした^^;


ここ数日、あちこちから贈り物が届いて、ご縁をかみしめています。

本日、吉野のKさんから届いた新鮮卵。

15.8.15卵

よく贈ってくださるのですが、新鮮でほんとうにおいしい卵です。
娘におすそ分け~(↑左下)
以前のブログ記事→


『かぎろひの大和路』を旧刊から読んでくださっている読者のなかには、もう旧友のような存在の方も。
33年前の創刊ですから、ほんとうに奇跡的なつながりと言えるかもしれません。
何度かお会いしていることもあり、たしかにもう友人感覚なのです。

そんな方々からも季節のご挨拶が届いて

yoshyさんからは、大好物の白鎌かまぼこ。
おっと、撮り忘れてしまったので、以前の記事を→

震災を乗り越えられ、種類もずいぶん増えているようです。
触感、風味ともに絶品。


yoshyさん同様バロックおじさんも、お互い独身だった、若い頃からのご縁。
モーツァルトのピアノ協奏曲全曲のプレゼントに、わぉ。

15.8CD

写真ありませんが、おいしいお酒のアテも頂戴しました。


秦恒平さんの「湖の本」『生きたかりしに』(上)(中)(下)を贈ってくださった円亀山人さんは、いつも貴重な情報をくださる方で、「かぎろひ掲示板」でもお馴染み。

15.生きたかりしに

目次には「名柄の里」「大和路」「岩橋」・・とあり、興味津々。
上田秋成論を絡ませた長編私小説のようです。まだ読めていないのですが^^;

そうそう、以前、どう間違えられたのか、秦恒平さんへのお便りを、「かぎろひ掲示板」に書き込まれた方がいらっしゃって、いち早く円亀山人さんからご一報あり、それを秦氏にご連絡すると、作家ご本人さんから丁重なメールが届いたこともありました。


Wさんからはお酒が。岐阜県多治見市の蔵のようです。

15.三千櫻

自分はさほど主張せず、お料理を引き立たせるような味わいでした。
いつもワタクシが飲んでいるのとはちょっと違う新鮮さ。

皆様、どうもありがとうございました。


ワタクシのほうからお贈りするのは、奈良のお酒か、三輪そうめん。
あっ、甘党の方にはこの時期はちょっと避けております。

三輪そうめんは奈良を代表する逸品ですが、各地にファンがいらっしゃるのを確認するのもこんなときです。

バロックおじさん
家族そろって好物のそうめん、今夜にも頂くつもりでおります。
・・・
もう28年前になりますが、高野山の宿坊に泊まったとき、
同じ夏とは思えない冷気に驚いたものでした。壇上伽藍の大塔についた
風鐸が奏でる音が子守歌になっていました。
裸電球一つの部屋でテレビも無し。しかし精進料理は絶品。
今の宿坊はどんな感じなのでしょう。
夕食後に入った喫茶店で流れていたABBAの曲が妙に沁みたのでした。



yoshyさん
特にKさんにも何よりの好物で、この時期、食欲の落ちたときは素麺が水分補給にも効果があるので本当にありがたいです。


↑文中のKさんというのは、同居されている100歳の方


Wさん
お素麺は大好きなのでうれしいです。近所のスーパーには意外と三輪そうめんの取り扱いがなく、揖保の糸とか島原そうめんが多いので貴重です!



おもにワタクシが使わせていただくのは
奈良県三輪素麺工業協同組合→
三輪そうめん山本→

通販もされていますので、ご利用ください。
関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2015/08/15 Sat. 14:56 [edit]

category: こんな品

TB: 0    CM: 0

15

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://kagiroi3.blog.fc2.com/tb.php/1315-f1277099
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list