09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

かぎろひNOW

悠久の奈良大和路を一歩ずつ  風景、もの、人…との出会いを楽しみながら

脇田神社の夏まつり 

7月24日、忍海の地蔵まつり(→)終了後は、脇田(わきだ)神社(天満宮)へ向かいました。

実はこの日の、いちばんの目的はここだったのです。




この日をさかのぼること1週間、7月17日に笛吹神社(葛木坐火雷かつらきにいますほのいかづち神社)で夏越祭が行われました。

ポスター


笛吹神社は、旧忍海郡14か村の総鎮守社で毎年、夏越祭には各氏子地区から十二振りのススキ提灯が奉納されます。
今年はワタクシも行ってみようと、楽しみにしていました。

十二振り提灯というのはまだ見たことがないのです。
以前、お祭りを取材したことがある鴨都波(かもつば)神社(→ )、葛城一言主(かつらぎひとことぬし)神社は十振りでしたのでね。
興味津々で、その日を待っていたのですが、なんと、台風11号が接近、朝から雨。

神社に問い合わせてみたところ、お祭りはやりますが、提灯奉納はない可能性が高いとのこと。
先日、お訪ねしたときに写真許可もいただいていたのですが、うーん、提灯がなければ・・・(>_<)
ということで断念。

どこかで十二振り提灯が見られないものかと調べていたら、7月24日脇田神社夏まつりがヒットしたというわけなんです。


終わるのが夜の9時頃になりそうなので、夜道でも歩きやすいルートを確認しながら、提灯が組み立てられるという公民館前へ。

田んぼの緑が夕日を受けて輝き

15.7.24田んぼ


東を向くと畝傍山

15.7.24畝傍山を


あっ、虹!

15.7.24虹


19時頃から、提灯の組み立てが始まりました。

15.7.24脇田神社


15.7.24脇田神社2


ろうそくの灯が入り

15.7.24脇田神社3


完成~。屋根より高い!

この頃、空はピンク色に染まり

15.7.24脇田神社4


月も出て

15.7.24脇田神社 月

お酒がふるまわれ、
あっ、ワタクシも頂戴し、すっかり仲間入りした気分になって。

さあ、出発~

15.7.24 脇田神社 出発


途中、何度か立ち止まって伊勢音頭が歌われ

15.7.24脇田神社へ


細い坂道を提灯が行くと、家々から人が出て、その数を増やしながら神社へ。

15.7.24神社で

笛吹神社の宮司さんによる祈祷やお祓いがあり、人々は手を合わせていました。

まさに、集落の人による、集落の人のための、素朴なお祭りといった感じで、お祭り本来のかたちを見たように思いました。
たぶん、よそ者はワタクシだけ、だったかも。でも、ウェルカムな雰囲気で、皆さんとても親切。ありがとうございました。
関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2015/08/02 Sun. 08:18 [edit]

category: 葛城市

TB: 0    CM: 0

02

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://kagiroi3.blog.fc2.com/tb.php/1311-7097e19c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list