09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

かぎろひNOW

悠久の奈良大和路を一歩ずつ  風景、もの、人…との出会いを楽しみながら

佐保川の夜桜 2013.4.5 

予報どおり、雨になりましたね。

今宵が見納めかなあと、昨夜ちょっと一杯ひっかけてから(^^;)、佐保川沿いへと1人さみしく、夜桜見物としゃれ込みました。

夜の風情はまた格別~




水にうつる姿もあでやか




←桜トンネル。

うーむ。提灯が、風情を損ねているような。



西側一帯のあんどんは心によりそう感じがします。



木、和紙、ろうそく、墨、といった自然ものだから、あんどんは、桜の花ともしっくり溶け合うのかなあ。


などと、つらつら思いながら、川路桜の所に来て、ハッ。



川路桜は泰然として、提灯がぶら下がっていようと、その魅力は何ら変わらなかったのです。

「こらこら、細かいことを言うな。桜の下でみんなが笑顔になる、それだけで十分ではないか」と言われたような気がしました。


川路桜樹齢150年とか160年とか、大ざっぱに言っていますが、これはちょっと失礼では。
いったい何歳におなりなのでしょうか。


52段の所にある「植櫻楓之碑」(クリックで拡大)。




これが建てられたのが嘉永3年(1850)ですから、前年に植えられたとすると、今年で165年!

川路 聖謨(かわじ としあきら)さんと、この桜に敬意を表して、これからはきちんとした樹齢で呼びたいと思うのでした。

もっとも、両者とも「細かいことは言わんでいい」とおっしゃりそうですけどね…

関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2013/04/06 Sat. 13:13 [edit]

category: 佐保川

TB: --    CM: 8

06

コメント

 

たきさん
おはようございます。
即興句ありがとうございます。なるほど、ちょっと川柳的なユーモアも感じられる楽しい句ですね。
ほろ酔いで愛でるだけではなく、一句ひねりたいものです。

URL | かぎろひ #79D/WHSg | 2013/04/07 07:04 | edit

 

「水にうつる姿もあでやかに」とのコメントで浮かんだ句です。
  夜桜は 良いとこどりの ライトかな
俳句でなく説明句だとしかられていますが即興句だと了解下さい。

URL | たき #79D/WHSg | 2013/04/06 22:37 | edit

 

emirinさん
こんばんは!
大粒の雨が窓をたたいて…桜花はおおかた散ったでしょうね。
来年の話は…ナントカが笑いそうですが、みんなで集まりましょう!
いつも遠くの桜を見せていただき、ありがとうございます。
私も、高見山が残っているのですが、今のところ連絡ナシ。
あのへんはまだなのかしら。私をおいて行ってたりして^^;

URL | かぎろひ #79D/WHSg | 2013/04/06 22:14 | edit

 

今晩は!
まぁ~一杯ひっかけて・・・なんて!
いいですね~近場で一番の夜桜・・・夜桜お七・・じゃあ~なくて・・
夜桜かぎろひ・・どこへ行く~~~ペンペン!
朝・・・
近くの佐保川の桜は、桜吹雪に!
その後・・雨・・・
まだまだ楽しみそうですね!
来年・・・お花見しましょう~~~賛成\(◎o◎)/!

URL | emirin #79D/WHSg | 2013/04/06 20:49 | edit

 

なむ隊長ゞ
あら、ほろ酔い気分で見る夜桜は、さらにいいもんですよ~
来年! 了解しました。
みなさ~ん、来年、お花見しましょう~
忘れていたら、声をかけてくださいね。

URL | かぎろひ #79D/WHSg | 2013/04/06 20:38 | edit

 

白雪さん
こんばんは!
今日の雨で、佐保川沿いの桜は、さらば来年、状態です。
でもよろしかったら、ハザクラでも!
えっ、ウバザクラ!? いやぁ、こちらもなかなかですぞ。
郷里の桜は、思い出とともによみがえりますね。

URL | かぎろひ #79D/WHSg | 2013/04/06 20:34 | edit

 

こんばんは!
一杯ひっかけて夜桜ですかあ~。
品行方正なワタクシにはできませんなぁ。(笑)
来年はぜひ佐保川へ花見に行きたいものです。
時期が来たら声を掛けてください。
もちろんキレイドコロもいっぱい呼んでもらって。(笑)

URL | なむさいじょう #79D/WHSg | 2013/04/06 18:53 | edit

 

夜桜もまた違った感じでいいですね。
田舎のボンボリは提灯ではなく絵本で見るのと同じでもっと風情がありお花見といえば夜桜でした。
お家の門限が厳しくなければ川土堤そぞろ歩きしたいものです。

URL | 白雪 #79D/WHSg | 2013/04/06 16:21 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form