05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

かぎろひNOW

悠久の奈良大和路を一歩ずつ  風景、もの、人…との出会いを楽しみながら

葛城市歴史博物館 

7月24日、朝から夜まで葛城市をウロウロしていました。
歩き回って、暑かったけれど、日焼けしたけれど(お肌によくないでしょうね、今さらですが…^^;)、それにもまして収穫がいっぱい。
『かぎろひの大和路』次号でとりあげるエリアでもありますので、何度かに分けてご紹介したいと思っています。

まずは、午前中に訪ねた「葛城市歴史博物館」

15.7.24葛城市歴史博物館


最近(6月23日→)、現地へ行ったばかりの古墳からの出土物はとくに興味深いですね。

屋敷山古墳出土の長持形石棺が常設展示室の中央にドーン(展示室は一部を除いて撮影OK)

15.7.24石棺


いろいろな角度からパシャパシャ。

15.7.24長持形石棺


二塚古墳の模型や出土品の展示もありましたよ。

15.7.24二塚古墳模型


それから、近く探検予定の布施城跡も

15.7.24布施城跡


特別展開催中

15.7.24太田古墳群の調査


15.7.24特別展示室

太田古墳群は、20年ほど前、南阪奈道路(大和高田バイパス接続)の建設時に、橿原考古学研究所によって調査されています。
今回は「道の駅」建設にともなう調査で、昨年10月から今年3月まで葛城市教育委員会が担当、その成果が展示されているのです。

太田古墳群の概要(クリックで拡大)

157.24太田古墳群状況


ちょっとお知り合いのYさんを呼び出して、お話を聞きました。

エントランスフロアの航空写真の上で「太田古墳群はこのあたりになります」

15.7.24地図


今はもう、現地へ行っても確認できない状態だとか。


貴重な出土品がいろいろ見つかったようです。

未盗掘の小竪穴石室からは、珍しい土器や鉄鏃なども

15.7.24小縦穴式石室出土


耳飾りなども出ているんですね!

15.7.24耳飾り


今年4月5日には現地説明会も行われたそうです。
ん、なんでワタクシは行かなかった? と考えたら、初めて日曜日に開催した「かぎろひ歴史探訪」と重なったのでした。→

現地説明会資料は葛城市のサイトで見ることができます。→

そうそう、「かぎろひ歴史探訪」第5期(→)の最終回(12月3日・木)には、葛城市歴史博物館もお訪ねする予定です。
Yさんに、そのあたりのお願いもしてきましたよ。

葛城市取材中にまた何度かのぞかせていただくと思います。
わかりやすい展示と、観覧料200円が助かります(笑)
休館日は火曜日と第2・第4水曜日。
近鉄御所線忍海駅からすぐ。
関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2015/07/26 Sun. 15:02 [edit]

category: 葛城市

TB: 0    CM: 0

26

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://kagiroi3.blog.fc2.com/tb.php/1309-90605127
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list