07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

かぎろひNOW

悠久の奈良大和路を一歩ずつ  風景、もの、人…との出会いを楽しみながら

伊吹山に登る 

6月7日、憧れの伊吹山(1377m)へ登ってきました。



娘と、娘の親友の彼氏、という奇妙なメンバー(笑)
20代の2人に引率されるおばさんという構図も^^;

標高差1200m。
山麓から、敬意をこめてお山を。山頂部、霧がかかっていることが多いですよね。もっと高い山に見えます。

15.6.7伊吹山山容

頂上まで4時間ほどもかかりましたが、眼下に広がるパノラマ光景にウワーッと感動しながら行きましたので、疲れませんでした。その向こうに琵琶湖も見えてきて。
1合目までは樹間の山道なのですが、それ以降は山頂まで絶景を見ながらの登山。

1合目を過ぎたあたり

15.6.71合目過ぎの風景


こんな草原の道を行きます。

15.6.71~2合目


2~3合目

15.6.72~3合目


大きな写真でもどうぞ(クリックしてください)

15.6.72~3合目アップ


もうすぐ3合目というあたり。高原の風景がたまりませ~ん。

15.6.7もうすぐ3合目



3合目出発~

15.6.73合目から


5合目

15.6.75合目


ちょっと石が多くなってきて

15.6.75合目から


5合目あたりからの眺め

15.6.75合目付近から


6合目過ぎたあたりでお山を見上げると

15.6.76合目過ぎ


6合目からの風景

15.6.76合目過ぎ2

水田と、茶色は麦畑でしょうか。

15.5.7水田



8合目を過ぎると、岩場が現れて、ワタクシちょっとキンチョー。歩くというよりは這い登る箇所が続き、うわっこれはいかんとカメラをリュックにしまいこみ、必死についていきました。ふう、なめたらアカン。

15.6.78合目から


というわけでハードな所の写真はナシ。「コンデジも持ってくるんやったわ」と言ったところ「まだカメラを増やす気でいるわ」と娘にあきれられましたが・・・^^;


山頂に近くなると濃霧が立ち込めていて、5m先も見えない感じ。

15.6.7頂上付近


やったー

15.6.7山頂


ヤマトタケルさんも霧の中

15.6.7日本武尊


ほんとうに、楽しい登山でした。変化があり、展望がすばらしくて・・・
と言いながら、実は下山がきつかったのです。もともと下るほうが苦手なのですが、伊吹山は石ころが多いので、ころばないようにと気をつかいましたね。今も太ももが筋肉痛なのは、下山のせいかな。

20代の若者にだいぶ遅れをとりました。足手まといでごめんなさい。
米原駅ー伊吹山登山口を送迎してくださった(娘の友達の)彼氏に感謝です。ありがとう。

15.6.72人


それにしても伊吹山の偉大さに圧倒されました。
あのヤマトタケルノミコトが伊吹山の神様に負けたのも、何だかナットクできるように思ったのでした。

山頂からの風景が見られなかったのがちょっと残念。
また登ってみたいなあ。
関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2015/06/09 Tue. 12:38 [edit]

category:

TB: 0    CM: 10

09

コメント

もう大丈夫 

白雪さん

おはようございます! 再度のコメント恐縮です。
筋肉痛はすっかりなおりました。今日は登山でも大丈夫やった(^_^)v

伊吹山を登りながら、石灰岩かなあと話していましたよ。
パラグライダーもいいでしょうね。やってみたい。などとついトシを忘れるのであきません^^;

信貴山城の整備のお手伝い、よろしくお願いします。

URL | かぎろひ #QyAQ.u3g | 2015/06/11 06:32 | edit

素直 

こんばんは。
嫌味ではありませんよ、素直な気持ちです。
伊吹の麓にはセメント工場がありますので、お山には石灰岩が眠っているのでしょうね。
近くには「河内の風穴」もありますよ。お山だけでなく、関ヶ原なども訪ねてみてください。
パラグライダーは飛んでいませんでしたか。
土曜日は行けたら信貴山城の整備のお手伝いに行きたいと思っております。

URL | 白雪 #J/OPKEkg | 2015/06/10 22:51 | edit

楽しい山歩き 

白雪さん

こんばんは!
ちょっと嫌みなコメントをありがとうございます(笑)

明日のことがあるから、ちょっと迷ったのですが、行ってほんとうによかったです。またすぐにでも行きたいくらい。今度は2合目あたりにあるロッジに泊まろうかなあと思っているところです。

麓にもいろいろ見どころがありそうですね。

URL | かぎろひ #QyAQ.u3g | 2015/06/10 20:56 | edit

ぜひ 

PANDORAさん

こんばんは!
ご無沙汰です。コメントありがとうございます。

はい、変化に富んでいて、何よりも展望がバツグン、とても楽しい山歩きでした。
今まででいちばん、かも。
ぜひ、下から歩いてみてください。結構、人が多くて、愛されている山だなあと思いました。


URL | かぎろひ #QyAQ.u3g | 2015/06/10 20:50 | edit

No title 

こんにちは。
明日は残念ですね。でも若い人にまじりただ一人のシニア代表、よく頑張りましたね。さすがだと思いました。
伊吹は懐かしいところです。お仕事で伊吹の清々しい息吹を感じながら山裾を走っておりました。
水が命の会社などが大阪市内からそちらに工場を移転しますので、その度登記を行なうために行っておりました。伊吹町役場やら大垣(岐阜)長浜は当時は庭でした。
息吹の裾野でさつまいもなどが植えられていたのを思い出します。
当時よりお山は見上げるものだと思っておりますので、登山は天保山に限ると今でも思っております。
足の痛みは年齢に関係して後よりじわじわときます、多分今日当たりも、ではないかと、お察し致します。
明日は奥様の下僕です。これは現実な定めですので喜んで受け入れますよ。
長々失礼いたしました。懐かしいお名前のコメンテーター様お元気そうで何よりです。

URL | 白雪 #J/OPKEkg | 2015/06/10 12:52 | edit

日本百名山登頂おめでとう! 

お早うございます!
 伊吹山は何度か登っていますが、すべて車で9合目まで上がりました。
このブログを読んでやはり歩いて登る山だなと感じました。
 日本百名山、今度は自分の足で上ります!

URL | PANDORA #- | 2015/06/10 09:49 | edit

リベンジ 

なむ隊長ゞ

おはようございます。
コメントありがとうございます。

ずっと眼下の展望を楽しみながら登ることができるお山って、さほどないですよね。想像以上に素敵なお山でした。

岩場の記憶がないとは! なむさんはへっちゃらだったのでしょうね。私は危険を感じたのですが^^;

頂上付近は深い霧に包まれていて、一寸先(とは大げさながら)も見えない状況。山頂からの風景も遊歩道散策もお預けとなりました。

筋肉痛、1週間もかかりますか。明日の高見山が延期になってよかったかな。

URL | かぎろひ #QyAQ.u3g | 2015/06/10 05:05 | edit

筋肉痛 

マーキーさん

おはようございます。
コメントありがとうございます。

いやぁ、トシの差は歴然です。
「今日はちょっとペースが遅いから・・・」とは娘の言葉。私はマイペースだったのですが。下山は特に差がつきました^^;

でも、このお山、畏敬の念をこめてファンになりました。また登りたい! この次はご一緒しましょうか。

URL | かぎろひ #QyAQ.u3g | 2015/06/10 04:49 | edit

山上からの風景、思い出します 

お疲れ様でした。

写真にある岩場になぜか記憶がないです。

山頂から少し行ったところにある花畑には行かれましたか?

以前、ワタクシがこの日本武尊像を撮っていたら、
「ニホンブソンって何?」とお友達に訊いているおねいさんが近くにいました。
日本語って難しいですね。(笑)

頂上付近のお天気が今一つだったということは、
奈良の人、また来なさいという日本武尊のご命令でしょう。

足の筋肉痛は1週間ほどで、おさまるはずです。(たぶん)

URL | なむさいじょう #ooZtpPpw | 2015/06/09 21:50 | edit

お疲れさまでした 

四時間だと登山な感じですね(^^)

若い人に混じってといいながらけっこうバンバン登ってたのでは(^^)

それにしてたもきれいな景色ですね僕も登ってみたいです❗

URL | マーキー #9enIUaYc | 2015/06/09 19:24 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://kagiroi3.blog.fc2.com/tb.php/1291-1dfe154e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list