05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

かぎろひNOW

悠久の奈良大和路を一歩ずつ  風景、もの、人…との出会いを楽しみながら

お水取りイベント終了 

出稿した『かぎろひの大和路』復刊31号のデータに不備があり、修正作業をしなければならないことに。いったん、終わった~、やれやれ! と気がゆるんでからの作業ってツライですね。翌日(5日)夕方から夜中2時までシコシコ…(T_T)

今さら焦る必要もないといえばないのですが、6日は「お水取りイベント」にスタッフ参加、そして土・日となりますから、何とか仕上げてしまいたいと必死なのでした。

奈良国立博物館へ向かう予定の30分前に、印刷所へ再出稿できホッ。普段のんびりやのワタクシが、分単位の仕事してるやんって、苦笑しつつ、思い残すことなく自転車でゴー~。

佐保川沿いはほのかなピンク色に染まった河津桜ロード。

15.3.6河津桜


「結の会」(須和隆彦会長)主催の「お水取り展鑑賞とお松明」イベントは170人の参加者で熱気あふれました。

講堂で、斎木涼子学芸部研究員の講演

15.3.6講堂


東大寺本坊で、上野道善長老の講話

15.3.6本坊


ワタクシのブログ(→)のほうにもお申し込みをいただき、ありがとうございました。
五條のIさん、大阪のNさん、橿原のKさん、大和郡山のHさん、斑鳩のTさん、奈良市のUさん、読者のKさん(千葉県)やIさんご夫妻(広島県)にお目にかかれたのもうれしいことでした。


お松明を見学して、現地解散

15.3.6お松明


ワタクシは東の局で2時間ほど聴聞

15.3.6二月堂


神名帳の美しい声明が心にしみ入って。もっと聴いていたかったのですが・・

奈良のまちをしばらく眺めて

15.3.6二月堂から


ひとり、さみしい道を下って、南大門まで来たら「アッ!」
千葉のKさんとバッタリ。イベント中はほとんどお話しする間もなかったなあと思っていたので、ビックリ。引き寄せ現象、健在を実感(笑)。お宿までおしゃべりしながら歩きましたよ。

帰宅すると、Uさんからメールが届いていました。
展示品の半分しかみることが出来なくて残念でした。
でも感動ものでした。
東大寺所蔵の如来様は優しいお顔でケースが無ければ抱きしめたいくらい可愛くて愛情一杯でした。
こんなに素晴らしい奈良に住んでる自分は幸せ者だと思います。
お世話役、お疲れ様でした。


ご参加の皆様、ありがとうございました。
そして、スタッフの皆様、ほんとうにお疲れさまでした。


※奈良国立博物館で開催されている特別陳列「お水取り展」は3月15日まで→
関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2015/03/07 Sat. 15:21 [edit]

category: 奈良国立博物館

TB: 0    CM: 2

07

コメント

聞こえましたとも! 

なむ隊長ゞ

こんばんは! コメントありがとうございます。

はい、この日、かぎろひ誌が一段落、そしてイベントが終わった後は、失礼ながら、腑抜け状態で聴聞させていただきました。そのせいか、ググッとのめりこむように浸ることができた気がします。

カゼノモリとカッゲグンはことにドキリとしました。
「神名帳」の読み上げを最後まで聴いて、退きましたが、もっといたい気分でした。

URL | かぎろひ #QyAQ.u3g | 2015/03/10 22:35 | edit

お疲れさまでした 

イベントが終わってからの聴聞はほっとしたのではありませんか?

神名帳。
聞きどころが満載ですね。
最初のほうは朗々と、次第に加速して、超高速の読み上げになって、またゆったりと。
そうそう、最後の「葛下郡御霊」は聞こえましたか?

URL | なむさいじょう #ooZtpPpw | 2015/03/10 21:27 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://kagiroi3.blog.fc2.com/tb.php/1251-5a3a053a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list