07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

かぎろひNOW

悠久の奈良大和路を一歩ずつ  風景、もの、人…との出会いを楽しみながら

2月14日 

2月7日、「光明皇后と興福寺」というシンポジウムを拝聴しました。

光明皇后と興福寺

多川俊映興福寺貫首と西山厚帝塚山大学文学部教授の講演の後、石井久恵『歴史読本』編集長を交えての鼎談。とても楽しい2時間でした。


光明皇后が建てられた五重塔と、聖武天皇による東金堂が仲良く並んでいますね(2014.4.27撮影)。

西山先生は奈良国立博物館へ向かわれるときよくこの間を通られたそうで、「お二人の間を割くように」と笑わせ、

五重塔と東金堂



現在国宝館にいらっしゃる、阿修羅像をはじめとする八部衆についてのお話には胸にこみあげるものが・・・。

八部衆は、もともと西金堂にまつられていました。
西金堂は現在ありませんが、光明皇后がお母さんの橘三千代が亡くなった翌年に、その冥福を祈って建てられたものと伝えられています。

光明皇后がわが子、基王(もといおう)を1歳満たずに亡くされてから5年。西金堂にはその悲しみも満ちていたはず、と西山先生。

八部衆の、とくに「五部浄(ごぶじょう)」、「沙羯羅(さから)」のあどけなさは印象的。光明皇后が、これらの像に、わが子の成長をみていたと思うと、目頭があつくなります。


あっ、今日のテーマは2月14日でした!
奈良公園の誕生日なんですね。明治13年(1880)だそうですから、今年135歳。

西山先生は、奈良公園の誕生について、その頃の奈良市民が直訴したからこそ実現した。先人たちに感謝してくださいとおっしゃいました。

手元にある『奈良県の地名』『奈良県の百年』を見て簡単にまとめてみました。

明治6年(1873)1月 政府が各府県に公園開設に関する布達を出す

明治9年(1876)4月18日 奈良県は堺県に吸収合併

明治10年(1877)12月 奈良・下三条町の副区長平松甚平ら14人が公園地10年無償貸与を堺県知事に出願

明治11年(1878)1月 堺県は申請を許可

明治12年(1879) 堺県は、旧興福寺境内の奈良公園への地目変更を上申

明治13年(1880)2月14日 伊藤博文は堺県の意向を許可、奈良公園開設 

明治14年(1881)2月7日 堺県は大阪府に合併

明治20年(1887)11月 奈良県再設置



2月14日は奈良瑠璃絵の最終日。奈良公園の誕生日を祝して花火が打ち上げられます。→

関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2015/02/14 Sat. 11:16 [edit]

category: 大和の寺社

TB: 0    CM: 2

14

コメント

連日奈良ですか!? 

なむ隊長ゞ

こんにちは。コメントありがとうございます。

>総理大臣だったときの話なのでしょうか。

年代を見ると、どうもその前のようですが、政府の中心的な存在だった?

その前には兵庫県知事もされていたんですね。

奈良瑠璃絵、実はまだ行ったことがありません^^;
昨夜は奈良の中心部にいたのに、飲んでいて夜が更けゆきました・・・

URL | かぎろひ #QyAQ.u3g | 2015/02/15 15:48 | edit

奈良公園 

こんばんは!

どこからどこまでが奈良公園なのか、今でもよくわかっていません。(笑)
ほー、奈良公園ができて135年なのですか。
伊藤博文が関係していたのですか。
総理大臣だったときの話なのでしょうか。
伊藤博文は、兵庫県の初代知事でもあります。

鼎談は行きたかったのですが、都合がつかず残念でした。

えっ? 奈良瑠璃絵って、今日2月14日が最終日だったのですか。
明日の日曜日までだと思っていたので、
今日、陽が明るいうちに帰ってしまいました。
(日曜日の作戦変更)

URL | なむさいじょう #ooZtpPpw | 2015/02/14 23:20 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://kagiroi3.blog.fc2.com/tb.php/1246-f8dd1783
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list