09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

かぎろひNOW

悠久の奈良大和路を一歩ずつ  風景、もの、人…との出会いを楽しみながら

南椿尾の磨崖仏 

2月5日、弘仁寺さんの取材(→)を終えてから、磨崖仏があるという南椿尾(みなみつばお)まで足を延ばしました。

訪ねる機会がないままだったのですが、弘仁寺さんで徒歩30分ほどですよとお聞きして、その気になった次第。
お寺で、このあたりの様子を聞いていたので、わかりましたが、道標や案内板は皆無。

15.2.5南椿尾

↑左手の山道をたどります。

15.2.5山道


落ち葉が積もった道を上りますが、ちょっと不安に。
この道で大丈夫?

振り返ると、山、山・・・

15.2.5山道3


5~10分くらい歩いたかなあ

15.2.5山道2


ちょっとそれらしい雰囲気が漂ってきたなと思うと、まもなく

15.2.5南椿尾摩崖仏


岩という岩に仏様が

15.2.5摩崖仏4


15.2.5摩崖仏3

15.2.5摩崖仏5

15.2.5摩崖仏


岩の間から伸びる樹木は、その太い幹から、あらゆる方向に枝を伸ばし

15.2.5樹木幹


空に向かって大きく手を広げています。

15.2.5樹木


木と石仏と、どちらが先に生まれたのでしょうか。
木は石仏をかばうように、どんどん大きくなっていったような気がしました。

歴史を感じさせるのに、磨滅は激しくなく、表情も残っているのは、そのせいかも。

15.2.5摩崖仏大


柔和な笑みをたたえる像。山中に1人いることを忘れて、心がほっこり。

15.2.5摩崖仏2


また、会いに行きたくなりました。


JR・近鉄奈良駅から「米谷町」行きのバスで約30分、椿尾町の停留所近く。

2015.2.5椿尾バス停
関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2015/02/11 Wed. 08:19 [edit]

category: 石仏

TB: 0    CM: 0

11

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://kagiroi3.blog.fc2.com/tb.php/1245-5aa9e438
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list