07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

かぎろひNOW

悠久の奈良大和路を一歩ずつ  風景、もの、人…との出会いを楽しみながら

雨引山 

12月26日、久しぶりに高野山麓の実家へ、年末の墓参り。

南海高野線で、難波発8時50分の急行に乗ると、目的の九度山駅に着くのが10時3分。1時間余り、のんびりと車中の人となった。
いつのまにか乗客がいなくなりガラガラ(笑)

14.12.26車内

急行と特急高野号は、河内長野までは停車駅は変わらないのだが、ここからが天と地ほどの差。特急は林間田園都市、橋本から一気に高野山までノンストップ(たぶん)、かたや急行は各駅停車になってゆっくりと走る。


橋本では2両編成の電車に乗り換え~

14.12.26乗り換え


故郷が近づく

14.12.26車窓風景2


紀ノ川を渡り

14.12.26紀ノ川


駅を2つ過ぎると九度山。ここで下車。

14.12.26九度山駅


降りるちょっと前、姿を現した雨引山(あまびきやま)を見て大発見!

14.12.26雨引山


えっ、雨引山が両翼をもっている!? こんなに雄々しい姿をしていたとは。まるで、額井(ぬかい)岳を思わすような山容に釘づけ。。。。

九度山のまちなかを歩いてみる。

14.12.26雨引山2

おお、やっぱり。そびえるように、神の山のかたち!



何を今さらと言われそうだが、ワタクシがものごころついた頃から見ていた雨引山は↓


14.12.26雨引山3

秀麗なやさしい山容でしょ。

この日、お墓に供える高野槇(こうやまき)や樒(しきみ、しきび)の枝を1時間ほどもかけて伐採しながら(なにせ木が大きくなりすぎて…)、向こうに見える雨引山を何度も見つめたのだった。

1412.26シキミ


帰りに登ってみようかと思ったけれど、いくら低山(477m)とはいえ、3時頃からではちょっと遅すぎるかなあと自制。
この次は、まず雨引山に登ってから、実家へ行くことにしよう。

中腹の展望台までは行ってるんだけどね。

14.12.雨引山展望台


雨引山の位置




実際はお隣のかつらぎ町に属するのね。
あっちから見たら、雨引山はどんな山容なのだろう。これも気になる。

そうそう、たしかリンネさんが登られたのだった。→

記事を拝読しなおしてみると、熊に注意の張り紙があったとか!!
急速に、雨引登山の気持ちが萎えていくのであった(>_<) 1人ではやめとこ。


ワタクシが高枝切りの長~いハサミを不器用に操作中、屋内では弟がせっせと昼食の支度(笑)

枝を切りながら、ふと思い出す。
もう6年も前になるのか・・・、母の命の灯が消えようとしていた頃、よく病院で泊まった。
夫作のお弁当持参で病院へ行き一泊、翌日は弟がお弁当を作ってきてくれたりした。

「あら、男の作った弁当ばかり食べてるやん。もしかしたらこれって珍しかったりして」と、つぶやくと、その頃はもうしゃべることもできなくなっていた母が、楽しそうに笑ったのだった。

父は家事をせず、また外食も好まなかったので、母が旅行にでかけるとなると、数日分の食事を用意していったものだった。日持ちのするおでんや南蛮漬けなど何種類も冷蔵庫につめて、やっと出発した。
そんな母は、ワタクシの実態(夫が料理をする)をどのように感じていたのだろうか。うらやましいとも言わなかったし、非難もしなかったけれど、もの言わぬ最後の笑顔に母の本心が表れた、のではなかったか。
関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2014/12/28 Sun. 23:52 [edit]

category: 高野山麓から

TB: 0    CM: 8

28

コメント

あけましておめでとうございます 

白雪さん

こんばんは。娘が友達を連れてきて騒いでいるうちに、年が明けてしまいました。
お疲れのところ、コメントありがとうございます。

昨日、今日と掃除三昧。私も慣れない仕事で疲れてしまいましたよ^^; 日頃、もう少しちゃんとしなければと痛感。

昨年はいろいろとお世話になりました。今年もどうぞよろしくお願いします。明日は元日恒例ハイキング、寒くなりそうです・・・

URL | かぎろひ #QyAQ.u3g | 2015/01/01 00:03 | edit

林間田園都市 

平安えみさん

こんばんは。コメントありがとうございます。
お返事遅くなってすみません。

ご実家は南海高野線沿いとはいえ、都会のほうのようですね。河内長野を過ぎたら車窓風景も乗客数もがらっと変わるのがおもしろいです。

林間田園都市駅ができたときに、線名も変えられようとしたのでしょうね。変わらなくてほんとによかったです。いまだに、林間田園都市の駅名に違和感を覚えます^^;

今年もありがとうございました。
来年もどうぞよろしくお願いします。

URL | かぎろひ #QyAQ.u3g | 2014/12/31 23:57 | edit

No title 

こんばんは。
お掃除途中ですがもうヤメです。
早い時間にお風呂に入り夕飯も4時半頃からいただきPCONやっと座りました。
故郷はいいものですね、見慣れたロケーションに癒やされますね。
展望台のお写真の雲が気になりました。面白い形だと。
今年一年ありがとうございました。来る年も宜しくお願い致します。先生にも宜しくお伝え下さい。

URL | 白雪 #J/OPKEkg | 2014/12/31 17:47 | edit

高野線 

なむ隊長ゞ

こんばんは。コメントありがとうございます。

九度山駅ホームの六文銭、この写真でよくわかりましたね。駅舎のすぐ横のおトイレも六文銭付きです。
この日、九度山のまちを歩きましたが、歩いている人はいませんでした(笑)。賑やかになるのでしょうかねぇ。

電車は九度山を出たあたりからキーキー音が鳴るような気がします。カーブもトンネルも多くなりますしね。

2015年度の高野山参拝、九度山から町石道ツァーはいかがでしょう。

URL | かぎろひ #QyAQ.u3g | 2014/12/31 17:26 | edit

南海高野線 

かぎろいさん

いつも歴史探訪でお世話になり
有難うございます。m(_ _m) !

見ていた景色若干違います(短い)が
生まれ育った家が南海高野線沿い 
奈良に嫁に来るまでずっと利用していました。

長い事乗っていないので高野線と聞いて懐かしかったです。(*^_^*) 

子供の頃、「高野線」という名が変わるっと聞いた事があした。
住宅地のイメージにより良い「田園都市線」とかなんとかに変わるっと~

あれから長い年月経ちましたが・・・

名前、変わらなくて良かった!

高野線の名前のままで良かったです(^_^)/

来年も宜しくお願いしますm(_ _m) !



URL | 平安えみ #XkSL0UaA | 2014/12/31 07:57 | edit

こんばんは! 

九度山駅ホームの写真をよく見ると、六文銭が見えますね。
去年2013年に高野山へ電車で行ったとき、九度山駅前に六文銭が描かれたノボリも見えました。
2016年の大河ドラマもあるし、このあたりも賑やかになるのでしょうね。

そうそう、先日、天野へ行って町石道(六本杉と神田地蔵堂の間)を歩いていたら、
キーキー音が谷に鳴り響いていました。
車体は見えませんでしたが、南海高野線を走る電車が必死になってカーブを曲がっている音でした。
なかなか貴重な体験でした。

おお、雨引山、たしかに額井岳のように見える角度ですね。
ご実家から見える雨引山の姿も癒されますね。

2015年は開創1200年ということなので、再度の高野山参拝を検討中です!

URL | なむさいじょう #ooZtpPpw | 2014/12/30 22:29 | edit

車窓から 

マングースさん

こんばんは。コメントありがとうございます。

はい、帰省するときは南海高野線をよく利用します。
電車からお家が見えるのですか。今度、手を振ってください(笑)

高野槇はどんどん背が高くなりますね。伐るのに首が痛くなりました。
土地柄でしょうか、昔は何本も植えてあったのですが、最近ちょっと数が少なくなっていて心配です。あまり放ったらかしもよくないのでしょうかね。

URL | かぎろひ #QyAQ.u3g | 2014/12/29 22:00 | edit

No title 

こんばんは。
我が家のある南海高野線で九度山駅へ行かれたんですね!
大きな我が家、電車から見えませんでしたか(^o^)
お墓に供える高野槇や樒の枝を自ら採るというのがいいですね~。

URL | マングース #pNj7iLl. | 2014/12/29 19:09 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://kagiroi3.blog.fc2.com/tb.php/1232-c2b486bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list