05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

かぎろひNOW

悠久の奈良大和路を一歩ずつ  風景、もの、人…との出会いを楽しみながら

宮滝遺跡へ 

珍しく、なんかちょっと体調すぐれず、うだうだ。
11月6日に実施した「かぎろひ歴史探訪」のご報告もしておきたいなと、ようやくSDカードを取り出してみると、これが、やっぱりと言うべきか、あんまり撮ってないんですよね。

コース
近鉄上市駅→(バスで約15分)→宮滝バス停→菜摘の里→吉野歴史資料館→宮滝の景勝地→妹背山→大名持神社→上市旧街道(旧伊勢街道)→蛭子神社→近鉄上市駅


コースの写真は下見の記事をご覧ください。→こちら

ご参加くださった方がブログやアルバムでご紹介くださっていますので、こちらもご参考に。
できさん「できさんの奈良と出雲と」 →こちら
リンネさん「~なら探訪~」→こちら
河内太古さんのアルバム→こちら


と、やや丸投げ気味の後、わずかな写真をご紹介してみます。

美しい菜摘の里

14.11.6菜摘


澄んだエメラルドグリーンの川には、魚影の群れが。川をのぞきこんで時間の経過を忘れるほど(菜摘大橋で)

14.11.6菜摘 川


参加者の中に、宮滝で30年住まわれ、しかも小学校に勤務されていたというKさんがいて、おかげで、いろいろなことがわかりそれがとても楽しかったのです。

菜摘の里は源義経の隠れ里として知られますが、義経秘蔵の「初音の鼓」が静御前にわたり、それが現在までO家に伝えられているそうです。また、菜摘から1時間ほど山道を登ったところには、義経が隠れたという伝承地があるとか。

静御前が顔をうつしたという「二ツ井」も教えていただきました。

14.11.6二つ井

西生寺境内にあるのかなあと思っていたら、十二社神社の奥に、ひっそりと。

14.11.61二つ井2

そばに樹齢を感じさせる大きな椿の木があり、これもゆかりのものらしい。
案内看板もなく、ネットで検索してもヒットしないだけに、地元の人から伝承話を聞く楽しさを味わうことができました。


吉野歴史資料館では、館長さんのわかりやすくて温かいご説明が大好評

14.11.6吉野歴史資料館で

あれっ、下見でお伺いしたときは、館長さんはご出張だとおっしゃっていたのですが・・・
この次、Nさんによるご説明をお聞きするのも楽しみになりました。

この日の夜、Nさんからコメントを頂戴していてびっくり(ワタクシが気づいたのは翌朝でしたが)。

本日はありがとうございました
かぎろひ歴史探訪の皆様、本日は宮滝にお越しいただきまして、ありがとうございました。ワタクシに代わりまして、館長から館内をご案内させていただきましたが、いかがだったでしょうか。

吉野には、天皇や古代貴族が愛した世界、『妹背山婦庭訓』の世界、伊勢街道の世界など、あちこちに物語のピースが隠れています。本日の散策で、これらのピースを見つけていただけたなら幸いです。

そして、ワタクシどもの資料館が、そのお手伝いをさせていただけていたならうれしいなと、感じております。本日はありがとうございました。
2014-11-07 00:33 吉野歴史資料館 N URL 編集


田中センセの講座もご配慮いただき、ホールで。

14.11.6講座


持統天皇は在位中に31回も、ここ吉野宮を訪れたとか。その大きな理由の1つとして青根ヶ峰への信仰などが挙げられていますが、美しい山と川が天皇の心身をゆったりと包み癒してくれたはず、と今でも感じることができます。里の人々の穏やかさや温かさも、天皇の激しい気性をなだめてくれたのでは? このあたりを歩いていると、豊かな人情が感じられて、DNAが継承されているのかもと思ったりしました。

14.11.6宮滝

ワタクシもゆるゆるとし過ぎて、恒例の集合写真を撮り忘れたり・・^^;
集合写真はお約束しているわけではないのですが、勝手に焼き増ししてお配りしております。記念になればいいかなあと思いまして。
今回は、吉野歴史資料館の前で館長さんやNさんにも入っていただこうと考えていたのに、ああ、残念なことをしました。すみませんm(_ _)m


宮滝から上市駅まで、31人によるハイキングとなりましたが、トップ集団と最後尾はかなり離れてしまいました。

最後尾集団、上市の旧伊勢街道で

14.11.6伊勢街道

家に帰って食事の用意をしなければいけない人もいれば、東京や名古屋から来られて写真をとったり道すがらの花や珍しいものを見逃すまいとされている方もいますし、脚力にも差があります。

「かぎろひ歴史探訪」ではそのあたりをゆる~く考えておりますので、それぞれのペースで歩いていただけたらと思っています。センセは、同じ場所で何度でも説明をすると言うてますし(笑)

最後尾には必ずワタクシかできさんがおりますのでご安心を(できさん、いつもありがとうございます)

まあ、こんなのんびりした歴史探訪が実現できているのも、皆さんのご協力のおかげなのですが、今回も無事に終えられたことに感謝しております。ありがとうございました。
吉野歴史資料館のI館長さん、Nさん、たいへんお世話になりましたm(_ _)m


※吉野歴史資料館
●開館時間: 午前9時~午後5時(入館は4時30分まで)
          水・木・金は事前予約が必要(最少人数4人)
          土・日・祝祭日は予約なしでOK

●休 館 日: 毎週月・火(祝日にあたる日をのぞく)
         祝日の翌日(土・日に重なる日をのぞく)
         12月1日から2月末日

●入 館 料: 一般200円(160円) 高校生以下100円(80円)
         ( )内は20名以上の団体料金。幼児以下は無料

●連 絡 先: 吉野町教育委員会事務局 社会教育課
         TEL 0746-32-0190  FAX 0746-32-8333


※次回の「かぎろひ歴史探訪」は11月20日(木)に実施。詳しくは下見後、またご案内したいと思います。
関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2014/11/08 Sat. 21:15 [edit]

category: かぎろひ歴史探訪

TB: 0    CM: 2

08

コメント

同様です 

白雪さん

気が合うとは思っていましたが、実は私も熱を出しまして、ゴロゴロしております。正倉院展最終の連日、お手伝いに入る予定なので、明日養生してなんとか復活せねばと思っております。

さて、報告です。
千葉のKさんが最終回にご参加下さる予定なのですが、こんなメールが届きました。

往馬散策の時に最後尾で誘導されていた(お名前を存じません)旗持ちのハンサムなガイドさんは来られますか、密かな楽しみ(^^)

「誰のことやろ~」
センセ「オレは旗持ってなかったしな」(笑)

な~んてことがありまして、おかげさまでシンドイ中にも笑いが。白雪ファン着実に増えているんですねぇ。
お大事に!

URL | かぎろひ #QyAQ.u3g | 2014/11/09 20:10 | edit

No title 

こんばんは。体調戻りましたか?
私はと言うとこの宮滝行き前日からなにかおかしかったので、仕事の帰りにお医者さんに行きましたが、今日はとうとう鬼の霍乱です。
自治会役員として抜けることの出来ない、新自治会館のお披露目があり朝からバタバタ。結果この通り寝込んでおります。
次回の歴史探訪までにはなんとか体調を元の通りに戻しますよ。

URL | 白雪 #J/OPKEkg | 2014/11/09 19:48 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://kagiroi3.blog.fc2.com/tb.php/1208-40a18a91
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list