07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

かぎろひNOW

悠久の奈良大和路を一歩ずつ  風景、もの、人…との出会いを楽しみながら

歴史に憩う橿原市博物館 

いよいよ9月から「かぎろひ歴史探訪」第3期がスタートします。
その1回目が9月11日(木)。

8月30日、下見に行ってきました。ざっとしたコースは改めてのご紹介として、まずは「歴史に憩う橿原市博物館」にスポットをあててみたいと思います。

14.8.30橿原市博物館2


というのも、夏季特別展「新沢千塚(にいざわせんづか)」が9月7日(日)まで。
お急ぎくださ~い。
「重要文化財ー126号墳出土の里帰り展」ということで、東京国立博物館所蔵の品々が展示されているのです。

14.8.30特別展


新沢千塚古墳群のなかでも、126号墳からはたくさんの副葬品が見つかりました。

↓説明をどうぞ。クリックで拡大します。
14.8.30新沢千塚126号墳


現在の126号墳

14.8.30新沢千塚126


金製というのはスゴイですね。5世紀のものとは思えないほど、まばゆいばかりに輝いていました。
指輪のデザインだって素敵すぎ、シンプルな腕輪もおしゃれ~、↓写真左の金製龍文方形板は約8㎝四方、被葬者の冠を飾っていたと思われます。

写真は、橿原市と東京国立博物館のサイトからお借りしました。

新沢千塚出土品


特別展は9月7日までですが、常設展示の出土品レプリカもじゅうぶん楽しめます(常設展は写真撮影OK)。

14.8.30レプリカ


そうそう、偶然にも、昨日(9月2日)のサンケイ新聞に、新沢千塚126号墳出土の切り子ガラス碗が、ササン朝ペルシャの遺跡から出たガラスと化学組成がほぼ同じであることがわかった、という記事が載っていました(↓クリックで拡大)。

14.9.2サンケイ新沢千塚

今回の里帰り展には、この切り子ガラスは出ていませんが、常設展示室にはレプリカがありました。


「歴史に憩う橿原市博物館」は今年4月にオープン。前身は新沢千塚資料館、でしたかね。
入館するや、ガラス越し見られる作業風景。一気に親しみがわきます。

14.8.30ガラス越し


※歴史に憩う橿原市博物館
橿原市川西町858-1
電話番号:0744-27-9681 ファックス番号:0744-26-1114
http://www.city.kashihara.nara.jp/hakubutsukan/

新沢千塚古墳群はすぐそこ。

14.8.22新沢千塚


ここから見る畝傍山もすばらしくて!

140830unebiyama.jpg





関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2014/09/03 Wed. 19:57 [edit]

category: 橿原市

TB: 0    CM: 1

03

コメント

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 |  # | 2014/09/05 08:14 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://kagiroi3.blog.fc2.com/tb.php/1180-036891be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list