05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

かぎろひNOW

悠久の奈良大和路を一歩ずつ  風景、もの、人…との出会いを楽しみながら

愛宕山に登る 

京都の知人(実は夫の幼なじみたち)から、愛宕(あたご)登山のお誘いを受けました。
面識もあり、今やすっかり親近感いっぱいのめんめんなので、(たとえ夫が行かなくても)「参加します~」とお返事をしてありました。

8月1日、登ってきました! 

愛宕山(924m)は京都市域の最高峰。あの比叡山(848m)よりも高いとは、この日知りました。

愛宕山の位置↓ 



また、京都人にとって、愛宕山は特別な思い入れのある、信仰のお山なんですね。


よりによってこんな暑い日を選んだのも、(たぶん)前日が「千日詣」だったからと思われます。
↓この日にお参りすると千日分の御利益があるとか(クリックで拡大)

14.8.1愛宕山説明

7月31日の夜から8月1日の朝にかけて、表参道は参拝客の列で埋め尽くされるのだそうです。
帰りちょっとだけ通った表参道の傍らに、電灯線が巻いて置かれていて、前夜の名残が感じられました。

14.8.1電気


さて、この日、同行のお仲間は11人(男5人、女6人)
リーダーは、あちこちの山を制覇され、愛宕山だけで300回も登られているというKさん。今年はすでに5回とか。

コース
京都駅→嵐山清滝行き京都バスで約1時間、終点清滝下車(運賃230円、安っ)→月輪寺登り口→月輪寺→愛宕神社(山頂)→水尾別れ→水尾→JR保津峡駅


スタート地点。心あらわれる清滝あたり

14.8.1清滝口


“空也瀧”の道標を見つつ清流と遊び

14.8.1空也滝


さぁ登山開始~

登り口


全体として直線的に登っているらしく、結構きつい勾配続き。

14.8.1急坂



何度も休憩をとります

14.8.1休憩


途中からちょっと列が離れ出して。
ワタクシ、いつのまにか、リーダー↓のすぐ後ろにつけていたのですが、これがとても歩きやすかったのです。

14.8.1隊長

ふっと振り返ると、すぐ後ろを女性陣がみな固め・・・おや、その後は姿が見えません・・・
打ち上げ反省会のとき、リーダーから「男性陣はだらしない」とカツを入れられていましたよ。ふふっ


たいへんお元気な山ガールたち

14.8.1女性陣


中腹の月輪寺

14.8.1月輪寺本堂


月輪寺について(クリックで拡大)

14.8.1月輪寺説明


山頂付近には巨石がゴロゴロ

14.8.1巨石
14.8.1巨石2


山頂近く、視界が開けるとうゎー疲れが吹き飛ぶよう。この日はけぶっていてちょっと残念でしたが。

山なみ

14.8.1山々


京都のまちを

14.8.1眺望

これまでの人生で、いちばんたくさん汗をかいたような気がしますが、時々、すうっとほおをなでていく風は冷たくて、えもいわれぬ喜びが身体を貫き、夏の低山歩きもいいものだと思わずにはいられません。

14.8.1青楓


さらに、下山してからのビールのうまさときたら!

14.8.1ビール

いつもおいしくいただいていますが、その何倍もという感じ。
このうまさを味わうためにも、また登りたいと思うのでありました。おわり。


あれっ、ここで終了したらアカンやん^^;
ちょっと戻しますね。頂上でお弁当を食べてから、愛宕神社へお参りしました。

14.8.1愛宕神社2

14.8.1愛宕神社3

全国800余社の総本社らしく、落ち着いた重厚感と神秘性にあふれ、こんな高いお山に鎮座されているからこそのありがたさも感じられます。
本殿の欄間彫刻にくぎ付け。印象に残りました。

14.8.1彫刻2


下山でちょっとだけ歩いた表参道。
やはり、道幅が広くて整っている感じですね。

14.8.1下山

14.8.1下山2

しか~し、水尾分岐から水尾への下りコースは、小石まじり、ひたすら急傾斜の道で、これがいちばん疲れました。

14.8.1下山3


旅情がかきたてられたJR保津峡駅

14.8.1保津峡駅

充実の1日となりました。
お世話くださったYさん、Kリーダー、ご参加の皆様、ほんとうにありがとうございました。
関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2014/08/03 Sun. 12:55 [edit]

category:

TB: 0    CM: 14

03

コメント

愛宕さん 

なららさん

おはようございます。
ちょっと侮っていたかもしれません、想像以上でした。暑さもあるとは思いますが。金剛山、葛城山より勾配がキツイ感じですね。表参道はもっと歩きやすそうですが、階段と言いますから、それもきつそうです。

表参道は女性1人でも大丈夫とのことですので、今度はひそかにこちらを登ってみたいと思っています。

URL | かぎろひ #QyAQ.u3g | 2014/08/07 06:27 | edit

No title 

こんばんは

憧れている愛宕さん参りですが、これほど本格的は山歩きだとは。。。
なまなかな気持ちではギブしそうです。
あのお札は本当にありがたいって事がよくわかりました。夫婦とも元気なうちに涼しい頃を狙ってお参りしたいと思います。
ご指南ありがとうございました!

URL | ならら #ujKBAFXo | 2014/08/07 00:16 | edit

読みました 

円亀山人さん

こんにちは!
へぇ、こんな話があるのですね。

東京23区の最高峰も、曲垣平九郎の話もおもしろいです。
今度、上京した折りには訪ねてみたいものです。

教えていただきありがとうございました。

URL | かぎろひ #QyAQ.u3g | 2014/08/05 12:52 | edit

夏の山歩き 

リンネさん

こんにちは!
夏の山歩きは敬遠していましたが、大国見山、愛宕山と登って、また違う魅力があることに気づきました。

補給水分(この日は2リットル)で、リュックの重さがずしりとなるのはつらいところですが、深い緑と山上の涼風はたまりませんね。

(さらに)ちょっと強くなった気がします(笑)

またよろしくお願いします。

URL | かぎろひ #QyAQ.u3g | 2014/08/05 12:48 | edit

No title 

愛宕山(924m)が京都市域の最高峰だとすれば、同じ愛宕山(25.69 m)は天然の山としては東京23区内の最高峰。なぜそれを言うのかは丸亀藩(生駒家)家臣・曲垣平九郎のお話をお読みください。
「出世の石段のいわれ」
http://www.atago-jinja.com/trivia/

URL | 円亀山人 #- | 2014/08/04 21:56 | edit

お疲れ様でした。 

こんばんは
愛宕山登山、お疲れ様でした。
ハイキング、古社寺巡りと最高の一日だったようですね。
大勢で登るのも楽しいですね。

愛宕山に登りたくなりました~

URL | リンネ #- | 2014/08/04 20:06 | edit

素敵 

平安えみさん

こんにちは!

愛宕山、先を越されていましたか。さすが。
でも、でも、初めてのウォーキングが愛宕山って!? 平安えみさん、らしいかも(笑)
おしゃれ着に天秤棒ってのも素敵ですね。

何年前のことでしょうか。
それから、ウォーキングにはまられたんですか。

私は実は、一人歩きの最初は嵯峨野だったなあと、先日、近くを通って思い出していました。

URL | かぎろひ #QyAQ.u3g | 2014/08/04 17:44 | edit

一度いかがですか 

mihoさん

こんにちは!

いつもmihoさんのブログで紹介される村の慣習に魅せられています。「夏神楽」というのも盆地部では聞いたことがないような。愛宕山へ登られるのは、たぶん男性なのでしょうね。奈良からも行事としてお参りされていたなんて。

考えてみたらやっぱり金剛山や葛城山より、低いけれど手ごわかった気がします。でも、一度ためしにどうぞ。

URL | かぎろひ #QyAQ.u3g | 2014/08/04 17:36 | edit

初めてのウォーキング 

こんにちは~愛宕山 で出てまいりました(^_^)/

ハイキングとかピクニックとか縁のなかった 太陽の元で遊ぶのが嫌いな私が京都にハマり どうしても 火の用心の総本山に行きたくて 思い切りました。アウトドア用の服もリュックも持っていません ひらひらすけすけの花柄のジョーゼットのブラウスに普通の運動靴で登りました、杖は応急に家の蔵から天秤棒を探しだし えっちらおっちら登りました。清滝から登り 月輪寺へ 車を清滝に預けてたので再び清滝に戻りました。

これが生まれて初めてのウォーキングです(*^_^*)

登山口入口には、「伊勢へ七たび 熊野へ三たび 愛宕さんへは月参り」
と書いてありましたが もう一度登りたいと思いつつ それっきりです。

URL | 平安えみ #XkSL0UaA | 2014/08/04 16:03 | edit

No title 

こんにちは。

私たちの村では、七月の夏神楽までに四カ所のお参りをする行事があり、その中で愛宕山は、難所となっています。(が、私個人は未経験なんです。人のお話を聞くだけで・・・。)
やっぱりかぎろひさん、楽勝ですね。さすが。

「愛宕山」の文字を見て、読み逃げできなくてコメントしちゃいました。

URL | miho #wFioiIho | 2014/08/04 11:01 | edit

夏山の魅力 

なむ隊長ゞ

こんばんは!

さすが、隊長、すでに登られていましたか。
愛宕山の記事あったかなあと、さっきチェックさせていただきましたが(笑)、ブログ以前のことかもしれませんね。

信仰の山という感じがしました。
夏の山歩きの楽しさにも目覚めたかな(笑)

筋肉痛はほとんどなくて、以前、桜井のウォーキングフェスティバルの雨中龍王下山や36㎞ウォークのすさまじい筋肉痛がウソのよう。ちょっと鍛えられたかなあと、ひそかにうれしがっている次第。よくぞ聞いてくださいました!

水尾に下るコースがきつかったです。あ、JR保津峡駅、撮りようによっては青春18きっぷのポスターなりそうな気がしました。

>「火迺要慎」のお札
以前からわが家に貼ってあります。あっこれがそうか。やっぱり現地に行かないとピンとこないものですね^^;

URL | かぎろひ #QyAQ.u3g | 2014/08/03 20:17 | edit

ケーブル跡 

PANDORAさん

こんばんは!

何しろこの暑さ。汗をかきまくりましたが、山上で涼風に吹かれながら絶景を見ると、しんどさを忘れてしまいます。

ケーブル跡探検は、当初、計画の中に入れてくださっていたのですが、時間がなくなって今回は断念しました。また機会があるといいのですが。

どんどん山の魅力にとりつかれているような気がします。と同時に、不思議に山登りの話が舞い込んで、山仲間の輪も広がり、うれしい限りです。

いつかご一緒させてください。

URL | かぎろひ #QyAQ.u3g | 2014/08/03 20:06 | edit

火迺要慎 

こんにちは!

京都の愛宕山。
遠くからだと、楽に登れそうに見えますが、意外にきついですね。
表参道はまだましですが、空也の出合からの登りは急坂で、
しかも石がごろごろして歩きづらくて、ワタクシも難儀しました。
白洲正子は途中で何度も引き返そうと思ったそうですよ。

愛宕神社では、「火迺要慎」のお札は入手されましたか?

そうそう、水尾へ下るコースも小石が多くて歩きづらかったですね。
筋肉痛は出てませんか?
下山後のビールは格別おいしかったでしょうね。
お疲れさまでした。

URL | なむさいじょう #ooZtpPpw | 2014/08/03 17:17 | edit

懐かしい 

こんにちは!
 低山とは言っても京都では一番高い山ですからそれなりに大変だったことでしょう!
 四十年程前に一度愛宕山へ登りました。愛宕山は全国にあり、ここ福岡にも東京の街中にもあります。愛宕神社は全国に900社ありその総社が京都の愛宕神社だそうです。
 また戦前は清滝から愛宕山山頂までケーブルカーが走っており、当時の山頂駅周辺にはホテルや遊園地、スキー場が整備され大いに賑わったそうです。全長約2kmでトンネルも6個あり、当時では日本一の長さのケーブルだったようです。戦争末期の昭和19年にケーブルが廃止されそれにともなって各施設も閉園されたようです。たぶん金属の拠出が一番の目的だったのでしょう。
 前回登った時に妙な残骸があったので、地元の人に尋ねるとそういう回答でした。

URL | PANDORA #- | 2014/08/03 14:30 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://kagiroi3.blog.fc2.com/tb.php/1167-6a516ef0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list