08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

かぎろひNOW

悠久の奈良大和路を一歩ずつ  風景、もの、人…との出会いを楽しみながら

近鉄奈良駅前で「菩提酛清酒」試飲販売 

奈良市の東部山間にある正暦寺(しょうりゃくじ)の本堂が、大きな被害にあっているという話は先日お知らせしました。→こちら

8月24日にはチャリティイベント「奈良酒縁日」が行われます。→こちら

その第2回目の会議が7月25日あったのですが、そこで近鉄奈良駅前で行われる「菩提酛(ぼだいもと)清酒」試飲販売のことを耳にしました。

正暦寺で菩提酛を醸す9つの蔵が、お寺支援のために立ち上がったイベントなのです。
これは、行かなあかんやろ。何しろ、貴重な体験をさせていただいた身なので。

7月26日午後3時30分。近鉄奈良駅行基さん前。
暑ぅ~。さすがに人通りも少なく申し訳ない感じです。

14.7.26近鉄奈良駅3


そんななか、試飲される女性がいると、何だかうれしい限り。

14.7.26近鉄奈良駅


菩提酛を醸す蔵は9つ。

14.7.26菩提もと2


もちろんワタクシも、まず試飲。
やっぱり、菩提酛、好きやわ~^^

14.4.26菩提もと試飲

各蔵、個性的ではあるのですが、結局、いちばん甘いのと辛いの、両極端のを2本ゲット!
えへ、何だと思われます?
また追ってアップします~

近鉄奈良駅前での「菩提酛清酒」試飲販売は、7月27日(日)も実施されます。
全種揃っているのは珍しいと思いますので、興味のある方はぜひどうぞ。

菩提酛清酒を飲むことが、少しでも本堂復興のお役に立てるなんて、酒好きにはありがたいことでアリマス。

あっ、お酒を飲まれない方は、募金箱も設置されていますので、ご協力のほどお願いします。

正暦寺のご住職や蔵元さん、奈良県工業技術センターからもいらっしゃっていました。
ほんとうに暑いなか、お疲れさまです。

※菩提酛清酒
いわゆる「どぶろく」が初めて清酒(澄み酒)として誕生したのが室町時代、正暦寺で開発された「菩提酛」という酒母にあったと言われています。
大正時代に消滅していましたが、「奈良県菩提酛による清酒製造研究会」と奈良県工業技術センターが共同研究を続けた結果、1999年(平成11年)、「菩提酛」の再現復活に成功しました。
全国的にも珍しくお寺が酒造免許をもち、毎年、正暦寺で菩提酛の仕込みが行われています。
近年は「菩提酛清酒祭」というかたちで。2014年の様子→→こちら
関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2014/07/26 Sat. 20:50 [edit]

category:

TB: 0    CM: 2

26

コメント

日本酒 

おはようございます。

飲まれないマングースさんからのコメント、うれしく拝読しました。

日本酒を飲んで正暦寺の本堂修復に少しでもお役に立つことができればうれしいなと思います。

菩提酛の銘柄は9種ですので、もちろんわかっているのですが、その年によって微妙にお味が違いますし、また各蔵に個性がありますので楽しいですよ~。

食べ物によっても味わいが変わりますし、はい、日本酒の世界はとても奥深い、と思うのデス。

URL | かぎろひ #QyAQ.u3g | 2014/07/28 08:58 | edit

 

おはようございます。
いろんなチャリティーイベントにも
参加されているんですね。
頭が下がります。
日本酒の試飲販売ですか!
私は飲めないので縁のない世界です。
かぎろひさんはもう試飲しなくても
すべての銘柄を熟知されているんと
ちゃうんですか(^o^)

URL | マングース #pNj7iLl. | 2014/07/28 08:05 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://kagiroi3.blog.fc2.com/tb.php/1164-c735f655
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list