06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

かぎろひNOW

悠久の奈良大和路を一歩ずつ  風景、もの、人…との出会いを楽しみながら

追悼 宮崎快堯 和尚 

白毫寺のご住職、宮崎快堯師の訃報が耳に入り驚きました。
遷化されたのは6月14日、85歳だったそうです。

遅ればせながら、お寺へお悔やみに伺いました。

白毫寺さんには『かぎろひの大和路』の創刊号からお世話になっていて、感謝の気持ちと親近感をもってきました。

32年前の創刊号の表紙は白毫寺の山門。「奈良」の題字もご住職に書いていただいたものです。

14.6.24創刊号


私どもの原点ともいえるもので、さまざまな出来事、夢や不安などがワッと噴き出てくるような感慨深い1冊でもあります。
10年間の休刊の後、心新たにスタートした復刊1号もなぜか(当然のように)白毫寺さんが表紙になりました。
観音菩薩さま

復刊1号


実は、『かぎろひの大和路』の県外の読者は、白毫寺で知ったのでとおっしゃる方が多いのです。
かぎろひ誌を気に入ってくださる方と白毫寺へ足を伸ばす人の志向が合っているのかもしれません。

復刊1号の在庫が底をついた頃、こんどはまた違うエリアを取り上げながら、白毫寺を入れることにしました。
それが、復刊13号。閻魔様を撮らせていただきました。

13号


すでにこの13号もなくなり、次号では白毫寺を絡ませながら別のエリアを取り上げようとしている矢先のことでした。
久しぶりに、ご住職インタビューや、お寺の行事も撮らせていただこうと考えていたのですが・・・


旧かぎろひ誌では、対談のページにご登場願ったこともあります。

14.6.24対談


“走るお坊さん”としても活躍されていました。
何年前になるでしょうか、「大仏マラソン」で、仮装して走られゴールされた勇姿が目に浮かびます。
お寺では「靴供養」もされていたことを、この日、奥様からお聞きしました。

佐保川桜まつり燈火会で

宮崎師


白毫寺さんへ納品の折りに、いつも境内のお花を見せていただくのも楽しみの1つなのですが、この日ばかりは静かに手を合わせて帰るつもりでした。が、奥様が案内してくださり、ついいつもの調子に。カメラなど持ってくるつもりもなかったのですが、たまたまその前に急な取材が入り、カバンに入っていたのです。
それに、いつもお優しくて心の広いご住職はこんなことで叱られないはず。でも、不謹慎だったらごめんなさい。

この日、白毫寺の境内を彩っていたのは
色とりどりのアジサイ

14.6.24白毫寺境内


本堂の前と後ろに夏ハギ

14.6.24夏はぎ


宝蔵前にはキキョウ

14.6.24キキョウ

14.6.24花


見上げると青楓

14.6.24カエデ


もうこんなに大きくなっている参道のハギたち

14.6.24参道

吹きわたる風。
境内のすべてのものが、師の遷化を祈っているようでした。
ご冥福をお祈りします。合掌

14.6.24白毫寺山門2
関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2014/06/26 Thu. 09:32 [edit]

category: 大和の寺社

TB: 0    CM: 6

26

コメント

きらっ都・奈良で 

鹿鳴人さん

おはようございます!
ありがとうございます。

宮崎師ご逝去の一文は思いがけない方からコメントをいただくことになり、ご縁のつながりを感じているところでした。

この日、白毫寺へ行く前、実はもちいどのでいたんですよ。広島大学の皆さんを撮らせていただいていました。おかげでカメラを持っていて、今となってはよかったと思っています。これもご縁ですかね。
商振会Nにもちょっとですが載せました。

URL | かぎろひ #QyAQ.u3g | 2014/06/28 06:44 | edit

ご冥福をお祈りします 

かぎろひさん。宮崎師のご逝去の一文を拝読しました。近日当方ブログでも書いてみます。そしてまたかぎろひさんの一文を紹介させていただきます。

URL | 鹿鳴人 #/p1nTf8Q | 2014/06/28 00:38 | edit

涙腺 

野の譜さん

こんばんは!
お忙しいときにコメントありがとうございます。

野の譜さんも、白毫寺で!
うわぁ、そうでしたか。
出会いと別れと、こもごもの思い出で、泣きそうです。

ありがとうございました。

URL | かぎろひ #QyAQ.u3g | 2014/06/27 21:35 | edit

ご縁を頂きました 

白豪寺和尚様のご冥福をお祈りいたします。

大好きなお寺で、何度訪れたことか。
初めて、伺った時に 『かぎろひの大和路』の
創刊号に出会いました。それ以来、大和路を歩く
手引書として愛読させていただいたいます。
また、かぎろひ様とも深いご縁で今に至っています。
有難うございました。

URL | 野の譜 #uR.cmV2I | 2014/06/27 20:35 | edit

ご縁 

山野のしゅんらんさん

おはようございます。

ご主人さまと・・・そうでしたか。
大好きお寺には思い出や人情がつまっていますよね。

竹林寺さんも、あれ以来、もっともっと心に残る大好きなお寺になりました。

URL | かぎろひ #QyAQ.u3g | 2014/06/27 09:32 | edit

合掌 

参道階段を、亡き主人、と幸せにお参りさせて頂いた思い出を思い出しました。

大好きな、寺院です。

御冥福を・・・・・お祈り致します。感謝合掌!!!。

                     山野のしゅんらん

URL | 山野のしゅんらん #HGfc7NuU | 2014/06/27 00:47 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://kagiroi3.blog.fc2.com/tb.php/1146-1a360c0a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list