05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

かぎろひNOW

悠久の奈良大和路を一歩ずつ  風景、もの、人…との出会いを楽しみながら

花しょうぶ園 弾丸ツァー 

高野山麓から、頻繁に弾丸ドライブを楽しむ、わが幼なじみたち。
今度は「柳生花しょうぶ園」へ行くと聞いて、びっくり。

ワタクシが奈良で働き始めたばかりの頃、柳生で花しょうぶ園をつくる計画があるという話を聞いたことを思い出します。兵庫県の永沢寺など名所を視察しながら開園へ向けて進んでいるという話でした。
開園は昭和60年(1985)ですから、それから数年で実現したということなのでしょう。

そんな話を聞いたというのに、ワタクシにとっては初めての訪問。楽しみにこの日を待っていました。

6月17日、待ち合わせは近鉄奈良駅近くの奈良商工観光館前に9時30分ぐらい。いつもは近鉄吉野線福神駅で拾ってもらうことが多いのに、今回ばかりは朝ものんびり。
しかも、珍しく生駒市在住のKちゃんが参加するというので、帰りもラクチンなのでありました。

柳生花しょうぶ園、到着。

14.6.17柳生菖蒲園

14.6.17柳生

何だか花が少ないなあ、元気がないなあという印象。
見頃は過ぎた? それともこれから?

14.6.17柳生3

「1万㎡の大花園に450種80万本のしょうぶの大パノラマ」というキャッチフレーズをイメージしてきた目には、ちょっとさみしい印象はぬぐえません。

14.6.17柳生4

草が伸びてきて、花しょうぶの勢いを上回りそうですらあって。

14.6.17柳生2
14.6.17柳生5


あっ「邪馬台国」という名前!

14.6.17柳生邪馬台国

が、花は?

ちょっとがっかりしながらも、お手入れが大変なんだろうなあ、人の手が少ないのかしら、と奈良好き奈良市民としては、とても心配になってしまいました。

アジサイ、スカシユリ、スイレンがきれいで、ササユリも見つけたのに、テンション上がらず・・・

みんな一様に期待はずれ、状態。申し訳ない気持ちの奈良市民^^;

ひなびた柳生の里、山間に咲くさわやかな花菖蒲。知名度も上がってきているのに、これでは・・・と思わずにはいられませんでした。
悪口みたいに聞こえたら残念ですが、遠くからここをめざして来てくださる方に、申しわけないないなあという地元民としての思い、と言ったらいいでしょうか。

ま、そこから、ハイキングして柳生の里を楽しんでくださったら不満は解消するとは思いますけどね。
こんな季節ですし、なかなかそうはならないんですよね。

我々も、欲求不満を何とかすべく「滝谷花しょうぶ園へ行ってみよう~」。
テクテク派のワタクシには考えられないことですけどね。1時間足らずで、室生の「滝谷花しょうぶ園」に到着。なんて速いの(笑)

14.6.17滝谷菖蒲園

わぁ、ここの花しょうぶ園はイメージどおりでした。

14.6.17滝谷全体

背が高く花も大きくて元気、お手入れが行き届いている印象。

14.6.17滝谷

14.6.17滝谷3

14.6.17滝谷5

花菖蒲の魅力を堪能。

併設の喫茶室で休憩して

14.6.17ブルーベリーパフェ

またね~

関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2014/06/20 Fri. 13:35 [edit]

category: 宇陀市

TB: 0    CM: 0

20

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://kagiroi3.blog.fc2.com/tb.php/1143-298290d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list