07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

かぎろひNOW

悠久の奈良大和路を一歩ずつ  風景、もの、人…との出会いを楽しみながら

感謝感激 生駒山麓ウォーク 

6月5日、早くも「かぎろひ歴史探訪」第2期の最終回となりました。

前日梅雨入りして5日は大雨予報。いくつかの問い合わせもいただき、「警報が出ない限りは決行します」とお答えしていたものの、豪雨や雷雨だったらと思うと不安がつのります。

夜にメールで問い合わせをいただた方には
(送信済みメールを見てみると)
雨天予報ですが、先日来の猛暑よりはマシかなと開き直っています。
それに、この道は雨が似合うと思っていました。
雨対策をよろしくお願いします。


どうころんでも「雨」には間違いないだろうと、覚悟をきめこんでいました。
朝起きると案の定、雨脚がつよかったのですが・・・。

出かける頃にはあら不思議、雨はピタリと止み、天気予報を大きく覆す奇跡的な1日となったのでした。
(たぶん)天気予報のせいで不参加とされた方も多かったと思うのですが、8人の方が飛び入り参加してくださり、32人によるウォークとなりました。

雨と風にあらわれた生駒山の稜線が美しくて。

14.6.5生駒山

さわやかな田園風景

14.6.5田園風景


今回のコースは、『かぎろひの大和路』30号でとりあげた地域だったので、私どもの思い入れも深かったのですが、行く先々で温かい人情を感じるウォークになりました。

竹林寺さんでは、お味噌汁を作って待っていてくださり、びっくり。感謝感激!
具だくさんの滋味あふれる味わい。

14.6.5味噌汁

昨年、いろいろ取材させていただき、すっかりお世話になった山野のしゅんらんさんたちによるおもてなしだったのですが、この日、ワタクシはお手紙を頂戴しておりました。
帰ってから拝読。

14.6.5手紙

・・・
本日は、竹林寺にようこそご来寺下さいまして、心より嬉しくお待ち致しておりました。
少し早い入梅となり、のご来寺となりましたが、これもまた良き好日となりますよう、心ばかりの接待をさせていただきます。
庫裏南面の雨戸は昔のままの雨戸にて、特別の日だけ開けているのですが、本日は開けさせていただきます。ご縁に感謝して!
・・・


山野のしゅんらんさんも、やっぱり雨を心配してくださっていたのがよくわかります。
この日、お目にかかった瞬間、「(好天で)よかった!」と固く手を握り合いましたよ。

食後、龍センセの講座

14.6.5講座

↑センセの後方が、特別に開けてくださった雨戸。お庭の緑が降り注いで。

行基さん、忍性さんのお墓におまいり。

14.6.5行基墓


恒例の記念撮影

14.6.5記念撮影


往馬大社さんにもたいへんお世話になりました。

普段は禁足の本殿へ特別に入れていただき、神官さんからご説明を受けました。

14.6.5往馬大社本殿


また、火祭りの写真や本物の松明を展示してくだったうえ、何十年も「火出し」役を務められている辰巳さんによる熱いご説明。皆さんも熱心に質問されていました。今秋の火祭りに行かれる方も多いのではないでしょうか。

14.6.5火祭り写真


最後は、お楽しみ、上田酒造さんでの試飲タイム。蔵元社長による蔵案内と丁寧なご説明。

14.6.5上田酒造

あれっ、写真があまりないのは、「おいしい~」って飲むほうに集中していた?^^;
ノンアルコールの甘酒や塩麹にひかれて、いつもより参加者が多かったかな。
お土産までいただき恐縮です。

お天気にめぐまれ、温かい人情を感じ、第2期フィナーレにふさわしい「かぎろひ歴史探訪」になったなあとうれしく思い出しています。奇跡的なお天気には、皆さんの祈りと、生駒の神様の力を感じないではいられません。見ていてくださっている!? これからも誠実に一生懸命がんばろうと思うのでした。

竹林寺さん、山野のしゅんらんさん、往馬大社さん、上田酒造さん、たいへんお世話になりました。
そして、ご参加の皆様、ありがとうございました。

あっ、ほかにもあちこち訪ねたのですが、詳しくは、できさんのブログでお楽しみください。→こちら
できさんには、毎回すっかりお世話になっています。ありがとうございます!

ブログ友達で、ワタクシの山歩きの師匠、リンネさんがご参加くださいました。参加者それぞれが各自の興味から広がる歴史探訪、ブログにもその個性が表れています。→こちら

9月から始まる第3期の内容も、できさんがすでにご紹介くださっていますが、かぎろひHPでもそのうちにアップしたいと思います。
関連記事
スポンサーサイト

Posted on 2014/06/07 Sat. 12:19 [edit]

category: かぎろひ歴史探訪

TB: 0    CM: 4

07

コメント

感慨深く 

できさん

こんばんは!

先日の竹林寺さんでの記念写真を見ながら、皆さんとてもええお顔をされていらっしゃって、もうそれが全てを表していると感じました。

主催者冥利につきるというもんです。
ほんとうにありがとうございます。

えっ、奥様もご一緒に!?
ありがとうございます~。

次期開催までに、かぎろひの大和路の取材を進めておきたいと思います。

URL | かぎろひ #QyAQ.u3g | 2014/06/09 18:59 | edit

思い出に残る1ページ 

毎回の探訪もそのように思い出に残りますが、特に今回の探訪はより思い出に、脳裏に焼き付きました。
大雨予報から一転傘カッパいらず。思いもしない「お・も・て・な・し」笑顔が溢れ無くて何が溢れるのでしょう?
山野のしゅんらん様のおかげ神や神仏のお加護、これも一重に田中・かぎろひ両先生を始め参加者のみなさまのお人柄によるものだと固く信じております。
紅葉の秋の季節のなりましたら、愛妻を共に再びの参詣をさせていただきます。
皆様ありがとうございました。

URL | できさん #- | 2014/06/09 12:53 | edit

奇跡的な 

山野のしゅんらんさん

おはようございます。

このたびは、たいへんお世話になりほんとうにありがとうございました。

予想外の好天も奇跡的でしたが、竹林寺さんでのおもてなしにもいたく感動感激のひとときでした。参加者全員がそのように感じているはず。

思い出にのこる「かぎろひ歴史探訪」になりました。
あっ、庫裏の前に「かぎろひの大和路」誌を掲示していただき、しかも雨に濡れないように配慮されていて、とてもうれしかったです。
重ねてお礼申し上げます。

またお伺いさせていただきます。

URL | かぎろひ #QyAQ.u3g | 2014/06/08 09:53 | edit

ご加護でしたね(^-^) 

かぎろひ様
田中 龍夫様
かぎろひ歴史探訪に、御参加の皆様へ。

まさか、まさかの傘いらず・・・??!!でしたね~。good"!!。

昨年から、かぎろひ様に竹林寺の事を発信して頂く御縁をいただき、16年前からの清掃ボランティアの私には、かぎろひ様が 「風」をおこして下さいました
様に感じておりました。
その御縁で、ご来寺下さる皆様との一期一会が大雨予報・・・\\\\\。

ささやかな気持ちながら、雨に打たれたお身体を癒して頂くには、旬の味噌汁がいいかなぁ・・・・!!と。

前夜に思いつきの接待でした。
喜んで頂き、よかった~~(皆様、笑顔・笑顔でしたもの)。
よろしければ、又、紅葉の竹林寺をお楽しみ下さいませ。

          護持ボランテイア   山野のしゅんらん

URL | 山野のしゅんらん #HGfc7NuU | 2014/06/08 02:20 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://kagiroi3.blog.fc2.com/tb.php/1138-595a997c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list